車でも使えるBluetoothスピーカーのお勧め紹介 ドライブから野外まで

仕事柄車に乗ったり、出張でホテルを利用する私は家以外で使用するオーディオの方が時間が長かったりします。

でも、マイカー以外で音に拘ろうと思うととてもお金が掛かり大変。

特に営業車なんて買い替えのサイクルも早くて、乗り換えの際にも使えないととても不便なんですよね。

でも、スマホやiPodには10000曲以上入ってるのにわざわざCDを持ち歩くのはめんどくさい。

そこで考えたのがここ数年市場規模を伸ばしてきた「Bluetooth スピーカー」なんです。

スポンサーリンク

Bluetooth スピーカー

Bluetooth スピーカーとは

Bluetoothスピーカーとは、さまざまなデータを対応機器間でワイヤレスでやり取りできる通信規格の1つで、「Bluetooth」に対応したスピーカーの事。

スマホやタブレット、パソコン、ポータブルオーディオプレーヤー(DAP)から音楽データやYou Tube音声をワイヤレスで再生できます

コンパクトで高音質な物が多く、5000円位からでも普通に聴けるものがありとてもリーズナブル。防水機能が搭載されてるものはお風呂やプールでも使用できたりと場所を限らず持ち運びできる利便性もとても人気の理由。

車でも使えるサイズと十分な音量

手のひらサイズのコンパクトさはかばんに入れて手軽に家から持ち出せて、車のダッシュボードに置いても邪魔になりません。

高さも10cm程度なので、倒れにくくて安心できます。

音声出力も8割程度のボリュームで十分に聞こえ、高速道路での時速100km走行時にも9割位のボリュームで十分に助手席にも響きます。

下手なカーステやナビよりも音質の幅は広く、低音の強い機種なんかは1万円でかなりの満足度を誇ります。

SONY SRS-3

ちなみに現在使ってるのはSONY「SRS-X3」と言う実売13,000円ほどの物。

3年前に購入したので現在ではモデルチェンジしています

基本的な仕様は変わらないので、メリットをご紹介。

とってもコンパクト

幅185×高さ67×奥行66mm、約850g

持ち運び易いとてもコンパクトなボディ。

かばんに入れたり、手で持ってでもペットボトルと変わらないので持ち運びが苦になりません。

家の中でもキッチンからリビングへ。

リビングからベットルームへと使う度に移動できるので各部屋にオーディオを設置しなくても良いんですね

サイズからは想像も出来ない迫力の音質

これは家電量販店で実際に聴いて貰いたいのですが、やっぱり音質は想像以上だと思います。

最初聴いた時は「こんなに低音出るの?」と思いました。

ただドンシャリでバランスが悪いわけではなく、音質の幅のバランスは良いのでオールジャンルストレスなく聴いて貰えます

これは価格でかなり差が出るので、色々と気になるものを視聴してください。

デザインが良い

どこに置いても違和感のないデザイン・大きさ。

普通にインテリアとして並べられるので、お部屋に置く時にデザインの要素も大事に選んでください。

黒なら車のダッシュボードでも違和感ありません。

ただ車の中は高温になるので、使わない時は陽の当たらない場所に置いてください。

価格が安い

家電量販店に置いてある1万円台のスピーカーを聴き比べてもマニアじゃない限りはどれを買っても納得できるレベルにあると思います。

高くなるに連れてだんだんサイズも上がる傾向にあるので、1~2万円くらいの値段帯の中で選べる物が多いのが嬉しいです。

まずカーナビを買おうと思ったら5万+取り付け工賃2~3万は掛かりますからね

車の買い替えを気にしなくても良いし、何より車を運転する時以外に使える利便性が最高です。

ここがデメリット

車で音量気にせず聴くとバッテリーの減りが早い

車で使うと通常よりも音量がでかいので、かなりバッテリーの消耗が激しいです。

公式では7時間となってますが、現在では5時間持たないと思います。

今のモデルは10時間以上持つものが増えているので、これから買う方には有り難いです。

充電しながら聴けない

元々充電しながら出力するとバッテリーが痛むのですが、バッテリーの残量が分からない仕様なのでいきなりあと30分のランプが点灯します。(最新のものはバッテリーの残量を音声で教えてくれます)

そうなるとかなりテンションが下がります。

ただバッテリーの耐久性を考えると充電しながら使うのは、スマホなども含めて悪いのでお勧めしません。

バッテリー交換が高い

バッテリー交換に1万ほど掛かるとの事で、買い替えか我慢して使うかと言った感じになる最期

家で使うのならなかなか5時間聞き続けることは少ないんですが、車でロングドライブの場合はこの点がマイナス要素なんですね。

それでもこのメリット・デメリットを踏まえたうえでどちらを取るかと言われたら確実に買いです。

実際に使っている様子

いつも使っている様子がこんな感じ。

場所は色々試しましたが、運転席の目の前が一番ダイレクトにサウンドが出せ、迫力あってよい感じです。

下に敷いてるのは

こんなタイプの滑り止め吸着シートです。

これが無いと倒れたり、滑ったりするので危険ですよ。

ただし急ブレーキには注意して、転がったり倒れたりしてガラスにダメージを与えない状態にしてくださいね。(これは必ず自己責任で危険のない位置に置いて下さい)

お勧め機種

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II

SONYの買う時にこれの旧型と比較して散々悩んだのですが、そこまで音質に差がなかったので安い方を買いました。

今でもこれを試聴するとパワーや音のバランスの良さに惹かれます。

何より良いのがバッテリー残量が分かる事。若干高さが低いので、車のダッシュボードでも邪魔になり難い。

SONY SRS-HG1 

サイズ的に上で紹介したX3の後継にあたる機種ですね

現在のモデルはハイレゾ対応になって更に高音質。

しかも、連続使用時間が12時間とパワーアップしてます

ただ残念なのが、旧機種と同じくバッテリー残量が分からない点。これは使っててかなりストレスになると思います。

アルティメットイヤーズ UE BOOM WS700BK

これも同じ様なサイズ感で、デザインも良く、高音質。

しかも、360度の全方位に向けて再生してくれます。

防水仕様と言うのも上の2機種と比べてポイント高いです。

バッテリー駆動も15時間とめっちゃ長いです。

その分この中では値段も若干上がりますが、デザイン性や機能を見たらお買い得だと思います。

個人的に次の候補はBOSEよりもこちらの方が高いです。

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speake

2017年にめっちゃ良いの出ました。

これは家用で購入検討中。

おそらく年末までには買うであろうスピーカーです。

<コスパ最強>Anker SoundCore

アマゾンでの絶対的な人気を誇る低価格のスピーカー。レビューやばい。

お試しレベル以上に聴いたら驚きました。

みんなに勧めてるけど、買った人たちみんな喜んでます。

2000円〜1万円以下のお勧めスピーカーをまとめました

[2017版]Bluetoothスピーカー 2000円~1万円のおすすめ高音質な8モデル紹介
コンパクトで高音質なスピーカーが多く、近年とても人気のBluetoothスピーカー。値段も様々で種類も豊富なので、購入時に迷ってしまってしまいますよね。今回は買いやすく、プレゼントにも最適な1万円以下の高音質なお勧め8モデルを紹介したいと思います。

2017年最新版を購入検討中ブログ

アマゾンエコー購入したよ

[レビュー]日本版 アマゾンエコーを購入 音楽聴くのに便利だけど聞き取りに難あり?
本日アマゾンからやって来たAIスピーカー「アマゾンエコー」待ちに待った商品という事で、ワクワクの開封からセットアップの仕方に使い方、商品を使ってみての感想を紹介します。会話能力はもちろん、音質や情報力など使いやすさの面でも気になる点が色々とありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする