ラブサイケデリコ Live Tour 2017 大阪に参加した感想&セトリ

本日は待ちに待ったラブサイケデリコのライブに参戦です。

ファン歴の長さと買ったCDの数は1番のデリコなんですが、何故かライブ見たことなかったんです。

何度かチケット買ってたのに仕事入って、タイミングがいつも合わなかったのもあるのですがやっとライブ見れましたよ。

スポンサーリンク

感想

普段ライブハウスって定時にあまり並ばずに列が無くなる30分前とかに行くんですが、番号が200番代とかなり良いので、ベスポジ確保しようと開演のと同時に並ぶ。

10分遅れで会場が始まり、グッズを購入してからZEPP NAMBAへ。

ここで驚いたのが年齢層の高さ。

見た感じほとんど40代から50代の男女半々位。

30代でも殆ど後半だし、20代なんて見つけるの難しいし、10代なんて親子連れだよ。

デリコは20年前のデビュー後すぐに売れたので、ファンもそれ位になるんでしょうね。

最近は活動の幅狭いし、新規のファンはあまり居ないと見た。

1列目の柵は埋まってるので、2列目の柵のすぐ後ろのKumiさんの前をゲット。

かなり近いポジションで期待値高すぎでしょ。

定刻2分過ぎくらいで暗転。

サポートは、ギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッションとZEPPなのにステージいっぱいに人が並ぶ7人体制のデリコ。

NAOKIと Kumiが出てくると既に感動です。

1曲目は「C’mon, it’s my life」でスタート。

Kumiの声聴いた瞬間に遂に本物だと思った。当たり前だけどこんなに上手い人珍しいよ。

2曲目はテンポを上げて「Feel my desire」

一気に盛り上がるのかと思ってたけど、デリコのライブはそんな感じじゃなく手拍子レベルで大人しいんだね。

4曲目に「Abbot Kinney」の懐かしさがすごい。

このアルバムですら7年も前なのだよ。

その後の1曲が思い出せないのだけど、新譜から続いて「Rain Parade」は学生時代に作ったらしいです。

そしてあのギターが聴けたと思ったら「oh sing it to me」から始まる大好きな「Your Song」です。

2ndシングルだけど、色褪せないこの名曲を一緒に歌える時が来るとはね(涙)

この1曲だけで余韻が凄いよ。

その流れで新譜から「Place Of Love」

そして、新譜で一番良かった「Beautiful Lie」が聴けました。

No Reason」「Calling You」とアゲていき、新譜の「Might fall in love」です。

正直最近の曲ばかりで、ちょっと物足りなかったんですが・・・遂にあのイントロが!

Everybody needs somebody」のギターをNAOKIさんが鳴らした瞬間キタ〜って思いました。

これも懐かしいけど、デリコらしいノスタルジックなカッコいい曲。ほんと大好き。

そこからまたあのイントロ。

遂にデビュー曲「LADY MADONNA ~憂鬱なるスパイダー~」この曲がラジオで流れてビックリした方多いと思うけど、まさに私もそれ。

実際はラジオじゃなくて、ラジオで発見した姉貴が買ったCDが流れてきてビックリでした。

超かっこいいし、盛り上がりまくってたね。

あれだけ大人しかったオーディエンスも、後半の連発でかなりアガってます。

本編ラストは「Freedom」です。

あんまり思い入れないんですが、この曲で締めるのね。

さっさとステージを後にする皆さん。

アンコールを求める満員のオーディエンス。

5分弱で明かりが着いて、NAOKIさんが登場。

グッズ紹介のコーナーが始まります。ポーチ可愛かった。

メンバーが再登場して、「懐かしい曲」と言って演奏された「Free World」

確かに懐かしいけど、これもメロディー最高です。

横揺れが心地よくて、デリコのサウンドはこんなの求めてるんですよね。

そこからMCでKumiさんが「これも20年も前の曲ですが、今でも皆さんが愛してくれて・・・」と言ったらあれしかないですよ。

遂に「Last Smile

イントロの段階でもう泣けてきたけど、サビの部分でやっぱり止まらなくなる。

5分ちょい。もうこの時間が進んで欲しくないと思う位の感動を胸に刻んだ

もうこの曲で終わって欲しかった。

ラストはアルバムの最後を刻む「No Wonder」をみんなで歌って締めくくり。

正直このツアーの新譜はあまり好みじゃなかったんだけど、ライブ見て良かったなぁと思いました。

ただやっぱりイメージしてたデリコはもう少しシンプルなメロディと演奏だったからちょっと音の厚みやサポートが豪華すぎたかもしれないね。

それでも、20年の時を経ても色褪せない名曲も聴けたし、もう言葉がありません。

どうでも良いけど、大御所だけにスタッフの数も多くて、サウンドチェックの時も楽器チェンジの時も毎回の様にすごい人数がステージに出てきて驚きます。

その割にはステージの演出はシンプルでほぼ照明のみ。

聴かせる事をメインに魅せていますね。

あとパーカッションにTOTOのツアーサポートなどしてた「LennyCastro」さんが遊びに来てくれました。

本当はツアーの後半で合流予定だったみたいですが、「大阪に来たい」という本人の意向で、リハなしでいきなり参加されたみたいです。

あとあの年齢層と盛り上がり方なら、正直ホールでやった方が見せ方も聴かせ方も良いと思うし、何せお客が楽な気がしますね。

もしかしたらライブハウスに拘りがあるのかな。

グッズ

今回のグッズ何にもアナウンスされてません。もうやる気ないとしか思えません(笑)

Tシャツ3種類 3500円

タオル 2000円

サコッシュ

ポーチ

ツイストバンド等がありましたよ。

ちなみに今日は会場の1時間前から先行物販あったみたいです。

参考にしてください。

ちなみにこのTシャツは、大阪だけ「デリコ」と呼ぶ文化で作られたらしいです。

関東は「ラブサイケ」と呼ぶ?らしい。

セットリスト

  1. C’mon, it’s my life
  2. Feel my desire
  3. Birdie
  4. Abbot Kinney
  5. ???
  6. You’ll Find Out
  7. Good times, bad times
  8. Rain Parade
  9. Your Song
  10. Place Of Love
  11. Beautiful Lie
  12. 1 2 3
  13. No Reason
  14. Calling You
  15. Might fall in love
  16. Everybody needs somebody
  17. LADY MADONNA ~憂鬱なるスパイダー~
  18. Freedom
  19. Free World(アンコール)
  20. Last Smile(アンコール)
  21. No Wonder(アンコール)

何箇所か怪しいけどこんな感じ。「My Last Fight」が聴けなかったのが本当に悔しい。

それにしてもあれだけファン層高いなら確実に昔からファンだろうと推測。

こんなに新しい曲よりも、確実に1st・2ndの曲やった方がもっと盛り上がるでしょうね。(ごめん。ただの願望です)

とりあえず次は20周年記念ライブ演って欲しいね。

最新アルバム

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク