[第2回]ブックオフで文庫本を25冊売ってみたので買取価格公開

最近また本を月20冊のペースで買ってるので、どんどん増えていく現状。

そろそろヤバイと思って、読まない中古本や古い物をBOOK OFFに売りに行きました。

前回に続き全部の買い取り価格を公開したいと思います。

スポンサーリンク

文庫25冊の買取価格

どーんと公開!

今回も結構有名作家の小説ばかり。

ただ旬も過ぎてるし、ほとんどがブックオフの108円コーナーの価格付き。

1冊だけ破れて値段付かなかったですが、どうせ売るんでしょ?

謎の70円という高額があるのも驚きですが、ほぼ5円か10円に落ち着いてます。

300円超えればいいや!

こんな感じで持って行ったので、予定通りと言えば予定通りです。

とりあえずまだ30冊ほど処分したいので、タイミングを見て再び行ってこようと思います。

近所に無いので職場の近所を利用するんだけど、駅前だから車で行けないんですよね。

車使ったら、パーキング代で赤字のお店w

そんなバカな行為は出来ませんからね。

BOOK OFFの買取に必要なもの

・売りたいもの(本・CD・DVDなど)

・身分証明書(免許書・保険証・パスポート等)

詳しくはBOOK OFFのHPへ

1点からでも気軽に買い取って貰えて、査定も早いので本当に要らないもの・処分しようと思う物に関してはとても便利です。

前回のブックオフ買い取り価格も公開中

新しいものなら、メルカリが高く売れてかなり便利

ちょっと前まではヤフオク派だったのですが、最近はめっきりメルカリに購買層が流れてしまい、メルカリでの売買になってます。

ただメルカリの単価は悪く無いので、面倒じゃなければ確実に使った方がいいです。

買う側がアマゾン感覚でポチるのと、売上金を使って購入するので、結構躊躇なく買ってくれます。

メルカリに適した本

・発売日が新しいもの

定価の5-8割くらいの価格で売れます。(送料込み)

確実にメルカリで売った方が良いです。

・映像化したタイミングの話題作

少し古くても、このタイミングは一気に高騰します。

話題になった瞬間は本当に大チャンスです。

送料・手数料入れて600円以上ならメルカリ

本の場合は、送料が140~175円は必要となり、手数料10%なので、最低でも100円以上の利益を出そうと思うと350円が最低ライン

でも、利益100円なら出品、発送で、時間の無駄にもなりかねないので、私的には600円以上で売れる物しか考えません。(利益360円ライン)

メルカリでは、結構手間や利益まで考えずに販売してる人も多いので、買う側としては結構お得な場合が多いのも現状ですね。

・こちらでメルカリのメリットを紹介してます
みなさん不用品はどうしてますか?リサイクルショップorフリマ?それめっちゃ損してますよ。今ならスマホでなんでも売れちゃう時代。ヤフオクでもメルカリもでも良いんですが、実際どっちが良いの?って疑問に思ってたので、実際に使っているやり方を紹介します。

今回売った本でのお勧め作品

宮部みゆき「理由」

もう手元にあっても当分読まないだろうと売却。

宮部みゆき「火車」

宮部みゆきの名作。これも当分読まないから売却。

天童荒太「悼む人」

感動の直木賞作品。出来る事なら2回目は読まないかな。

天童荒太「永遠の仔」

これも超泣いた名作。人生でもう1回読みたいけど今じゃ無い。

小野不由美「月の影 影の海」

シリーズ長くて、途中で忘れて読まなくなってリタイア。

読書って出会うタイミングがすごい重要だと思う。

本を増やさないならKindleおすすめ

電子書籍なら本が増えないので困りません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク