2020年5月によく聴いた音楽アルバム・曲[洋楽・邦楽]

 

2020年5月によく聴いた音楽の紹介です。

お気に入りの洋楽・邦楽のアルバムや曲をピックアップしてレビューしました。

スポンサーリンク

2020年5月によく聴いた音楽アルバム・曲[洋楽・邦楽]

邦楽

RADWIMPS「グランドエスケープ」

 

ラッドのサブスク解禁で、懐メロから最近の曲まで思い出だらけの曲を沢山リピートしていましたね。

ラッドに出会ったのは19歳くらいの学生時代。

もう14年も聴いてるんやね。

このグランドエスケープに関しては、曲聴いてるだけじゃ意味分かんなかったけど、天気の子を見てから本当に好きになった。

この曲が使われてる一番シーンを見ると本当に鳥肌ものです。

ラッドが好きって理由であの映画は見る価値がありますね。

 

洋楽

Machine Gun Kelly「Bloody Valentine」

 

去年のサマソニでどハマりしたMGKはSNSを追いまくってるので、新作やカバーなど見事な好みの作品をリリースしてくれてます。

今までで一番メロコアぽい新曲だったり、Paramoreのカバーなんかもよかった。

 

The 1975「Notes On A Conditional Form」

 

1ヶ月伸びたアルバムをようやくリリースの1975。

名盤の3rdからまたどうした?って位に長い、80分の全22曲のアルバム。

彼ららしいメッセージ性があり、映画みたいな作品だと思う。

長すぎて何度も一気に聴けてないんだけど、もう少し前半をキャッチーにして欲しかった。

いつかPeopleで始まるライブが観て見たいなと思えるんだけど、秋の来日は難しいだろうね。

一時の気分じゃなく、これからもずっと寄り添っていたい彼らの曲達。

秋の夜長にゆっくり聴きたいアルバムです。

 

Lady Gaga「Stupid Love」

 

ガガ様の新作はポップ・ミュージックに回帰した感じで、時折EDMサウンドを効かせています。

Ariana Grande、BLACKPINKなどのコラボまで入った新たな一面を見せて、より一層パワフルなサウンドが目立ちますね。

おかえりと言うよりも、更なる飛躍って感じのアルバムです。

 

Mogwai「Zerozerozero」

 

在宅勤務のBGMにしてたのがMogwaiの新譜。

ちょうどいいタイミングでリリースされてたので、延々リピートしました。

 

2020年ライブは新たな形になるのかな?

 

コロナの影響で8月までのフェスはほぼ中止を発表。

ライブハウスは始動したけど、今までのキャパでは当分無理でしょう。

距離をとって、マスクをつけて、ビニールシートでって・・・なんか悲しい様な、仕方ない形になってます。

これはいつまで続くのかっと思うとね、本当に辛いですよね。

 

薬ができても、この先また新たなウィルスの脅威が0なワケじゃないし、従来のやり方が続けられるかも分からない。

今ライブに行けなくて心の拠り所のないファンの気持ちも、ライブの出来ないアーティストの気持ちも痛いほど分かります。

せめて活動資金を応援したいけど、もっとアーティストも課金できる仕組み作ればいいのにと思います。

グッズよりもネットで有料のライブ配信したりすればいいのにと。

レコード会社とか時代変わってるんだから、もっと柔軟に動いてほしい。

You Tubeで無料公開ばっかりじゃなくて、しっかりお金を取ってプレミアムな事すればいいのになって。

ライブに行かなくなると、音楽自体聴かなくなる人増えるんじゃないかな?って思いますよ。

全てにおいて、音楽業界って動き遅いよね。

 

関連記事

 

スポンサーリンク