CORKCICLE(コークシクル) キャンティーンを1年使った感想レビュー マイボトル

水分を摂ってもどんどん無くなって飲料代の掛かる時期。

節約の為にマイボトルを10年位使ってるのですが、去年デザインと使い易さの合わさった最高のモノに出逢いました。

フロリダからやってきたコークシクルと言うメーカーの「キャンティーン」と言うボトルです。

スポンサーリンク

CORKCICLE

アメリカではペットボトルは年間約500億本生産され、回収率は約31%、リサイクル率は約21.6%に留まり、日本でもペットボトルは年間約250億本生産され、約93.4%の回収率とや約82.6%のリサイクル率で世界最高水準を維持していますが、毎年たくさんのペットボトルがゴミになっています。CORKCICLEは自分たちが環境に対して何が出来るか?という事を考えた時、ペットボトルを買う人がマイボトルを持ち変えてくれたら少しでもゴミを減らせるのではないか?CORKCICLE CANTEENを開発しました。

※メーカーHPより

コークシクルはアメリカのメーカーで、いかにゴミを減らせるかをテーマに開発されたマイボトル。

初めて見た時「超おしゃれ」って思って衝動買いしました。

確か出張で行った福井のホテルの近所にあるショッピングモールだったはず。

3種類のサイズ

9oz こちらを使用しています

サイズ:直径7.5cm 高さ19cm
口径:直径4.2cm
容量:270ml
素材:本体/ステンレス, 蓋/ポリプロピレン, パッキン/シリコンゴム
重量:280g

16oz / 470ml

サイズ:直径8cm 高さ24.5cm
口径:直径4.2cm
容量:470ml
素材:本体/ステンレス, 蓋/ポリプロピレン, パッキン/シリコンゴム
重量:400g

25oz / 750ml

サイズ:直径9cm 高さ29cm
口径:直径4.2cm
容量:750ml
素材:本体/ステンレス, 蓋/ポリプロピレン, パッキン/シリコンゴム
重量:510g

メリット

1.デザイン性が良くカラーが豊富

この持ち易くて見た目もスタイリッシュなフォルムは独特で、日本で売ってるどのマイボトルよりもお洒落です

下に向かって細いので、とても持ち易いんですね。

しかも、カラーバリエーションもとても豊富で、公式HPを見る限り1種類で10色ほどのPOPなカラーがあります

日本のメーカーだと形もカラーも地味で嫌なんですよね。

2.保温力は十分

マイボトルで気になる部分の一つで、最重要と言っても良い部分の保温力。

メーカー情報では保冷は25時間。保温は12時間。

同じ海外モノのクリーン カンティーンよりは確実に保温力あります。

ただ日本製のモノはもう少し優れてるんですよ。

ただ270mlと言う内容量を考えると必要十分の保温力がありますね。

3.漏れにくい構造

結構マイボトルってパッキン構造のものが多く、劣化してくると高確率で漏れますね。

コーヒーとか入れて、カバンの中インは無理です。

一度、革の財布がベットベトになる恐怖の体験をしましたからね

キャンティーンはプラスチックの長めの蓋の構造なので、今の所漏れたことがありません。

4.洗い易い

構造が蓋と本体しかないので、とっても洗うのが楽なんですよね

よく出張先で使う事が多いのですが、洗い流すだけで臭いもそんな残らないのでかなり重宝しています

日本のメーカーのものは良く出来てる分、分解するとパーツが多いのでめんどくさいです。

5.ドリンクホルダーに入る

海外モノってクリーン カンティーンみたいに日本車のドリンクホルダーに入らない太さだったりします。

でも、これは下が細くなってるので「安心して下さい!使えますよ」

それだけで一気にハードル下がります。

だって車で飲めない水筒なんて要らないですもん。

デメリット

1.塗装が剥げる

当然デメリットもあるんですが、結構普通に使っても塗装剥げます

POPなカラーの分目立つのですが、こればかりはステンレスのカラーを買わない限り無理でしょうね。

でも、クリーン カンティーンも同じくらい剥げますから。

2.自重が重い

3層構造で保温力があるという事はその分自重が重くなります。

正直日本のメーカー頑張りすぎて、この辺りのバランスが凄すぎる位に魔法瓶って軽いんですよ。

だからこれの470mlとか重すぎて買う気しませんでした。

お勧めは9oz・270ml

絶対的に使いやすい270mlをお勧めします。

お茶とかコーヒーとかにちょうど良いサイズです。

これより大きくなるなら

カンティーンの16oz

サーモスの500mlをお勧めです。

サーモスの軽さと保温力のバランスはどれも勝てないので、大容量を持ち歩くときは絶対コイツ

カンティーンはカラビナでぶら下げられるので、アウトドアや街歩きに使いますね。

これから外でのイベント事も増えますし、毎日のドリンクの持ち歩きにマイボトル使い分けて楽しいライフスタイルを過ごしましょうね。

マイボトルを持つ意味

正直コンビニも自販機も街の至る所にあるので、「わざわざ持ち歩かなくていいじゃん」って声が聞こえそうですが、駄目ですねそんな人は。

1日150円のペットボトルを20日買ったとしたら

1ヶ月 150×20=3000円

1年 3000×12=36000円

なんと1年で36,000円の節約

これってボトル代4000円出したとしても3万円以上節約できるって事ですよ。

超お得ですね。

特にお茶や水なんていう物は、買うだけ勿体無いので絶対持ち歩きましょう。

クリーン カンティーンの使い心地はこちらです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする