HAWAIIAN6のおすすめ10曲 泣ける哀愁漂うパンクソング

パンクバンドの歌と言えば夢を持ったカッコ良さや泥臭さの詰まったタイプが多いですが、このバンドの曲は愛が詰まってます。

いちいち泣けるような哀愁系の日本人の好きなメロディーに切ない英語の歌詞が凄く突き刺さるんですよね。

スポンサーリンク

HAWAIIAN6とは

1997年に結成した3ピースバンド。

メンバー

安野勇太(YUTA)ボーカル、ギター

上村直史(GURE)ベース・コーラス 2014年に加入

畑野行広(HATANO)ドラムス

HI-STANDARDのレーベルPIZZA OF DEATHより、Ken Yokoyamaのプロデュースで1stアルバム「Souls」をリリース。当時爆発的な人気と売り上げを誇った。

2007年に自主レーベル「IKKI NOT DEAD」を設立。

2011年に最初のベーシストTORUが脱退。

ハワイアンの魅力にTORUのコーラスがあっただけに非常にこの後の楽曲のクオリティが下がりました。

2011年から2013年までRYOSUKEがベースで加入。

2014年からはGUREがベースで加入。

2016年には悲願のHI-STANDARD主催のAIR JAM2016に出演し、伝説的なライブを魅せてくれました。

正直歌は上手くないですが、楽曲のクオリティは抜群。

そんな『HAWAIIAN6』のお勧めをご紹介します。

10位 Brand New Dawn

アルバムのラストを飾る壮大でとても感動的な1曲です。

なんでこんなにパンクソングで切なメロディ演出できて泣けるんだろうな。

9位 YOUR SONG

TORUとのツインボーカルが染みる1曲でしょう。

とにかくこの頃が一番最高。って何年前だよ。

8位  Light And Shadow

ハワイアンの1曲目といえばこれでしょう。

とっても前向きで、カッコいいハワイアンらしい歌詞の曲。

歌詞を抜きにしても曲だけで盛り上がれます。

7位 PROMISE

年を増す毎に無くなっていく感覚を取り戻してくれる約束の歌。

物語的な歌詞でありながら、メッセージ性が強くとても心に響きます。

何よりもカッコいい。

6位 Eternal Wish, Twinkle Star

終わらない青春の歌。

ハイスタのSTAY GOLDの様な輝き続けろといったメッセージの1曲ですね。

ライブで聴くとより一層カッコよくなります。

5位 RAINBOW, RAINBOW

ライブでとにかく楽しい踊り狂える素敵なメロディ。

真っ直ぐに自分を見つめ直したくなる名曲です。

4位 I BELIEVE

バンド仲間が事故で亡くなった時に創られた1曲。

夢を見る事を諦めるなと歌うハワイアンだからこそ伝えられる素敵な曲。

辛い時にはこの曲聴くと救われた気分になります。

3位 Star Falls On Our Hands Tonight

もう何でこんなに最高な幸せな歌を歌ってるんだろう。

あんな怖そうでな人達が、爆音で鳴らしまくってるのにこんなに感動的な歌詞って言うギャップが凄いです。

こんな歌詞見てると絵本書いたら良いのになぁと思う。

2位 MAGIC

もう1位と同率でも良いんじゃないかと思う位に素晴らしいセンスのメロディ。

「もう人生!」って最高って前向きに生きたくなる応援歌。

とっても綺麗でセンスのいい言葉に包まれて優しい気持ちになります。

1位 A LOVE SONG

愛する人に贈る愛の歌。

愛する人にありがとうを伝えたくなる名曲です。

英語ですが、歌詞を見ると物語か詩に見えてくるクオリティの高さ。

泣けてくる位に切ない1曲。

TORUのコーラスもお見事だし、ハワイアン最高です。

そうだライブハウスに行こう!

ハワイアンに逢いたければライブハウスへ行きましょう。

今でもしょっちゅう各地のライブハウスを回ってます。

毎年2,3回は観にいきますが、やっぱり現場で生きてる人間は裏切りません。

夢を追い続けて叶えてきた人間は、夢みる奴を笑いません。

沢山勇気と希望をくれる大切なバンドの1つです。ほんと最高だよ。

HAWAIIAN6と一緒にCDを出してる仲の良いバンド「dustbox」もお勧め。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする