Zepp Osaka Baysideへの梅田・新大阪・難波からの電車での行き方

最近大阪での若者向けのバンドのスタンディングライブは、「Zepp Osaka Bayside」での開催が増えてきましたね。

あの場所出来れば行きたくないんですが、好きなバンドが来るなら行くしかありません。

前回の記事で駐車場事情を書いてるので、今度は電車での行き方をご紹介します。

スポンサーリンク

大阪駅(梅田)からの行き方

どこから来ても大阪では必ずと言って良いほど通るであろう一番メインの駅。

買い物スポットも多いですし、時間潰すのに寄って行く方も多いと思います。

※オフィシャルのHPより

JRの場合

JRをご利用の場合は一番簡単で、環状線の「JR大阪環状線内回り・西九条・弁天町方面」に乗車して頂き、福島→野田と乗車して3駅目の西九条で下車

JRゆめ咲線」に乗り換えして、安治川口→ユニバーサルシティ→桜島と終点まで乗ります

所要時間:16分(乗り換え含む)

料金:180円

新大阪駅から

新大阪駅からの場合は「JR京都線」を使って梅田まで行くのが料金的に安く済みますし、乗り換えも遠くないのでお勧めです。

もし地下鉄利用であれば、「大阪市営地下鉄・御堂筋線の天王寺方面行」に乗って行く事も可能です。

ただこの場合は210円ほどJR使うより高くなります。

梅田からは上記と同じ「JR大阪環状線内回り・西九条・弁天町方面」に乗車して頂き、福島→野田と乗車して3駅目の西九条で下車

JRゆめ咲線」に乗り換えして、安治川口→ユニバーサルシティ→桜島と終点まで乗ります

所要時間:25分(乗り換え含む)

料金:220円

JR難波駅からの行き方

※オフィシャルHPより

ミナミと呼ばれる大阪の中心地である難波駅。

JRと地下鉄と南海線がありますが、全部地下で繋がってますのでJRでご説明します。

JR大和路線・柏原行 」に乗車して隣の今宮駅に行きます。

そこで下車して、「JR大阪環状線外回り・弁天町・西九条方面 」に乗り換え。

そこから芦原橋→大正→弁天町と乗車し、西九条で下車

JRゆめ咲線」に乗り換えして、安治川口→ユニバーサルシティ→桜島と終点まで乗ります

所要時間:30分(乗り換え含む)

料金:190円

桜島駅からの行き方

桜島駅からは歩いて3分程度の場所になります。

駅からでて左に進むと信号があるので、横断歩道を渡るだけ。

ライブの日は3000人もの人が訪れるので、この駅で降りる人に着いて行けば間違いありません。

大阪市内からは30分もあれば到着

思っているほど大阪市内からのアクセスは悪くありません。

会場の周りにはUSJ以外何もありませんのでUSJに行く予定がなければ、市内で観光や買い物をしてから、開場時間や物販時間に合わせて会場に行かれるのがお勧めです

コンビにすら歩いていくには5分以上掛かります。

ペットボトルや軽食なども事前に準備されているほうが無難だと思います

帰り道を急ぐなら早めに出よう

帰り道は3000人が一気に放出されて、駅に向かいます。

当然あの小さな駅と一方通行の電車のキャパでは、長蛇の列となります。

時間も遅いので、便数も少ないタイミング。

遠征とかで来られて、帰りを急ぐ方はアンコールなどのタイミングを使って、先に帰りましょう。

USJ方面に向かってタクシーを使う手もあるので、急ぐ方は頭に入れておいてください。

電車で行く際にロッカー数に注意

後ろでゆっくり見たい方なら全くもって問題ありませんが、前方へ行きたい方は荷物が邪魔ですよね。

当然コインロッカーがあるわけですが、なんと会場のキャパの1/3位の数しか用意されてないんですね。(約1100個)

整理番号が遅い方や開園時間遅れて行かれる方は要注意です。

特に冬場は着込んでいて、荷物も多いので余計に無駄な悩みが増えてしまいます。

車で行く方は駐車場が少ないので要注意↓

ライブやフェスの物販で買うべきグッズの勧め(体験談)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク