「 小説 」一覧

恩田陸「蜜蜂と遠雷」の感想 直木賞&本屋大賞W受賞の快挙作品

恩田陸「蜜蜂と遠雷」の感想 直木賞&本屋大賞W受賞の快挙作品

直木賞と本屋大賞をW受賞した話題の本と言う事もあり、久しぶりに恩田陸さんの本を買ってしまいました。「蜜蜂と遠雷」は、500Pもある分厚い小説ですが、休む暇なくなんと半日で読了。ノンストップエンターテイメントと勝手に名付けたくなるほどに面白い物語でしたので感想をご紹介します。

2017年版 東野圭吾 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新) 

2017年版 東野圭吾 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新) 

東野圭吾さんの大ファンの私は全作品を読みました。備忘録の意味も含めて全作品リストを刊行順に並べて整理しましたので、読んでいない本のチェックに参考にしてみて下さい。並べてみるとなんと90冊オーバー。使った時間とお金以上の驚きや感動を頂きましたね。感想レビューも随時更新。

辻村深月「スロウハイツの神様」を読んでの感想 泣ける夢見る青春物語

辻村深月「スロウハイツの神様」を読んでの感想 泣ける夢見る青春物語

先日の「凍りのくじら」に続きまた辻村深月さんの作品を読み終わりました。ハマってしまうと掘り下げてしまうタイプなので、なかなか横に広がらずどんどん同じ作者の作品に浸ってしまいます。「スロウハイツの神様」も長いけど、じっくり読めば号泣のラストが待っています。ほんとに感動して泣けます。

東野圭吾の泣ける小説ベスト10作品紹介 手紙・赤い指・秘密など

東野圭吾の泣ける小説ベスト10作品紹介 手紙・赤い指・秘密など

東野圭吾さんの全作品を読んだ私の選ぶおすすめ紹介。今回は泣ける感動の作品に絞ってみました。東野さんの小説は初期の頃こそ本格ミステリーが多かったのですが、中期からは人の心に訴えかける切ないお話や社会派のテーマが増えてきました。そんな名作の中から選りすぐりの10冊をランキング形式にして感想をご紹介。

今野敏「隠蔽捜査」シリーズのおすすめ 青島刑事もビックリの警察小説!

今野敏「隠蔽捜査」シリーズのおすすめ 青島刑事もビックリの警察小説!

小説の中でも本格ミステリーの次に好きな警察小説。ドロドロとした組織で描く人間模様や男らしさ全開の刑事など、色んなタイプが見受けられる警察小説の中でもかなり異質な物語を描いている今野敏さんの「隠蔽捜査」シリーズの魅力を感想を合わせて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク