池井戸潤「銀翼のイカロス」感想レビュー 半沢第4弾の敵はカネと政治だ

先日の花咲舞が黙ってないに続き、同時購入した「銀翼のイカロス」を読み終わりました。

大人気シリーズ半沢直樹第4弾の文庫化という事で、やっと読めると思う位に楽しみでしたね。

感想をどうぞ。

スポンサーリンク

あらすじ

半沢直樹が帰ってきた!
今度の敵は政治家だ!

出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。だが折しも政権が交替。新政権の国土交通大臣は野心にみちた女性閣僚は帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、半沢たちに巨額の債権放棄を要求してきた。
500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない! だが相手が大臣ではさすがの半沢も容易に突破口を見いだせない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何があるのか? かつて半沢と舌戦をくりひろげた「金融庁一の嫌われ者」、オネエ言葉の黒崎駿一の思惑もカラみ、銀行に隠された大きな闇も見え隠れする。
果たして半沢の運命やいかに?

感想 評価9/10

いやー400Pのなかなかボリュームのある物語なんですが、ページをめくる手が止まらないんですよ(笑)

流石は、半沢直樹と言った感じで勢いがスゴイ。

芯は曲げないし、駄目な事は駄目と言って真っ向対立。

それがどれだけの権力者だろうが屈する事なく、ズバズバと物を言ってくれるので読んでて気持ちが良いんですよね。

流石現代の水戸黄門的作品。

倍返しだ」と出た瞬間に勝利を感じてしまいます。

まぁこんな話は過去3作品でも同様の事なのですが、毎回同じ気持ちにさせられるんですよね。

とにかく読後感がスッキリ。変なモヤモヤが残らないのが良いです

本来は帝国航空への融資が目的でしたが、そこに政治が絡んで来てアホな政治家達との債権放棄戦いが主になり、その過程で露わになる旧東京第一銀行の不正融資問題。

いつも通り小物のアホ達が沢山登場しますが、いつも以上に人物像がはっきり見えてしまいましたね(笑)

今回初めて登場した審査部の富岡は、秘密を匂わせる感じで、刑事ドラマで言えば所轄の万年警部補ってイメージだったんですが、最後に見事裏切られました。

これドラマになるなら相当重要キャラですよね。

ちょっと話がでかくなり過ぎて来た感じもあるので、次回は一体何と戦うのか予想できませんが、更なるスケールアップを期待したいです。

中野頭取お疲れ様でした。

Amazonのレビューもチェック

池井戸潤 全作品リスト



読書するならKindleお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク