雫井脩介「クローズドノート」感想 人を好きになる気持ちに感謝できる泣ける物語

 

先日読んでかなり好みだった雫井脩介さんの「クローズドノート」を読了。

これ映画化した時に話題になってたのは覚えてましたが、まさか作者が雫井さんだとは買ってから知りました。

ミステリーチックなタイトルだったのですが、めちゃくちゃ泣ける感動の小説でした。

感想をどうぞ。

スポンサーリンク

雫井脩介「クローズドノート」

あらすじ

堀井香恵は、文具店でのアルバイトと音楽サークルの活動に勤しむ、ごく普通の大学生だ。友人との関係も良好、アルバイトにもやりがいを感じてはいるが、何か物足りない思いを抱えたまま日々を過ごしている。そんななか、自室のクローゼットで、前の住人が置き忘れたと思しきノートを見つける。興味本位でそのノートを手にする香恵。閉じられたノートが開かれたとき、彼女の平凡な日常は大きく変わりはじめるのだった―。

感想 評価8/10

前回読んだ「犯人に告ぐ」が面白かった雫井さん。

今回もミステリーかな?と思って買ってみた「クローズドノート

映画化した時にエリカ様が主演だったのは覚えてるのだけど、内容は知らなかった。

もしかしたらホラーかも?と思ってたら、なんと恋愛小説。

しかも、とても素敵なお話であり、ラストは涙が止まらなくなったよ…

かなり早い場面でラストの展開は予想できるんだけど、そこを抑えていてももう涙がポロポロ。

 

雫井さんの人物描写力がかなり深くて、日記を通して語られる物語が、かなり立体的に見えてきてほんとに素敵なんですよね

こんな先生に出逢いたかったと思える展開です。

主人公の恋の行方と先生の恋の行方の先にある、悲しくも儚い物語の真実に涙してください。

MIYATAKE
人生の中で人に出会って、好きになるってこんなに素敵な事なんだね…(涙)

レビューもチェック

関連記事

スポンサーリンク