青山美智子「鎌倉うずまき案内所」を読んだ感想レビュー 心に残る名言紹介

 

青山美智子さんと初めて出会った作品である「鎌倉うずまき案内所」

令和から昭和の終わりまでを6年毎に遡る時代を跨いだファンタジー作品。

とても温かく、迷ってる背中を押してくれる素敵な作品です。

感想や心に残る名言をどうぞ。

スポンサーリンク

青山美智子「鎌倉うずまき案内所」を読んだ感想レビュー 心に残る名言紹介

青山美智子「鎌倉うずまき案内所」あらすじ

古ぼけた時計屋の地下にある「鎌倉うずまき案内所」。

螺旋階段を下りた先には、双子のおじいさんとなぜかアンモナイトが待っていて…。

「はぐれましたか?」

会社を辞めたい20代男子。

ユーチューバーを目指す息子を改心させたい母親。

結婚に悩む女性司書。

クラスで孤立したくない中学生。

いつしか40歳を過ぎてしまった売れない劇団の脚本家。

ひっそりと暮らす古書店の店主。

平成時代を6年ごとにさかのぼりながら、6人の悩める人びとが「気づくこと」でやさしく強くなっていく―。うずまきが巻き起こす、ほんの少しの奇跡の物語。

感想 評価 8/10

小川糸さんの名作「ツバキ文具店」を読み終わった後に近所の本屋さんで見つけた、「鎌倉」がタイトルになった1冊。

ただ、鎌倉ってだけで買った不思議な奇跡なんだけど、読んでみると内容も奇跡みたいな物語。

6話の短編が令和から6年毎に遡り、昭和まで戻っていく少しSF要素のあるお話です。

先に進みたいのに前の話が気になって、ページを読み返し、読み終わったら再び後ろから読みたくなる不思議な編成になってます。

 

人生にはぐれてしまった人達が体験する、螺旋階段の先にある鎌倉うずまき案内所。

誰もが人生に迷い、苦しみ、諦める時があると思うけど、そんな過去とか今見てる未来を少しでも楽にしてくれたり、背中を押してくれる物語に出逢えると思います。

 

いつからだろう。

みんなと同じじゃないと不安になったのは。

普通のことを普通にしてくれればいいと思うようになったのは。

時にハッとさせられる気づきがあり、自分自身に問いかけてしまう言葉と出会えます。

 

俺は、いつからか、マルがもらえる答えだけを探していた。

世間がマルとするものに倣おうとしていた。

これ以上バツを貰いたくなかったから。

でもそれは、自分で自分にバツをつけているってことだったのかもしれない。

読めば読むほど入り込めるし、話の中で何度も出てくるキャラもいるので、気づいてしまうまた最初から読みたくなる。

2回目読んでまた気になって、3回目読んで、またあの人を探しに行く無限ループ。

 

「読んでくれてありがとう。あなたに、ちゃんと届いてよかった」

自分のやってる事で、少しでも人の人生が変わるって思うと、なんだかすごくやる気が出ます。

時代毎のトレンドとかワードが出てちょっと懐かし気分になります。

キューブリック作品とか、久しぶり観たくなるわ。

内容自体は、よくある話なんだけど、令和から昭和に遡るって構成が見事なので、読んでてどんどんハマる。

 

 

レビューもチェック

お得に本を読むならこれがお勧め

ブック放題

Kindleで月額980円払ってるUnlimited並みに作品多いので、結構コスパがいいですね。

今ならお試しで1ヶ月無料でお試しができます

Kindleunlimited

Amazonの月額制の読み放題Kindleunlimitedも使ってます。

こちらは、小説だったり、実用書も多いので、1~2冊お気に入りが読めたら月額980円が安く感じられます。

立ち読み感覚で雑誌の斜め読みしたり、好きじゃなかったら適当に止める事にも罪悪感ありません。

こちらも最初の30日は無料で読めますので、ぜひ登録して下さい

 

関連記事

スポンサーリンク