Superfly 「Arena Tour 2019“0”神戸に参加した感想とセトリ」ライブレポ

 

Superflyの3年ぶりのツアー2019の初日である神戸に参加して来ました。

夢の様な2時間10分で全20曲のライブ。

本当に最高すぎる演出に歌声が神ががってたので、今回はライブレポートと共にセトリを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Superfly 「Arena Tour 2019“0”神戸に参加した感想とセトリ」ライブレポ

 

今週2回目のライブは、久しぶりに神戸に行って来ました。

なんと3年ぶりのSuperflyのツアーのチケットが取れたんですよ。

先週の土曜日に発売された追加席が日曜の朝に残ってて、普通に買えたw

あんなに苦労して全部外れたのに1週間前にGET出来るとはね。とてもらラッキーでしたよ。

機材席買う方の為」って書いてたからステージ横の見切れ席かと思ったら、スタンドDの最上段でした。

ワールド記念ホールは小さいので(キャパ8000人)大阪城ホールとかと比べると後ろの方でも見えやすいんですよね。

 

開演の20分前に到着するとまだ結構行列が続いてて、のんびりと並んで入場。

中で座って待つ事15分…。

定刻の18時に暗転して、ツアータイトル0の映像が流れ始めます

徐々にテンションが上がっていく中メンバーの中央にしほさんのシルエットが見えて、客席からは歓声が上がります。

 

 

1曲目はなんと「Ambitious」で始まります。

この曲なんかのドラマの主題歌なんですね。

あまり聴いてなかったのですが、ラジオで結構流れてて勝手に口ずさめてました。

夢が見たい oh yeah

明日に行かなくちゃ

憧れは手放さないまま

なかなか現実的な歌詞ですよねw

とりあえず3年経っても歌声は健在。もう神ってます。

 

 

そのまま続く「Wild Flower」に歓喜の嵐。

咲き誇れ ワイルドフラワー 荒野のど真ん中で

いつまでも輝けるように 根強く生きるんだ

どこまでも探してる 一粒の涙を

目を閉じて 一つ呼吸をして

また 歩き出そう♪

凄く勇気を貰える歌詞にあのパワフルな歌声が癒し。

なんか懐かしい気分にさせて、昔を思い出して泣いてしまいます。

自分的な応援歌です。

 

 

3曲目もナイスなチョイスでまさかの「やさしい気持ち」でですよ。

なんなの今回のライブ?最高すぎやろ。

あなたがいて、わたしになる

幸せにはきっと、ひとりきりじゃたどり着けない

愛する人を抱きしめたい、わたしから

輝いて生きていこう

もう一度、やさしい気持ちで

もうなんでこんなに優しい言葉を使えるんだろうね、しほさんは。

思っててもなかなか言葉にできない事なんだけど、明日からやってみようと思うこの気持ちよ。

 

 

そして、4曲目の「GIFT」は最近好きなんですよね。

ほんと最近まで最新の曲聴いてなかったんで、めっちゃいい歌詞だなぁって思ってたら、スクリーンに歌詞が出てボロボロ泣けてしまった…。

この演出ずるいよねw

ほら涙を流すたび

心は錆びてしまうよ

心が錆びるって、この歌詞を見てセンスに脱帽した。

 

 

Beautiful」5曲目にこれを持って来るとは、30分でもうお腹いっぱいの感覚になりますよw

世界で一つの 輝く光になれ

私でいい 私を信じてゆくのさ

遠回りしても 守るべき道を行け

私でいい 私の歩幅で生きてくのさ

本当に芯の強い女性ですよね。言葉が一つ一つ響きすぎます。

 

ちなみにこの辺はずっと座って聴いてました

スタンドのステージに近い方は割と立ってる人が多いのですが、後ろに行くほどにほぼ座ってるので立ちにくすぎるわ。

Superflyの年齢層がかなり高いんですよね。

アラフォーから60歳以上まで普通に多すぎるので、座る位がちょうど良いみたい。

 

MCで空いてた時間にJazzにハマってる話からの「恋する瞳は美しい」のJAZZアレンジバージョン。

なかなかアレンジ効いてて面白いライブチューンになってました。

 

 

続く「Fall」も心地の良いJAZZっぽい曲ですよね。

立ってたらめっちゃ踊るのに座ってるの心地よくないわw

 

ここまで45分くらいで一旦衣装チェンジ。

虹色みたいなドレスから、真っ白なドレスに着替えてからの曲はなんと…

 

 

My Best Of My Life

大好きな1曲がやっと聴ける。

ただ過ぎ去って消えてった

足跡は無駄じゃないと

確かに心の中で生きてる

自分の人生を見つめ直す瞬間に、とても勇気を貰える歌詞なんですよね。

強い葛藤を持ちながらも、色々と悩んでた日々を許してくれたんです。

 

そして、Ambitiousよりカップリングの「氷に閉じこめて」を花道で特別なダンサー4人を入れての豪華な演出付きで演奏。

冬を想像させる光と白の演出が素敵でした。

そのまま花道で、1stアルバムのラストに入ってるI Rememberをアカペラでの独唱。

もう最初から最後までもう鳥肌モノでしたよ。あの大声量には感動しっぱなし。

今回のアルバム名である0は、+でも-でも無いフラットな状態になって思った事を色々と書いたみたいで、初期のこの曲をツアーでもやりたかったみたいです。

 

次の曲は初披露の新曲「Lilyの祈り」と言う曲。

この曲良かったので、早く歌詞見たいなぁと思いました。

そのまま一旦衣装チェンジで引いて、バンドの演奏タイム。

 

そこから登場した曲は「覚醒」ですよ。

この曲ライブになると果てしなくカッコ良かった。

もう照明と後ろのスクリーンの映像が合わさって、この日一番のライブ映えする曲になってた。

この曲絶対またライブでやって欲しいわ。

 

 

そして、イントロでと遂に椅子から立ち上がった「タマシイレボリューション

毎度ライブの沸点はこの曲にあると言って良いほどに熱くなる名曲。

もう知名度的にもB’zのUltra Soulに匹敵する感じですよね。

踊り狂った後はそのままダンスタイムは続く「Dancing On The Fire

最高に踊り狂う展開にやっと汗かけましたw

ライブは聴き惚れて泣いても良いけど、やっぱり踊れる時間もないとね。

 

 

そのまま「愛をからだに吹き込んで」に続くので、ここは大合唱しかないよね。

「Oh Oh Oh Oh Oh」と全力で客席から負けない様に熱いパワーを送る。

ライブ終盤で結構気持ちよく燃焼できました。

 

 

Good-Bye」が鳴ると気分的にもうライブも終わりかな?って気分になってしまう展開。

かけがえのないものを知るなら

生きることは悲しくない

結構悲しい歌詞なんですが、この言葉が確信を突いて思えるんですよね。

また早く逢いたいです。

 

ラストはしんみりせずに「99」です。

これドラマを見てないので歌詞の意味が良く分からないんですよねw

とりあえず、気分が盛り上がって本編終われて良かったです。

そのまま手拍子は鳴り止まずにアンコールのコールは盛大に続きます。

本編終わるのがちょうど1時間50分でした。

 

3分ほどでメンバー登場して、初めてステージ奥の段の高い所にしほさん登壇。

知らないイントロでしたが、新曲でした。

メロディーがちょっと素朴な感じです。

下に降りて来来ると、次の曲のインロトで盛大な拍手が鳴る。

 

 

はい。みんなが待ち望んでる花束です。

個人的には「輝く月のように」の方が圧倒的に好きなんですが、まだまだ一番人気なんですね。

大サビは客席に振って、もちろん大合唱。

この瞬間が一番みんな席を立ってたねw

 

曲が終わるとラスト1曲になりましたと、今月末から始まる朝ドラの主題歌「フレア」を披露。

ドラマ主題歌なのに結構地味な感じの曲でしたが、多分ドラマ見たら印象が変わるんでしょうね。

歌詞の感じとか見てても、あまり想像ができませんでしたw

とりあえず次のアルバムが楽しみですよ。

 

 

久しぶりにSuperflyのライブを観に行けましたが、やっぱり本物の中の本物のアーティストは凄すぎましたね。

歌声だけで感動出来る人ってなかなか居ないし、歌詞にここまで共感したり、心揺さぶられる事も無いですから、本当に好きなんだなぁと再確認できました。

沢山の曲の歌詞に救われて来た思い出を思い出しながら、1曲1曲を大切に噛みしめましたね。

本当に行けて良かったし、来週の大阪城も行けるなら行きたいくらいですよ。

それ位素晴らしいライブだったので、ぜひまたチケット争奪戦を頑張ろうと思いますw

ライブ・フェス専用の耳栓を使ってみたら耳鳴りがなくなった[レビュー]

2018.07.23

ライブ難聴にならない為にライブ用の耳栓をしましょう。

セットリスト

  1. Ambitious
  2. Wildflower
  3. やさしい気持ちで
  4. Gifts
  5. Beautiful
  6. 恋する瞳は美しい
  7. Fall
  8. My Best Of My Life
  9. 氷に閉じこめて
  10. I Remember(アカペラ)
  11. Lilyの祈り(新曲)
  12. 覚醒
  13. タマシイレボリューション
  14. Dancing On The Fire
  15. 愛をからだに吹き込んで
  16. Good-bye
  17. 99
  18. サンディ(新曲)
  19. 愛をこめて花束を
  20. フレア(新曲)

関連記事

スポンサーリンク