ヨッピー「明日クビになっても大丈夫」会社辞めても楽しく生きれる

WEBライターとして活躍中のヨッピーさん初の著書「明日クビになっても大丈夫」を読みました。

破天荒で、面白い記事を書いてるヨッピーさんの本という事でとても期待の大きい1冊。

ビジネス書としても、自叙伝としても面白いとても濃い内容でした。

感想をどうぞ。

スポンサーリンク

著者:ヨッピーさんとは

「インターネットで一番数字を持っているライター」と呼ばれる。関西学院大学を卒業後、大手商社の会社員を7年間務めるも転勤の辞令をきっかけに退社。以来「オモコロ」をはじめとしたWEB媒体でバズ記事を量産。下ネタから身体を張った面白記事、最近では企業の広告案件や不正に対する追及記事なども書く。

twitter:@yoppymodel

blog:ヨッピーのブログ

感想 評価8/10

これはめっちゃ買いです。

面白すぎるし、学びの多い1冊。

そもそもヨッピーさんはブログやツイッターでかなりのファンを持ってるWEBライター。

どうやってその道筋を作っていったのかとても分かりやすく書かれています。

とにかく戦略的に仕事を行ってる方なので、フリーランスや目指している方は必読。

好きで仕方ないことを仕事にした方が断然強い

趣味でお金を稼ぐことなんて今の時代そんなに難しいことじゃ無い。

「嫌々やってるプロ」と「好きでしょうがない素人」が勝負したら素人が勝つであろう。

だから、「仕事になりえる趣味」を持った方がいいのだ。

そして、それが本業になればきっと大きな実績だって残せるであろう。

これすごい共感ですよね。絶対的に好きでやってる奴には勝てないですから。

趣味と仕事は別って良く言われていますが、今の時代副業なんて簡単に出来るので、まずは好きを主張してから、それをマネタイズできる手段を考えていけばいいと思う。

私の場合は既に仕事が一番好きなことであり、小学校の時から20年以上趣味以上でやって来た事を10年間仕事にしていますが、キラキラしてる奴少ないですからね。

チャンスって思ってる以上に沢山あると思います。

生産する趣味と消費する趣味の違い

ツタヤで映画を借りる「あー面白かった」←消費する趣味

映画を観た後に感想をブログや動画で紹介←生産する趣味

大事なのは満足して終わりにするんじゃなくて、何かしらの「アウトプット」を世の中に発信すること。

これって基本中の基本なんだけど、この当たり前って世の中の人の半分も無いんじゃ無いかと思います。

やったとしても続く人がほとんど居ないし、続けないから下手なまま年をとる。

大事なのは下手でもいいから数打てば結局上手くなるんですよね。

毎日素振りしてればヒットもホームランも打てるんです

ビジネスの世界は椅子取りゲーム

「儲かる椅子」を探して、誰もやってない事を始めよう。

これは当たり前に思えても、なかなか実践することが難しいこと。

当然空いていても「儲からない椅子」もあるわけで、見極めも大事だし、その市場やライバルを見直して戦略を立てることが大事なってきます。

ライバルに勝つために「ちょい足し」の技術

当たり前の価値に何かを足してやると誰もやってない凄い価値が生まれるんです。

普通の銭湯がもしおしゃれなカフェ空間になっていたらどうか。

「お風呂カフェ」という名のおしゃれな空間があったら行ってみたいですよね。

こうやって既存の価値にプラスして何かを足してやる事で、そこにしか無い新たな価値が生まれるんです。

これは成功する上で非常に重要な思考です。

勝てないと思ったらとっとと逃げよう

これ核心をついてるなと思った1つ。

強力なライバルが現れた場合は、実力次第ではその分野は諦めた方がいい。

「天才」は相手にするだけ時間の無駄。

次の「椅子」を早く見つけて頑張ろう。

他にもヨッピーさんらしい言い回しで、面白いネタ沢山書いてるので、とても分かりやすくて参考になることが多いと思います。

今の仕事が嫌になったとか、好きなことにチャレンジしたいと思う方は是非副業から初めてみましょう。

案外簡単に本業並みの収入があるかもしれませんよ。

Amazonのレビューもチェック

同じジャンルでおすすめ紹介

四角大輔さんのこれも簡潔で分かりやすい

現代のビジネスといえば西野さん。

これからの時代のキーパーソンになるであろう前田さん。

言わずと知れたホリエモンのベストセラーは読む価値あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク