AT-PL300を初めてのレコードプレイヤーに購入した5つの理由

前回の記事でご紹介した「アナログレコードを購入した理由」に続き、実際に購入したレコードプレイヤーと購入までの経緯をご紹介します。

スポンサーリンク

初めて買ったレコードプレイヤーの話

オーディオテクニカ「AT-PL300」

実売価格1万円を切るレコードプレイヤーです

私は、ヨドバシカメラでポイント値引きで約9000円で購入できました

カラーは黒の他に白のモデルもあります。

でも、カメラと同じでやっぱり黒でしょう的な感じで黒をチョイス。

家具が白が多い部屋なので、モノトーンの感じで落ち着いた雰囲気になります。

購入に至った経緯をご紹介しますね。

1万円を切る初心者にも優しい価格設定

まずは何よりも価格です。

と言っても私の普段使ってるオーディオ機器が安いわけじゃないんですね

イヤホン・ヘッドホンの1~3万円の中価格帯を5個所有していて、スピーカーもBOSEの4万円クラスを使ってたりと別にケチな訳じゃないんです。

この辺りは沢山の経験での良し悪しを知った上での購入なんですが、レコードに関しては全くの初心者なんですよね

まずレコード自体を使った事無いわけですし、1枚も持っていない(笑)

これが続くか分からない未知数なので、とりあえずエントリーモデルを選んだ理由です。

フォノイコライザー機能内蔵

フォノイコライザー」意味分かんない単語が出てきましたね。

私も調べてる時に何だろ?と思ってました。

フォノイコライザー」は、アナログレコード特有の録音方式を変換する機能らしく、昔はアンプに内蔵されたものがあったようですが、CDに変わってからはその必要が無くなってしまい変換機みたいなのを単品購入しないといけないらしいです。

そんなもの要らんと言う方には嬉しい内臓機です。

ちなみに「フォノイコライザー」は安いのでも、6000円位します。

出力は持ってるスピーカーで鳴らせる

普段はDAPやPCを通して音楽を聴くのですが、スピーカーはBOSEの物を使っています。

入門機のレコードプレイヤーにはスピーカー内蔵型の物がありますが、どうせなら普段のスピーカーで聴きたい願望がありました。

この「AL-PL300」はスピーカーやコンポにアナログのAux入力かPhono入力があれば挿すだけで音が出ます。

つまり普段から使ってるオーディオを生かしながらレコードの音を楽しめるんですね。

部屋のインテリアにも使える優秀なデザイン

安価なものを買うと残念な質感だったりしますが、これは意外とクラシカルでどんな部屋にもマッチします

でも、白色の方は正直合わせ難いですし、レコードに合わない感じがあったので、買うなら黒をお勧めします

サイズ的にも幅360×奥行き357×高さ97mmと結構コンパクト。

リビング以外でも、キッチンやPCディスクなど普段の生活の一部として使い易い大きさです。

フルオートでボタン一つで簡単再生

再生するのは「START」ボタンを押すだけ。

針を置く作業すら必要ありません。

初めてでも何も迷う事無くレコードを再生することが出来ます。

必要なのはレコードの盤面のサイズを設定する事。

30cm(12インチ)/17cm(7インチ)をスイッチで切り替えます。

回転数は33回転と45回転を選べます。

33回転はLP(アルバム)、45回転はEPが一般的みたいです。

ちなみにスピーカー内臓ならこちら

インスタでもよく見かける「ION」のこちら。

これはスピーカーまで着いているので、レコードさえあればどこでも聴けちゃいます

お洒落なデザイン性も相まってamazonでも常に1位のアイテムです

しかも、CDに焼いたりスマートフォンなどに取り込むことが可能なんですね。

スピーカーは必要無かったのでこれは外しましたが、オールインワンをお探しの方にはお勧めです

タワレコなどのCDショップでも必ずと言って良いほど置いてあるので、意外と購入の敷居が低いのもポイント。

実際に観ると結構でかいのでサイズだけは注意です

日本のメーカーならDENON

同じ値段帯ならDENONもあります。

日本の老舗メーカーなので安心して使えそうです。

こちらも「フォノイコライザー」機能が内蔵されてますので、お持ちのスピーカーやコンポで聴く事が可能です。

レコードライフをスタートしましょう

機器選びに迷ってしまって諦めるのは勿体無いほどレコードは魅力溢れるアイテムです。

ぜひお手軽な値段でゲットして、お気に入りの音楽を楽しみましょう。

CDやデジタル音源とは違った温かみや聴き味を楽しめるレコードライフは、本当にクセになること間違いなし。

あの音源もレコードで欲しくなる程に魅力を感じてもらえると思います。

レコードをインテリアにしております

レコード好きにはこんなイベントもあります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする