浜口倫太郎「お父さんはユーチューバー」感想 レビュー 心に残った名言

 

浜口倫太郎さんの新刊「お父さんはユーチューバー」を読み終わりました。

夏っぽい表紙が印象的な1冊は、父と子の愛を感じる感動の家族小説であり、親友たちとのとても熱い物語でした。

感想や心に残ったフレーズをどうぞ。

スポンサーリンク

浜口倫太郎「お父さんはユーチューバー」感想 レビュー 心に残った名言

浜口倫太郎「お父さんはユーチューバー」あらすじ

宮古島のゲストハウス「ゆいまーる」のひとり娘、小学五年生の海香は絵を描くことが大好き。
将来は東京の美術大学に入りたいと思っていた。

そんなある日、父親の勇吾が宣言した。

「俺はユーチューバーになる! 」

宮古島の自然とゲストハウスに集う人々を通じて描く、家族小説。

感想評価 9/10

 

馬鹿みたいに単純で、真っ直ぐで、熱い愛情のこもった親子と親友達の物語。

久しぶりにこんなに真っ直ぐな言葉で、熱い想いを感じる本に出逢いました。

涙を流し過ぎて、ティッシュじゃなくて、バスタオルくらいないと耐えられない感動作。

 

夏らしい本が読みたいと思って本屋でジャケ買いした浜口倫太郎さんの新刊。

宮古島の綺麗な海が印象的なんだけど、今っぽいユーチューバーってタイトルに惹かれたんですね。

 

宮古島で民宿「ゆぃまーる」を経営する父と娘とそこで働く親友達。

有名になってテレビに出たいと言う目的で、ユーチューブにはまる父 勇吾。

絵を描くのが好きで、将来は東京の美大に進みたい小5の娘 海香。

宮古島の今の生活と、12年前に勇吾が暮らす東京の話が絡み合う物語。

なんで勇吾は有名になってテレビに出たいのか・・・。

 

とりあえず前半のユーチューバーに成り上がる姿は笑いながらも、今っぽさがありテンポよく読めます。

「意味がないと頭でわかっているけど、実際にやってみるのが大事なんだよ。
失敗しても、失敗することに意味があるのさ。自分の体で得た失敗ほど役立つものはないよ。
やってみないとわからないってよく言うだろ」
「普通の人はやりたいことがあっても、勇吾さんみたいにすぐにできないからね。なんだかんだ言い訳して、結局やらないことがほとんどなんだから。」

元気や唯の言葉に時々はっとさせられながらも、挑戦することの大事さ、失敗から得るものの大きさを感じます。

 

そんな中で過去の話が進んでいくと、衝撃の事実を目にする事となるんですが・・・ネタバレしそうなので、ぜひ読んでください。

こんな話って沢山読んできて、普通なら「はいはい、良かったね」星3位で済ますんですが、言葉が直球すぎて涙腺崩壊だわ。

 

「海香!おまえは生まれてきてよかったんだ!

すべてての人に愛されてるんだ!

・・・

この世に生まれてきてくれて、俺に育てさせてくれて本当にありがとう!

俺は、おまえと出会ってからのこの十年間、世界中で一番幸せだったんだ!!!」

親の想い。親と子の絆。

不器用すぎて、こんなに真っ直ぐな言葉をぶつけられるとね。

感動しないわけないでしょ。

心揺さぶられないわけないでしょ。

みんなありがとうって素直に言いたくなるよ。

 

「血が繋がっているというだけで、何も通じ合っていない家族じゃない。

心から信頼し、分かち合える、本当の意味での家族が僕にもできたんだってね。

そして家族には『ただいま』と『おかえり』が言い合える家が必要なんだ。

僕たちやーでぃの家は、ゆぃまーるしかない。」

影の薄かった一休の一言はなかなか良かったです。

 

親と娘と親友と宮古島の美しい海の心温まる物語でした。

海の景色と海の香りを感じながら読んで欲しいです。

 

読み終わって降ってきた1曲。

夏ってだけでキラキラしてたー

あの気持ちがすーきなのー

もう少しだけここにいさせてー

そんな顔で僕見るのー

By セプテンバーさん

あー、海に行きた〜い。

レビューもチェック

お得に本を読むならこれがお勧め

ブック放題

Kindleで月額980円払ってるUnlimited並みに作品多いので、結構コスパがいいですね。

今ならお試しで1ヶ月無料でお試しができます

Kindleunlimited

Amazonの月額制の読み放題Kindleunlimitedも使ってます。

こちらは、小説だったり、実用書も多いので、1~2冊お気に入りが読めたら月額980円が安く感じられます。

立ち読み感覚で雑誌の斜め読みしたり、好きじゃなかったら適当に止める事にも罪悪感ありません。

こちらも最初の30日は無料で読めますので、ぜひ登録して下さい

 

関連記事

スポンサーリンク