James Bayのおすすめ曲とセットリスト 魅力溢れるUKのサウンド

イギリスの若きシンガーソングライター『James Bay(ジェームズ ベイ)』のおすすめ曲とアルバムご紹介です。

CD聴いてその歌声に感動したので、サマソニで初めてライブ見ましたが本物もめっちゃ歌ウマでビビる位にカッコ良かったです。

James Bayとは

1990年生まれの26歳。

16歳の頃からライブ活動を始める。

デビューアルバムの「Chaos And The Calm」は全英チャート1位を記録。

毎年期待の新人アーティストに送られる“ブリット・アワード批評家賞”を受賞

2016年には単独来日公演とSummer Sonic2016でのライブが行われ日本でも大注目のアーティストです。

お勧め曲の紹介

Let It Go

まずは代表曲「Let It Go」イントロと歌いだしから痺れます。

メロディーも然る事ながら、その歌声と雰囲気だけで酔いしれてしまいます。

女の子ならイチコロでしょう。

Hold Back The River

こちらも代表曲「Hold Back The River

サビに持っていく展開が凄い素敵で、ライブで聴いた時に鳥肌モノでした。

シンプルなサウンドなのにこんなにも雰囲気を持ってると、ここまで聴き入ってしまうのが凄いです。

Best Fake Smile

こちらはアップテンポで盛り上がる「Best Fake Smile

伸びやかで力強い歌声がとても曲にマッチしてます。

イケメンでここまで歌が上手いともう惚れてしまうでしょう。

If You Ever Want To Be In Love

PVが素敵な「If You Ever Want To Be In Love

日本でもこんな大合唱できる位有名になって欲しいです。

Scars

一段と歌声がセクシーな「Scars

特別な思いのこもった曲だそうで、後半に向かっての曲の展開が凄い良いです。

お勧めアルバムはこれ

アルバムとしてはデビュー盤の『Chaos & the Calm』1枚だけしかリリースしていません。

15曲収録とかなり濃い内容になってますので、全編通して聴いて貰いたいですね。

歴代来日公演

 2016/3/2(水) 梅田CLUB QUATTRO

2016/3/3(木) EX THEATER ROPPONGI

2016/8/20(土)SUMMER SONIC 2016 大阪←参戦しました

2016/8/21(日)SUMMER SONIC 2016 東京

セットリスト<2016/3/3(木) EX THEATER ROPPONGI>

  1. Collide
  2. Craving
  3. When We Were On Fire
  4. If You Ever Want To Be In Love
  5. Need The Sun To Break
  6. Running
  7. Let It Go
  8. Scars
  9. Move Together
  10. Best Fake Smile
  11. Get Out While You Can
  12. Proud Mary
  13. Hold Back the River

新人としては近年でもかなりの実力を持ったソロアーティストだと思います。

2ndアルバムの完成も楽しみですが、また来日してくれる事を期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする