町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」を読んだ感想レビュー 心に残った名言

 

町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」を読みました。

優しそうなクジラの表紙とは裏腹な、親に裏切られた子供の壮絶すぎる生き様を描いたとても悲しく、切ない作品でした。

感想や心に残ったフレーズをどうぞ。

スポンサーリンク

町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」を読んだ感想レビュー 心に残った名言

町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」あらすじ

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。

たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。

そのため、世界で一番孤独だと言われている。自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。

孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会い、新たな魂の物語が生まれる―。

感想評価 6/10

「でもこのクジラの歌声は52ヘルツ。あまりにも高音だから、他のクジラたちには、この声は聞こえないんだ」

本屋で大々的に展開されてて、辻村さんとか三浦さんとか、凪良さんとかのお勧めと書かれて興味を持った作品。

どんなクジラの話かと思って読み出したら、親に虐待を受ける子供の辛い話。

もう胸が苦しくなる様な辛すぎる展開の連続・・・。

途中で本を投げ出したくなる気分なんだけど、なんとか頑張って読みきった。

最後に確かに光はあった。

救いはあるけど、物語としては終始暗い気持ちにさせられる哀しさが詰まってる悲痛の人間ドラマ。

 

こんなに寂しいのはきっとわたしだけじゃない。

この声は誰かに届いてると信じるだけで、心が少しだけ救われた。

あの時の私は、52ヘルツの声をあげていた。

想像と違いすぎたSOSの物語は、深海に閉じ込められて息ができない気持ちの様でした。

仲間に届かないクジラの声の様に閉じ込められた人間も届かないSOSを発している。

 

「わたし、お母さんが大好きだった。大好きで大好きで、だからいつも・・・・いつも愛して欲しかった」

再婚相手の親から愛情を注がれず、実の母親からも見放されてしまった娘の悲痛。

トイレに閉じ込められるシーンだけで胸が痛かった。

 

「水疱瘡やおたふく風邪と同じでな、小さな子供の内に覚えておかなきゃならんことを大きくなって知るのは、ものすごくしんどいもんよ」

平気で子供を放置する親の家庭環境。

苦労を知らない子供は、親になって気持ちがわからないのだろうね。

 

「ひとというのは最初こそ貰う側やけんど、いずれは与える側にならないかん。

いつまでも貰ってばかりじゃいかんのよ。親になれば、尚のこと。」

おばあさんの名言。

人として大事なものを忘れてはいけないと深く思いました。

 

「どんなに遠く離れたところにいても、自分に向けられた思いを感じるってすごいよね」

たったの250ページに詰まってる作者の想いが強すぎて、簡単に言葉にできないのがもどかしい…

すごく表現も、描き方も上手いんだけど、あまりにも不運が詰め込まれすぎてて読んでて心が疲れました。

特にクソ野郎と、それにつけ込まれてのこのこと信じてしまう主人公・・・。

 

レビューもチェック

お得に本を読むならこれがお勧め

ブック放題

Kindleで月額980円払ってるUnlimited並みに作品多いので、結構コスパがいいですね。

今ならお試しで1ヶ月無料でお試しができます

Kindleunlimited

Amazonの月額制の読み放題Kindleunlimitedも使ってます。

こちらは、小説だったり、実用書も多いので、1~2冊お気に入りが読めたら月額980円が安く感じられます。

立ち読み感覚で雑誌の斜め読みしたり、好きじゃなかったら適当に止める事にも罪悪感ありません。

こちらも最初の30日は無料で読めますので、ぜひ登録して下さい

 

関連記事

スポンサーリンク