10-FEETのおすすめ人気曲とセットリスト 優しく力強い歌詞に注目!

 

人間性溢れる温かい歌詞とメロコアを軸としたミクスチャーロックのメロディアスな楽曲で人気の京都発の3ピースミクスチャーバンド10-FEETのご紹介です。

スポンサーリンク

10-FEETとは

1997年地元京都で結成の3ピースバンド。

・TAKUMA(Vo,G)

・NAOKI(Ba,Vo)

・KOUICHI(Dr,Cho)

2003年、自主レーベル「BADASS」より2ndアルバム「REALIFE」をリリース。

2007年からは地元京都で野外フェス「京都大作戦」を開催。

初年度は台風で中止になるが、08年からは毎年大盛況で閉幕。

アーティスト主催のフェスの先駆けとなり、今ではチケットが取れないフェスとなって動因と共にバンドの人気も毎年右肩上がりになっています。

同フェスではアーティストのコラボが毎回話題になり、これが切欠で色んなバンドの楽曲に参加したり、迎え入れたりする事が増えましたね。

商業的なフェスとは違い。バンド仲間の持つ空気感が強く出て、お客さんとの一体感がより一層強くなってるんじゃないかと感じます。

そんな地道な活動を続ける10-FEETも2017年で遂に結成20周年を迎えます

そろそろフェス以外でも、大規模なワンマンライブやってくれないかと密かに期待しています。

 

10-FEETの魅力

 

曲調的にはラウドだったり、疾走感のあるキャッチーなメロコアにラップが入ったりするミクスチャーロック(要は色んな要素を詰め込んだロック)なんですが、ゴチャゴチャ感が無くて歌詞がスッと入ってくるんですよね。

ジャンルが一定じゃないので、サウンドが一遍化しないので聴き飽きないんですね。(フェスのセトリは飽きますがw)

とにかくTAKUMAの書く曲には救われる人が沢山居るんじゃないかと思う位に素敵な曲が多いです。

(MIYATAKE)
人間性溢れる前向きな歌詞の曲。とにかくあんな怖そうな人達なのに優しすぎるんですよ(笑)

10-FEETのお勧め曲紹介

2%

2ndアルバム『REALIFE』収録の1曲。

ミクスチャー節全快の10-FEETらしい曲で、歌詞も悩みを吹き飛ばしてくれる。

ライブの定番ですが、最近のフェスでは演ってなかったりしますね。

ちなみにライブだとラストに「どうせ土に帰るなら がむしゃらに熱く生きろ今 。わずかな可能性に掛ける いく数%」と歌詞が追加されてます。

 

RIVER

3ndシングルで、2ndアルバム『REALIFE』収録の1曲。

一番有名な曲はやっぱこれでしょう!と言う位このギターの音が聴こえた瞬間にライブ会場が歓喜に包まれます。

疾走感の溢れるサウンドはもちろんの事、深い川の歌詞に耳を傾けながら色々想像してみて下さい。(でも、何も考えずにとりあえず踊りたい)

ライブでは「~川」と会場の近所の川の名前に歌詞が変わるのも魅力です。

 

VIBES BY VIBES

これもライブの定番曲。

めっちゃ歌詞がエモいよ。

WANIMAが最近よくカバーしてますね。

 

Freedom

超大好きな1曲。

歌詞が素敵すぎて、落ち込んだ時にいつもパワーを貰う。

これがあるから生きて行ける位人生が楽になった。

 

goes on

こちらもライブの定番曲で、5thアルバム『VANDALIZE』に収録されてます。

ライブではみんな飛び跳ねながら楽しくサビを大合唱。

爽やかで突き抜けるサウンドに胸に刺さる歌詞。ほんとテンフィ最高だ。

 

Life is sweet」収録のアルバム曲だけど、珍しいバラード。

歌詞も突き刺さり、とても温かい1曲でライブで一番聴きたい曲です。

 

1sec.

ライブでぶち上がる激しい1曲。

カオスな位にモッシュで暴れるので要注意ですw

 

その向こうへ

14th Singleで7thアルバム『thread』収録。

2011年の震災後に出来たシングル曲。

切なさの中に秘められた決意が凄くストレートに伝わって、聴く人によっては涙必須の名曲。真っ直ぐなサウンドに真っ直ぐな歌詞はほんとに突き刺さります。

 

アンテナラスト

2016年最新の15th Singleとなる今作。

大切な人を想ってこの曲を聴いて欲しい。

当たり前は、当たり前じゃないといつか気づくはず。

そして、気づいた時にはもう遅い。

色んな事を思い出してくれる哀愁感のある名曲です。

久々にMC含めてライブで泣けましたね。

 

ヒトリセカイ

これも近年の10-FEETを象徴する歌詞のパワー。

ただ激しいだけじゃなく、本当の優しさを伝えてくれるバンドです。

 

セットリスト<10-FEET Tour 2016 豊洲PIT>

  1. 4REST
  2. hammer ska
  3. focus
  4. SHOES
  5. super stomper
  6. JUNGLES
  7. MONKEY
  8. FELLOWS 1.5
  9. Mr. bullshit
  10. LITTLE MORE THAN BEFORE
  11. STONE COLD BREAK
  12. RIVER
  13. back to the sunset
  14. その向こうへ
  15. 1sec.
  16. 2%
  17. 蜃気楼
  18. goes on
  19. 風(enc)
  20. CHERRYBLOOSOM(enc)
  21. BIVES BY BIVES(enc)

2017年11月 遂に5年ぶりのアルバムが発売となります。

アルバム発売順

1stアルバム「springman

2ndアルバム「REALIFE

3rdアルバム「4REST

4thアルバム「TWISTER

5thアルバム「VANDALIZE

6thアルバム「Life is sweet

7thアルバム「thread

8thアルバム「The Fin

嫌な事や悩みが吹っ飛ぶ曲がいっぱい

悩んでたり、暗く落ち込んだ時に元気付けてくれる曲の多いバンドです。

Vo.のTAKUMAのMC含めて、ライブで見るのをお勧めしますよ。

救われた気持ちになって、また明日から頑張れます。

主催してる夏フェス京都大作戦もお勧め。

(MIYATAKE)
とにかく真っ直ぐで心優しいバンドです。明日の活力にぜひ気に入って下さい。

10-FEETの最新ライブの参戦記

10-FEET ヒトリセカイ×ヒトリズムTOUR 2017 at ZEPP OSAKA BAYSIDE 3/14 参戦記とセトリ

2017.03.17

最近大人気のWANIMAも気に入ると思います

WANIMAのおすすめ人気曲とアルバム紹介 背中を押してくれる前向きな歌!

2017.01.12

スポンサーリンク