フェスに出展みて分かった6つの事[アウトドアパーク]

 

先日仕事でアウトドアの大きなイベントに出展することがありました。

イベントって毎年沢山行くのだけど、出展する側になる事って初めてなんですよね。

初めてのフェスの出展する側になってみて感じた事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

フェスに出展

出展したイベント

 

今回出展したのは大阪の万博記念公園で行われたアウトドアパークというアウトドアを中心としたイベント。

アウトドアメーカーを中心にアパレルブランドや車メーカーの展示、フード系の物があったり、アーティストによるライブやFM802の協賛まである4万人規模のイベントです。

 

フェスに出展して感じた事

1.準備がすごい大変

出展したのは1ブース5m×5mレベルの場所なんですが、とにかく荷物が多いし、売るとなったらそれなりの準備が必要。

2ヶ月前から本格的に準備はしてたものの、準備すればするほどに足りないものが見えてきて思ってた以上に時間がかかりました。

 

2.当日は予想外の事が沢山

今回は野外のイベントだったのですが、週間天気では当日は雨予報。

マジか!と思うくらい雨予報だったのですが、結局前日の夜に降っただけで当日は晴れてくれた。

それでも、前日準備がほぼ出来なかったので、当日の朝は早いし、風は強いしで、かなり朝からバタバタでした。

 

3.売れすぎても困る

当日は思ってた以上に売れてしまいました。

良い事なんだけど、午前中だけで無くなるのも困るし、せっかく出したのに人も来なくなるので2日間の準備を全部1日目で消化して、2日目の分を急遽用意する事に。

ちなみにその分徹夜して2日目の準備しましたよ。

 

出展してみて良かった事

一生分のありがとうを頂いた

とにかくお客さんに感謝された1日でした。

こんなに接客して、買って貰って、感謝されたのは初めて。

いつもお客様はお店さんなのでこちらが感謝する方が多かったのですが、直接お客様に買って頂いてこんなに感謝を頂けるのは嬉しかった。

これだけで努力が報われた気分になりました。

 

出展者の苦労がわかる

もうほんとに夏フェスで立って仕事してる人達は偉いなぁと思いました

あんな暑い中休憩もせずに炎天下に立っててしんどいでしょうから、それに対して文句言うのはもう絶対ないなぁ。

むしろ、そこでフェスをやってくれる事。

好きなアーティストを読んでくれる事。

この辺りに感謝して、もっとありがとうを伝えないといけないなぁと思いましたよ。

 

トラブルは必ず起こる

予想外の事は必ず起こります。

それはある程度予想していても必ず起こる事。

人間なので絶対は無いし、それに対して文句言う気持ちは分かるけど、もっとお客側も理解しないといけないね。

めっちゃ出展者側になると気持ちが寛容になりました。

 

まとめ:すごく得る事の多い1日でした

 

最初から最後まで、とにかく想像以上に忙しかったです。

それだけヘトヘトになっても、やって良かったなと思える充実感を沢山得ました。

普段ではなかなか見えない裏側の部分を沢山感じれた楽しいイベント出展でした。

 

スポンサーリンク