辻村深月「ぼくのメジャースプーン」感想 愛する人を守る為に何ができる?

久しぶりに辻村作品の続きを読み始めました。

本当なら去年全部読むはずが、6作品くらいしか読めませんでしたからねw

今回は、「ぼくのメジャースプーン」と言うタイトルからは想像できないお話です。

スポンサーリンク

辻村深月「ぼくのメジャースプーン」

あらすじ

ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に1度だけ。これはぼくの闘いだ。

感想 評価8/10

前に読んだ「冷たい校舎の時は止まる」から「子供たちは夜と遊ぶ」の2作で完全に休憩したくなった辻村作品。

途中短編集などを挟んでの、久しぶりの再会が本書となりました。

読み始めから今作はとっつきやすくて、ペース早めに章が区切ってあるので毎晩1章読んでも2週間掛からないです。(これ位なら普段2日あれば読めるけど、辻村ワールドは噛み締めたいのでゆっくり読みます。)

ほのぼのとした小学生の学校生活が語られる物語の序盤から、なんとなく良い空気感でこのあと不幸が訪れるのは信じられないなぁと思ってたら、悲劇はやって来ました。

これって実際にあった話をモチーフにしてるのかどうかは分からないけど、実際にあってもおかしくないような残酷な事件を元に心を閉ざしてしまう女の子。

信じられない位のことを平気で書いて、そのリアルさがまた憎たらしいほどあるんですよね。

そこで主人公にある力があった事に気付いてしまい、それで犯人を自分の力で罰してやろうと言うのがこの物語になってます。

これ小学生であるのが凄い違和感があるのだけど、アキ先生との会話での友達を守る為に自分にできる最善の手段を考える会話はとても考えさせれる訳です。

こう言った話には本当に答えは人それぞれ違うわけで、人は弱いわけで、自分勝手なわけで、話はまとまらないんですが、作者はそこに逃げずに覚悟を決めて書いてます。

この言葉の重さにはとても感動させてれて、最後のぼくの行動がすべてだったんじゃないのかな。

でも、そこは正直驚きのラストでしたね。

書き終えるまで決めていたのはただ一つ、<逃げない>ということ。――私の自信作です」――辻村深月

作者の言葉の通り素晴らしい作品です。

正直重い内容なんですが、人は命ある限り色んな命を奪って生きているので、その価値を改めて考えながら生きていきたいなと再確認できる本。

ぜひ辻村さんの作品に興味がある方はおすすめです。

レビューもチェック

関連記事

[2018年版] 辻村深月 全作品一覧を順番に紹介(新作随時更新)
直木賞作家の辻村深月さんの作品を刊行順にご紹介。作品ごとに共通するキャラも居るので読む順番にも注意して見てください。感想を交えて、全作品をご紹介します。
辻村深月「凍りのくじら」を読んでの少し感想 ドラえもん好きになる
久しぶりに初めましての作家さんの物語にお邪魔しました。「辻村深月」と言う名前は良く知ってましたが、なかなか読む機会に巡り合わなかったんですね。読んでみると驚く位に自分好みの独特の世界観を持った作家さんだったので感想をご紹介します。
辻村深月「スロウハイツの神様」を読んでの感想 泣ける夢見る青春物語
先日の「凍りのくじら」に続きまた辻村深月さんの作品を読み終わりました。ハマってしまうと掘り下げてしまうタイプなので、なかなか横に広がらずどんどん同じ作者の作品に浸ってしまいます。「スロウハイツの神様」も長いけど、じっくり読めば号泣のラストが待っています。ほんとに感動して泣けます。
辻村深月『冷たい校舎の時は止まる 』の小説を読んでの感想レビュー
辻村深月さんのデビュー作「冷たい校舎の時は止まる 」を読みました。先月読んだ「凍りのくじら」「スロウハイツの神様」に続き3冊目の辻村作品。今回も期待を裏切らない内容でしたが、少しマイナスポイントもあったので詳しく感想でご紹介します。
辻村深月「子どもたちは夜と遊ぶ」を読んだ感想
久しぶりの辻村作品は「子供たちは夜と遊ぶ」を読みました。冷たい校舎に続き、かなりの長編モノ。それでは感想をどうぞご覧ください。
辻村深月「鍵のない夢を見る」を読んだ感想 直木賞作品
辻村深月さんの直木賞受賞作品「鍵のない夢を見る」を読みましたので感想をご紹介。辻村さんの作品はとしては4作目の読了になります。女性らしい目線と独自の視点と切り口で魅せる短編物語には、とても共感して全作品読む予定で読み進めています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする