[2018年版]20~30代男女に本気でおすすめする人生を変える本10作品

 

30歳になった私のお勧めする20代に読んで良かった本10作品の紹介です。

20代は社会に出たり、新たな環境で挑戦する一番勉強の必要なタイミング。

そんな時期に誰もが経験する悩みや人間関係、恋愛、お金など色々と解決してくれる名書を選んでみました。

スポンサーリンク

20代男女に本気でおすすめする人生を変える本10作品

Pha「持たない幸福論」

会社にも属さずにシェアハウスで、のんびりと毎日を過ごす頑張らない暮らしを実践するphaさんの著書。

社会の荒波に疲れてしまい、生きていくのが嫌になった時に読んでみて下さい。

最悪こんな生き方でも生きていけると思うと楽になるでしょう。

周りを気にせずに生きるだけで、選択肢は増えるんですよね。

スティーブン・R・コヴィー キングベアー「7つの習慣」

これはAmazonのプライム会員ならタダで読める本なんですが、もう人生のバイブルと言って良いほどに学びの多い本です。

長い本なので要約してあり、ポイントのまとまってるマンガ本を読んで気に入ったら更に読み込んだら良いと思います。

時間のない現代人ならまんがでわかるシリーズは本当にお勧めです。

Win-Winを考える」や「自分のことを理解してもらう前に、相手のことを理解しようとする習慣」は人間として尊重していきたい部分です。

 

グレッグ マキューン「エッセンシャル思考」

そして、こちらもベストセラーの本ですね。

これも非常に学びの多い1冊であり、仕事やプライベートで時間に押しつぶされそうな人にお勧めな思考方法。

例えば「あれもこれもやらなきゃ」という場面でしっかりと自分の中での優先順位を作り、「本当にやらなきゃいけない事」を決めて集中する。

しっかりと仕事の本質や人間関係の本質を見抜いた上での行動を心がける事の大切さを考えるんですね。

全部やろうとするんじゃなくて、本当に大事なことだけに力を入れてみる。

大事なポイントだけ絞ってやるって事は、なかなか人間関係を複雑にしてしまいがちですが、無駄なことばかりに時間を使うと本当に終わらない事を延々やってしまうのでバッサリ辞めてみる。

MIYATAKE
人間最初は嫌味を言われるかもしれませんが、本気で結果を出せば言い返せなくなりますから

堀江貴文「好きなことだけで生きていく。」

行動する事の大事さや好きなことに没頭する事の大切さを教えてくれる1冊。

堀江さんの本は毎月の様に沢山出ますが、ほぼ書いてる内容は同じなのでゼロ多動力などの代表作を読んでも良いし、新書になってるこの辺りを読んでも良いと思います。

とりあえず気になったらやってみる事をどんどん増やしたいと思う。

今の時代はSNSによって誰とでも繋がれる時代。

どんどん自分の好きを発信したら良いんです。

ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」

社会人になって何故歴史?

しかも、めっちゃ長いわ!って最初は思ってましたが、時間が経てば経つほどにベストセラーで各所でイチオシ作品になってます。

これは一度読んでおかないとと思って読み始めると、人類の今存続してる意味や進化の過程で起こってきた革命によりどんな変化が起こり、今の形に成り立ったのかという事を現代と掛け合わせて書かれています。

これって今の世の中にも通じる部分が多いし、知っておいて損はない内容です。

国や宗教の話やお金の流れなんかは、特に参考になると思う

 

河合 雅司「未来の年表」

今を生きる若者でも知るべき未来の日本の姿が描かれてるショッキングな内容。

正直今からの日本には嫌でも避けては通れない人口減少とそれによる高齢化社会の構図が見えています。

そんな社会の未来が一体どんな姿になるのか、想像する以上に悲惨な姿があります

そんな遠くない未来の姿でもあるので、今からでも住む場所や生き方を考えておくと良いでしょう。

うだひろえ「誰も教えてくれないお金の話」

社会人になると自由になるお金によって、良い生き方が出来る方も悪い人生に転落してしまう人も居るでしょう。

お金って生きる上で最も重要となる部分なのに誰も正解を教えてくれないんですよ。

なんで学校で教えてくれないの?と思うほどに大切な事。

毎月お金がギリギリの生活を送ってる方や何故かお金が貯まらない人は、お金の習慣を学んで変えて生きましょう

ロバート・キヨサキ「金持ち父さん貧乏父さん」

お金の本が続きますが上の本が入門編であるとしたら、こちらは応用編であり社会の中での勝ち組と負け組を作る上での重要な事を教えてくれます。

なんで働かなくてもあの人はお金があるの?

なんでいつも暇そうなあの人はお金に困ってないの?

そんな身近に居る人は、実は資産を持って居るのかもしれません。

若いうちからしっかりと社会の仕組みを学んで、お金を生み出す為の本当の道を知ってください。

 

近藤麻理恵「片づけの魔法」

使えるお金が増えるとどんどん物が増えてしまう20代。

そんな時期に本当に必要なものを知る為にこの本を読んで欲しいです

いつか後悔する買い物やモノを持ちすぎる事で出来る負のスパイラルを知る事で、必要ないものがバッサリと捨てられて無駄な買い物が減るでしょう。

 

牧田 善二「医者が教える食事術」

お金も大事なんだけど、一番大事なのは人的資源であり自身の健康となります

お金がなくても、健康であればいつでも働けばいいのです。

人生100年時代と言われてる中で、本当にあなたは良い食事ができていますか?

食を学ぶ事で身近な病気になる事のリスクを減らして、より良い体づくりをする事ができます。

これ読んでから、飲み物選び方や白米の量が減りました

目から鱗が沢山です。

 

まとめ

 

20代は本を読んで、どんどん知らない知識や心に響く言葉をインプットするのが自分が大きく成長するコツです。

テレビやネットの浅い知識じゃなくて、しっかりとした教養を身につける為にも読書はオススメだし、大人になると社会の大半は勉強する事を辞めてしまうんです。

社会に出てからこそ勉強するのが生きるタイミングでもあるので、ぜひここでこれからの人生を楽しく過ごすための考え方に出逢って下さい。

 

関連記事

スポンサーリンク