2020年1月によく聴いた音楽アルバム・曲[洋楽・邦楽]

 

2020年1月によく聴いた音楽の紹介です。

お気に入りの洋楽・邦楽のアルバムや曲などのお勧めやライブの感想などもあります。

スポンサーリンク

2020年1月によく聴いた音楽アルバム・曲[洋楽・邦楽]

邦楽

Superfly「0」

Superfly久々のアルバムとなる「0」

去年のツアーで披露された新曲などが入ってる作品で、今までよりもより優しい曲が多い印象です。

 

1曲目のAmbitiousから、ラストのGIftまで本当に素晴らしい曲が詰まってる作品となっていて、ほんと心が明るくなって飽きないなぁ。

 

King Gnu「CEREMONY」

今月というか、今年一番楽しみな作品がこのアルバム。

「白日」以降リリースする作品も本当に素晴らしい楽曲だなぁと思ってましたが、アルバムも凄さが詰まってます。

 

彩り豊かな楽曲が多く、シリアスな曲も、アッパーな曲も、彼ららしいツボにハマる展開が多くて飽きないわ。

速攻20万枚売れたって事で、どんどん深みにハマるにわかファンが増えそうな予感でライブは当分諦めますw

 

阿部真央「まだいけます」

あべまって802のラジオ聴いてないとなかなか普段聴く機会ないんだけど、最近ラジオで流れた「このカッコいい曲誰?」ってなって、あべまだったので驚いた。

初期からフェスで何度か見る機会あったけど、流石にアヴリルをリスペクトするだけあって、幅広い楽曲を歌うし、どれも見事にハマってるのが凄いね。

あべまの書く歌詞が意外と好きなだね。

 

 

洋楽

Sum41「Chuck」

1月最初のライブは、Sum41と言う事で、青春のパンクロックを楽しんでました。

なんと発売から15年の名盤「Chuck」

 

このアルバムのNo Reasonが好きすぎて、ライブで聴けて感動しました。

Sum41 単独来日ライブ2020 ZEPP大阪に参加したライブレポ&セトリ紹介

01/12/2020

Queen「Bohemian Rhapsody」

2年前に大ヒットしたQueenの映画ボヘミアンラブソディを観てから、本気で楽しみにしてたQueenの来日公演が遂に実現しました。

6年前のサマソニで観たクイーンと、あの映画を通して知ったQueenでは全然意味が違うので、今回はめちゃくちゃ予習しましたよ。

Queenというバンドの凄さを知り、30年近い昔の曲達は改めて聴いても古さを感じさせないのが凄いよね。

クイーン+アダムランバート来日2020 大阪公演に参加したライブレポ&セトリ紹介

01/30/2020

Bon Iver「Bon Iver」

東京だけ来日公演があって、羨ましいので聴いてました。

もう9年も経ってるのが不思議なくらいに聴く毎に新しい発見のあるアルバムです。

 

 

全てが美しい世界観を映し出してくれる特別な存在ですよね。

 

Circa Waves「 Sad Happy」

サーカは、去年に続いて半年での新譜リリースです。

3月に発売される「Sad」と含めての二部作的な作品みたいで、今回の「Happy」はまだストリーミングのみでの配信みたいですね。

随分と大人なロックになってカッコいいので、大阪もライブしに来て欲しいですよ。

 

 

関連記事

スポンサーリンク