「パンクスプリング2017」何着て行くか迷ったら黒のTシャツを迷わず選ぼう

「パンクスプリング2017」何着て行くか迷ったら黒のTシャツを迷わず選ぼう

いよいよ今週末は「PUNKSPRING2017」が開催されます。もう待ちに待った感の半端ないレジェンドが並んだファイナルに相応しいラインナップが今年の魅力。無くなってしまうのは悲しいけど、日本でこのラインナップが並ぶのは非常に嬉しい出来事です。

[2018年最新]Zepp Osaka Bayside周辺の駐車場・料金・アクセス情報

[2018年最新]Zepp Osaka Bayside周辺の駐車場・料金・アクセス情報

<2017/12月更新>2017年3月に出来たライブハウス「ZEPP OSAKA BAYSIDE(ゼップ大阪ベイサイド)」USJの目の前と言う事で駐車場は激戦区。今まであった駐車場も閉鎖されてるので、今一度周りの事情にアクセスしましょう。駐車台数から最大料金まで知っておくと困りません。

辻村深月「スロウハイツの神様」を読んでの感想 泣ける夢見る青春物語

辻村深月「スロウハイツの神様」を読んでの感想 泣ける夢見る青春物語

先日の「凍りのくじら」に続きまた辻村深月さんの作品を読み終わりました。ハマってしまうと掘り下げてしまうタイプなので、なかなか横に広がらずどんどん同じ作者の作品に浸ってしまいます。「スロウハイツの神様」も長いけど、じっくり読めば号泣のラストが待っています。ほんとに感動して泣けます。

HAWAIIAN6のおすすめ10曲 泣ける哀愁漂うパンクソング

HAWAIIAN6のおすすめ10曲 泣ける哀愁漂うパンクソング

パンクバンドの歌と言えば夢を持ったカッコ良さや泥臭さの詰まったタイプが多いですが、このバンドの曲は愛が詰まってます。HAWAIIAN6(ハワイアン6)はいちいち泣けるような哀愁系の日本人の好きなメロディーに切ない英語の歌詞が凄く突き刺さるんですよね。そんなハワイアンのおすすめ曲をランキングで10曲紹介。

ライブ初心者に贈るライブ会場別ライブの楽しみ方ライブハウスからフェスまで

ライブ初心者に贈るライブ会場別ライブの楽しみ方ライブハウスからフェスまで

音楽業界はCDのバブルがはじけてしまい、今ではライブで採算を取るように一気にライブ・フェスブームがやって来ました。今までよりも手軽に音楽が聴けるようになりましたが、ライブに行った事の方や会場だと結構想像できないので怖かったりしますよね。ライブに年間20回以上行く私のおすすめの楽しみ方を紹介します。

PUNKSPRING2017 タイムテーブル発表!チケ代同じで神戸はメッチャ損やん

PUNKSPRING2017 タイムテーブル発表!チケ代同じで神戸はメッチャ損やん

今年は意外と早くパンクスプリングのタイムテーブルが発表となりましたね。いつも3月2週目位の印象があったので、今年はグダグダと変な追加もなくい面の核がしっかりしていたので良かったのかなと思いますね。私は神戸に参戦するので神戸のタイムテーブルを見てみましょう。