[映画]伊坂幸太郎 フィッシュストーリーを見た感想 ホラ吹きが世界を救う

大好きな小説家 伊坂幸太郎さん原作の映画「フィッシュストーリー」を見ました。

アマゾンプライムでちょうど出てきたので、懐かしいなぁと思い出しながら楽しみました。

原作を読んだのは6年とか前ですが、この映画出来が良くて面白い作品でしたよ。

感想をどうぞ。

スポンサーリンク

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」

あらすじ

2012年、地球滅亡まで、あと5時間!1975年、売れないパンクバンドが最後に放った1曲が、めぐりめぐって、奇跡を起こす! 大ヒット作「アヒルと鴨のコインロッカー」チームが贈る、痛快、爽快エンタテインメントムービー!

感想 評価7/10

原作を初めて読んだ時に一体何が書いてある作品なんだろうか?と思いながら読んでたら、短編が見事に繋がってやがて地球が救われた。

その地球を救った女の子は、かつて正義の味方によって命を救われた。

その正義の味方はあるロックバンドの曲によって、自分の人生を変えてもらった。

そのロックバンドは、最後のレコーディングで書いた曲をフィッシュストーリー(ホラ話)と名付けた。

簡単にこんな痛烈な物語がなんの説明もないまま展開されて、最後に全てが繋がった時に地球が救われた

映画自体は少しシュールで、全体的に時代のテイストが古いので「何が言いたいの?」と思うってしまうのだけど、正義の味方の登場あたりから面白くなって、段々と過去が繋がってく姿が露わになると感動すら味わえる。

小説を読んで、音楽に気になった人は特にオススメですね。

小説読んでなくても結構忠実に再現されてて、伏線の回収も見事だったので楽しめる作品。

売れないロックバンドの1曲が1人の人生を変えて、やがて小さな未来を作って行き、地球を救ってしまうそんな笑えるような作品ですが、結局真剣に見入ってしまい面白い作品でしたね。

次は「アヒルと鴨のコインロッカー」も観てみてたいですね。

レビューもチェック

原作もオススメです

伊坂幸太郎関連記事

[2018年版] 伊坂幸太郎 作品一覧を順番にご紹介(新作随時更新) 
続きを読みたい期待感と完成度の高いストーリーを作る天才作家 伊坂幸太郎さん。全作品は読んでないんですが、8割以上読破しているので、改めて刊行順に作品を並べて改めて確認しました。ハズレが少なく、ファンになったら個性の強いキャラの虜になる事間違いなし。おすすめ作品の感想も。
初めての伊坂幸太郎おすすめ作品ベスト5!迷ったらまずこれを読もう。
会話はポップなのに物語は結構スリリング。出てくるキャラも一筋縄ではいかない伊坂幸太郎さんの作品。ハマる人は次々と読みたくなる要素がたくさんある著者なんですが、当たり外れがあるのも事実。最初に読んで欲しいハズレのない名作を5作品一挙に紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする