MONOEYESのおすすめ曲とアルバム・セトリ 細美武士が再びメロコアを鳴らす

ELLEGARDEN/the HIATUSで活躍する細美武士が2015年新たなプロジェクトとしてスタートさせた第3のバンド モノアイズのご紹介です。

モノアイズもフェスやワンマンでもう5回見てますからね。

スポンサーリンク

 MONOEYESとは

2000年代を代表するインディーズのパンクバンド「ELLEGARDEN」のフロントマンであり、現在は「the HIATUS」のフロントマンとして活躍する細美武士率いるパンクバンドです。

ハイエイタスよりも気軽に地方にライブしに行けるバンドみたいなコンセプトで、2015年の夏に始動。

最初はソロプロジェクトと言われてましたが、気づいたらバンドになっていましたね。

  • 細美武士(ボーカル、ギター)ELLEGARDEN、the HIATUS
  • スコット・マーフィー(ベース、コーラス)アリスター、スコット&リバース
  • 戸高賢史(ギター)ART-SCHOOL
  • 一瀬正和(ドラムス)ASPARAGUS、the HIATUS

音楽的にはエルレガーデンに近いメロコア路線。細美さんらしいメロディの際立つ曲が多いです。キャッチーで、POP PUNKに近いエルレよりはエモーショナルな楽曲が多いです。

 お勧め曲

My Instant Song

1st E.Pのタイトルトラック。

こんなに幸せそうな明るい楽曲は久しぶりでした。

ライブでもめっちゃジャンプしまくりで、盛り上がる1曲です。

このCDに入ってる2曲目の「When I Was A King」はモノアイズのファンの中でもかなり好きな人の多い、ライブでもかなり盛り上がる1曲です。

アルバム未収録なのでぜひこの1枚で聴いてください。

Run Run

1stアルバム「A Mirage In The Sun」からのリードトラック

サビの盛り上がりが凄い激しい1曲。細美さんのライブはこんな曲が似合いますね。

GET UP

最新の2nd E.Pのタイトルトラック。

ライブで聴いた時のMCが印象的で、凄く感動する歌詞の世界観があります

これを聴いたらどんなに嫌な事があっても頑張れる。そんな気分にしてくれる1曲。

ちなみにこのE.Pに収録の他の2曲はベースのスコット・マーフィーがボーカルの歌となってます。

スコットは元々「アリスター」と言うバンドで活動してて、その時にツアーで来た日本に感動して、日本語のカバーとかやりながら日本でも活動していました。

細美さんも尊敬するアメリカのロックバンド「Weezer」のボーカル、リヴァースとのユニットでの日本の曲のカバーも記憶に新しいです。

ちなみにスコットはアメリカに家を買ってたのにこのバンドに誘われ全部売り払ったらしい・・・。

 ライブセットリスト<2016/12/21>

1.Moth To Flame
2.Like We’ve Never Lost
3.Do I Have To Bleed Again
4.Cold Reaction
5.My Instant Song
6.End Of The Story
7.Get Me Down
8.When I Was A King
9.Borders & Walls
10.Remember Me
11.Get Up
12.明日公園で
13.Wish It Was Snowing Out
14.What I Left Today
15.Run Run
16.グラニート

en1

17.Just A Little More Time
18.Somewhere On Fullerton

en2

19.My Instant Song(スコットVer)

2017年はアルバム発売!

来年はアルバム作ってツアー回るから」と去年のツアーでは言ってました。

正直ハイエイタスの方が好きなんですが、たまには直球なメロコアで、ライブハウスで騒ぐのも楽しいです。

2017年も対バンとかフェスで結構名前を見るので、近くに来た際にはぜひ観に行きましょう。

<追記>

7月に2ndアルバムの発売が決定しました。

<追記>2ndアルバムの感想です↓

こちらも合わせてどうぞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする