B&O Beoplay P2 世界最小スピーカーで最高の音を鳴らす[使い方とレビュー]

 

前々から気になっていたBluetoothスピーカーを衝動買いしてしまった。

デンマークが誇る世界的ブランドBang & Olufsenの姉妹ブランドB&O Beoplayの超小型スピーカーP2です。

あまりの軽量・コンパクトボディーからは、想像できない素晴らしいバランスの取れた高音質。

衝撃と共に衝動買いしてしまいました。

スポンサーリンク

B&O Beoplay P2

購入のきっかけはヨドバシでの出逢い

 

ヨドバシに行った時にふらっと見に行ったオーディオコーナー。

BOSEのスピーカーで気になるのがあったので試聴しようと思っていくと、B&Oのコーナーがありました。

ここでも聴けるんだ!」と思って再生した瞬間に驚くべき世界が広がった。

こんなコンパクトなボディーからは想像もできない音の広がり、圧倒的パワー、音質共に今まで聴いてたどのスピーカーよりも好み

これスゲーと思ったが最最後で、フラッグシップまで殆どのモデルを試聴。

そうするとP2のコスパの良さとサイズ感で全てのスピーカーを凌駕してしまっていて、「これ1台あれば他要らなくない?」と思ったが最後レジで会計していましたw

 

軽量コンパクトボディー

 

小さい。

とにかく小さい

 

 

手のひらに収まる超コンパクトなボディ。

重さもなんと300g以下と持ち運ぶのに超便利

 

 

iPhone7と並べてもご覧の通り

厚さは流石にスマホの方が薄いのですが、それでも十分ポケットなんかにも入れられます。

 

 

缶ジュースサイズのJBLのFlip3と比べて見てもこの通りです。

BOSEのSoundlink miniとは比べ物にならない軽さですよ。

 

超おしゃれなデザイン

 

コンパクトなとこも魅力ですが、何と言ってもこのお洒落な佇まいに惚れました

色使いも、形のセンスも素晴らしい。

 

 

北欧の香りがするって意味が分からんけど、なんかこの雰囲気好き。

日本やアメリカのメーカーの物はPOPさはあっても、なんか安っぽいんですよね。

そう行った意味では、存在感がすごくあって、売り場でも目立ってました。

 

 

ボタンが一つしてかなくて、それも見た目ではまず分からないってのも素晴らしいよ。

どこにあるか分かりますか?

実はB&Oのロゴマークを押して、電源が入ります

 

使い方は簡単

  1. 本体の電源を入れる
  2. スマホなどのBluetoothをON
  3. BluetoothにP2の表示が出るので、ボタンを押して接続。
  4. オーディオの再生ボタンを押して、音量を調整して聴く。

とても簡単な流れで聴けますね。

専用アプリも有るので、たまに本体をアップデートしてくださいね。

 

小さいのにBOSEより音のバランスが好き

 

正直デザインだけなら良いのはあっても、最後は音質勝負

それは老舗オーディオメーカーなので、期待は裏切らないレベルを予想していましたが、それを遥かに超える驚愕の音を鳴らしてくれました。

 

一言で言うと、高次元のバランスの良さ

最近はどのメーカーも低音を強くしすぎてて、結構聴いてて疲れるしジャンルによっては「イマイチ」って感じの音にもなるんですが、これは低音もしっかり鳴らしながら、中〜高音域も上品で全てにおいてバランスが素晴らしい

BOSEの元気な音もいいのですが、こいつは本当に自然なサウンドを無理なく鳴らしてくれますよ

しかも、360°サラウンドで広がる音は、どこに居ても同じ音に聴こえるので大勢の中で鳴らしたい時にも使いやすいです。

 

BOSEの一番小さなMicroもサイズからは想像できない音を出して驚きましたが、これを聴いてから更に驚きましたよね。

最近のSONYはちょっと好きにならないなぁ。ちょっとバランス悪い。

 

<デメリット>最大10時間の再生時間とあるが…実際は半分以下

 

一応オフィシャルでは10時間連続再生可能となってます。

でも、3ヶ月使った感じでは、実感的には半分ちょい行けば良いかな?と思いましたw(車内の音量だと4時間程度)

音量次第だとは思うのだけど、電池の持ちは人気のメーカーと比べると口コミでも悪いみたいです

ちなみに充電しながら再生可能なので、モバイルバッテリー使えば大丈夫でした。

 

<デメリット>ボリュームボタンがないのと音量調整が難しい時があります

 

デザインがスーパーシンプルなので、本体にボリュームボタンがなくて調整ができません。

スマホ本体でしかボリューム調整出来ないんですね

ここは特に問題がないのですが、これ繋げた時に結構危ないトラブルがあります。

繋げた時の音量の安定感がないんですね

簡単に説明すると、ボリューム5で聞いてたのに繋げ直した時にはボリューム3になります

そこでボリュームを上げようと思って上げてみると、次の曲とかで突然最初のボリュームの状態に戻って、5+3=8になってキレそうです

これに関しては、現在色々とお試し中です。

 

<検証中>長時間の使用で熱を持つと途切れる事が…

 

普段は問題ないのですが、長時間ドライブで使ってる時に何度かBluetoothの接続が途切れました。

スマホに問題はないし、他のスピーカーでは起こらないので何故だろうか?と思ってましたが、再現性のある共通点を探っていくと一つの結論にたどり着いた。

恐らく長時間の連続使用で、本体が熱を持つと何か問題があるんじゃないかと思います。

大体2-3時間使うと1度電源を切って本体を休ませると戻るので、恐らくは本体の発熱が問題なのかと思います。

 

車内でも十分な迫力あります

 

社用車で使うのに前からSONYのスピーカー使ってましたが、これに変えてからはどこにでも置けるのでめちゃくちゃ便利だなと思いましたよ。

しかも、驚くべき音の広がりで、最悪助手席に置いても音が広がって普通に聴けます。

 

 

置くとこを選ばないのもかなりのメリットです。

音のバランス的には、顔くらいの高さに置けると聴こえる音が変わります。

 

<偽物注意>買う時は必ず正規品を!

 

なんか偽物も出回ってるみたいなので、個人の取引や中古品はかなり怪しいです。

しかも、こちらのメーカーは保証が購入レシートでしか受けられないらしく、購入の証明ができないと危険なので、通販で正規品を買いましょう。

 

Bluetooth以外では再生できません

 

本製品はAUX端子はないので、Bluetooth以外での接続はできません

テレビとかに繋ぎたい方は、買う時要注意です。

 

まとめ:これ1台でスピーカーの悩みから解放された

 

今までは、場所によって使い分けるのが一番楽だと思ってたのですが、ここまでコンパクトで素晴らしいサウンドを奏でるモノがあると話は別

どこにでも持っていけるし、めちゃくちゃ便利に使え倒せるよ。ホントに!

家でも十分だし、外でも迫力のあるサウンドが魅力の超コンパクトボディ。

レビュー見るだけだと、信じられないと思ってましたが、視聴して買ったら納得です。

MIYATAKE
BOSEやJBLよりも低音の強調が少なくて聴き疲れないのに凄くバランスが良くて、聞いてて気持ちの良い音を鳴らしてくれる

B&O製品は要チェック

 

上位モデルのA1は、流石にサイズアップして音に余裕があるので、持ち歩かない人はこちらの方がお勧めです。

 

本気で家用に買おうかと思ってるのがA2です。
そう言えば所さんも昔世田谷ベースで紹介していたんですよね。
旧モデルなのですが、性能は防水付いてない以外ほぼ変わらずに値段半額位でめっちゃ魅力的です。

 

スピーカー関連

スポンサーリンク