年間200冊以上買う読書ブロガーが実践する本を安く買う・読む6つの方法紹介

 

私は年間200冊以上の本を買います。

小説や実用書だけでも去年200冊以上購入し、漫画も含めると300冊とか読んでたりします。

そんな私の実践するお得で安く本を読める方法を紹介します。

スポンサーリンク

年間200冊以上買う読書ブロガーが実践する本を安く買う・読む方法紹介

月に20冊くらい買ってます

 

一応読書ブロガーであり、インスタの読書アカウント(macco__1986)もやってますので、本はほぼ毎日の様に読んでます。

大体時間にして、1日平均2時間程度の読書時間。

少なくても、2日に1冊は読んでる計算です。

本を買う量は、大体月に少なくても10冊で、多ければ20~30冊ほどの本を買います。

少なくても5000円~15,000円は本代に消えてしまうのですが、あまりに本を読むので本の買い方はかなり工夫しています。

そんな私の本を安く買う為の買い方はこちら。

  • ブックオフの108円の棚を探す
  • メルカリのまとめ売りを探す
  • Amazonのプライムリーディングを使う
  • Amazonのkindle Unlimtedの読み放題を使う
  • Amazonのkindle本セール情報で探す
  • 新品を買ってメルカリですぐに売る

1.ブックオフの108円を利用する おすすめ度:★★★

 

みんな大好き中古書店「ブックオフ」の108円の棚はもうお友達です。

ブックオフに入ったらまずチェックするのがこちらですね。

この棚にある本は数パターンあって、最新であってもお店の在庫過多になってる本に関しては、こちらに並んでる可能性も高いです

特に小説であれば、映画化したり、賞を取った入りしたヒット作なんかもここに沢山並んでいます。

欲しい本があれば、まずここをチェックするのが基本です。

あと注意して欲しいのが、お店によって並んでる内容が全然違います。

複数の店舗を回る時間があれば、色々とチェックして下さい。

A店では400円くらいでしか売ってなかった本も、B店に行くと108円で売ってる可能性も高いです。

あくまでもそのお店での人気と在庫状況によるので、その時のお店の状況によって在庫の値段はかなり変わってますよ。

 

2.メルカリのまとめ売りを探す おすすめ度:★★★

 

メルカリで本を買う時に使いたいのが、まとめ売りの本ですね。

出品者としては、まとめて本が処分できて、送料もまとめられるので楽なんですよね。

買う側としても、まとめて本も手に入るし、読んだ事のない本や知らない名作に出会えるチャンスだったりします。

写真の様に1冊100円程度で購入できる様な本が沢山出品してあるので、気になる本のタイトルや作者で検索してみましょう。

3.Amazonのプライムリーディングを使う おすすめ度:★★☆

Amazonのプライム会員であれば無料で本が読む事が出来ます。

プライムリーディングというサービスですが、プライム会員になれば誰でも利用できるサービスです。

読める本は小説から、雑誌・漫画まで数百冊のタイトルから選べます。

電子書籍であるkindleでの読書は、思った以上に捗るので使った事ない方には特にお勧めします。

4.Amazonのkindle Unlimitedを使う おすすめ度:★★☆

上のプライムリーディングとは違って、有料になりますがなんと和書で12万以上の本が月額980円で読めるサービスがkindle Unlimitedと言う電子書籍のサービス。

正直プライムリーディングは、数ヶ月で読みたい本がなくなるんですよ。

そんなことを思ってると、kindle Unlimitedのお勧めは結構良いのが沢山あって、1度はじめてみたらもうお得すぎて毎月購読しています。

だって980円でも、実用書1冊買えないですからね

そう考えると本1冊以下の値段で使える定額サービスはかなりお得です。

特にお勧めなのが、雑誌や漫画ですね。

私的には、スマホのkindleアプリでDLしておいて、スキマ時間に読む事が多いです。

これ使いだしてから、本屋で雑誌の立ち読みする事が無くなりましたね。

5.Amazonのkindle本セール情報で探す おすすめ度:★★☆

本て普通はセールが無いのですが、電子書籍に関してはかなり頻繁にセールが行われています。

Amazonのサイトにて確認できますが、30~70%OFFは結構頻繁にあり、中には期間限定無料で読める漫画とかもあるくらいです。

毎週の様に出版社別のセールがありますので、ぜひマメにチェックすると良いでしょう。

正直、実用書や自己啓発の人気作品もかなりここに登場しますので、新刊も50%OFFとかで買える時もありますよ

 

 

kindle本は、kindleアプリを使ってスマホで読む事も可能なので、いつでもどこでも読めるのが最大のメリットです

読んでる情報は共有されるので、バスや電車での移動時にはスマホで読んで、家に帰るとkindleで読むって事も可能ですよ。

6.新品を買ってメルカリですぐに売る おすすめ度:★☆☆

 

新刊に関しては、かなりお勧めの読書方法です。

新刊を発売日付近に購入して、すぐに読了します。

そして、そのまま定価から50~100円程度の金額を引いてメルカリに出品しましょう

ある程度の知名度な作品なら、その程度の価格でも販売できます。

手数料と送料入れても、3~400円程度で読めるので新刊がとにかくすぐに安く読みたいって方にお勧めですね。(主に単行本)

番外編

図書館で借りる

古い本なら良いですが、新刊に関してはかなり待つ期間があります。

気長に待てる方にはお勧めです。

個人的に本に清潔感がないので、あまり好きではありません。(タバコ臭いとか最悪です)

 

ブックカフェで読む

 

これは買ってませんが、その場で読める程度の本ならコーヒー1杯程度の金額で本が楽しめます。

気に入ったら買いましょう。

ブックアンドベッド みたいな泊まれる本屋もありますよ。

まとめ:上手く使って好きな本を沢山読みましょう

 

本好きなら新刊や名作を沢山読みたいですよね。

お金を掛けずに沢山読む方法は、色々とありますので自分にあった方法を見つけて読書を楽しみましょう。

関連記事

スポンサーリンク