パンクスプリング2017 出演バンドのお勧め曲紹介

PUNKSPRING2017

2017年で11年目の春のパンクロックの祭典『PUNKSPRING

10周年を無事に終えましたが、まさか11回目で終焉になるとは思いませんでした。

ただラストに相応しい久しぶりのPUNKな面子が出揃ってる2017のラインナップをご紹介です。

PUNKSPRINGとは

夏のフェスを代表するサマーソニックを主催するクリエイティブマンが行う春の室内型のフェス。

毎年千葉の幕張メッセ神戸ワールド記念ホールの2箇所で行われます。

サマソニとの大きな違いはパンクロックと言うジャンル特化型なイベントと言う点です。

サマソニみたいポップス・ロック・ヒップホップ・アイドルなどの異なるジャンルが羅列しないのでファンが嬉しいイベント。

近年は若干ラインナップに失敗してファンも離れつつありましたが、2017年は本気です

アーティストラインナップ

THE OFFSPRING

世界中でCDのトータルセールス4000万枚以上の大ヒット作品を連発したパンクロックのジャンルでは飛びぬけた人気と認知度を誇る絶対的王者。

昨年のサマーソニック2016でのマウンテンステージのトリが記憶に新しすぎますが、パンスプでは2012年のヘッドライナー以来5年ぶりですね。

2013年にも単独来日公演ありましたし、2010年代だけでも3回観に行ってる大好きなバンド。

バンドとして僕よりも年上で、メンバーもかなりいい歳なんだけど、体系以外はなかなか衰えないですね。

ボーカルのデクスターの声はまだまだ現役で今年もステージ期待したいです。

お勧めアルバムとお勧め曲

Smash「Bad Habit」「Gotta Get Away」「Come Out And Play」

Americana「Staring at the Sun」「The Kids Aren’t Alright」「Walla Walla」「Americana」「Pretty Fly 」

Conspiracy of One「Original Prankster」「Want You Bad」「One Fine Day」

もっと詳しくこちらの記事で紹介してます↓

Bad Religion

パンクロック界の重鎮的な大御所バンド

ここに並んだオフスプリングNOFXが生まれる地盤を生み出した歴史を作った人達ですね。世界に誇るパンクレーベル「エピタフ」のボスが在籍するバンド。

過去に何度もPUNKSPRINGのヘッドライナーを任され、近年では2014年の出演がありました。

日本のROCKシーンを代表する「MAN WITH A MISSION」の元ネタとなった曲とアルバムがこのバンドなんですよね。

お勧めアルバムと曲

Recipe for Hate 「American Jesus」「Man With A Mission」

AGAINST THE GRAIN「Turn On the Light」「Flat Earth Society 」「21st Century (Digital Boy) 」

NOFX

こちらもアメリカを代表するPUNKバンドの一つで、オフスプリング、バッドレリジョンと並んでメロコアのブームを生み出した。

パンスプには過去に何度に出演し、ヘッドライナーも勤めています。

ファット・レック・コーズと言うレーベルを立ち上げ、日本を代表するPUNKバンド「HI-STANDARD」のプロデュースも行っています。

お勧めアルバムと曲

White Trash, Two Heebs and a Bean「Stuck In My Eyes」「Liza and louise」

Punk in Drublic「Linoleum」「Don’t Call Me White」

LESS THAN JAKE

アメリカ出身のスカコアバンド。

陽気でノリノリなメロディが特徴的なキャリア20年を超える大ベテランです。

2009年以来の出演です。

お勧めアルバムと曲

Hello Rockview「All My Best Friends Are Metalheads」「Five State Drive」

Anthem「The Science Of Selling Yourself Short」「SHORT-FUSE-BURNING」

Zebrahead

アメリカ出身のミクスチャーロックバンド。

サマソニ最多出演回数を誇る日本大好き・下ネタ大好きなお兄ちゃん達です。

とにかくアゲアゲのステージは何度観ても熱いし、面白い。

今年も盛り上げてくれること間違い無しです。

お勧めアルバムと曲

MFZB「Rescue Me」「STRENGTH」

PLAYMATE OF THE YEAR「PLAYMATE OF THE YEAR」「Wasted」

こちらは記憶に新しいMWAMとのコラボ曲。

10代のリスナーにとっては始めてのゼブラヘッドかもしれませんね。

MAN WITH A MISSION×Zebrahead「Out of control

BRAHMAN

海外勢だけではなく日本を代表するバンドも出演します。

日本のロックシーンを牽引してきたBRAHMAN。

結成20周年を過ぎてもまだまだ勢いは加速していますね。

ボーカルのTOSHI-LOWのカリスマ性はもう語ることがない位にカッコいい生き様ですが、バンドの佇まいとしてももう圧倒的存在感。

最近では各地のフェスでトリを勤める事も増えているので、物凄いライブを見せてくれるでしょう。

お勧めアルバムと曲

A FORLORN HOPE「BASIS」「BOX」「DEEP」

超克「初期衝動」「賽の河原」「霹靂」

MONGOL800<神戸オンリー>

日本を代表する青春パンクバンド通称“モンパチ”

誰もが歌えるストレートで胸に刺さる歌詞と疾走感のあるメロディーで2000年代に大ブームを起こしましたね。

あの曲もこの曲もみんなで大合唱になる事間違い無しです。

お勧めアルバムと曲

800BEST-simple is the BEST!!「小さな恋の歌」「あなたに」「琉球愛歌」

ラストパーティーを楽しみましょう

第3弾のラインナップの時点で、ラストに相応しい位の濃いメンツが出揃ってます。

皆さんラストナイトを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする