KEEN サンダル「ニューポート H2×グラビティフリー」購入レビュー 2017年新色コラボ

この夏用のサンダルにキーンのNEWPORT H2 × GRAVITYFREE(ニューポート H2 × グラビティフリー)を購入しました。

実はNEWPORT H2は2年前から履いてたので2足目の購入になります。

本当はユニークを買う予定だったのですが、その予定変更した理由も含めてお勧め理由をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ニューポート H2 × グラビティフリー 購入レビュー

なぜ2足目を購入したのか?その理由は

NEWPORT H2(ニューポート エイチツー)は、2003年に誕生したKEEN創業モデルNEWPORTの優れた機能はそのままに、水分を吸収しにくく、より軽量な素材でつくられた人気No.1ハイブリッドサンダルです。アッパーにはアッパーには水や汚れに強く、防水効果の落ち難いポリエステルを使用。足裏の形状に合わせて立体成型されたEVAフットベッドが、足に心地良くフィットします。あなたの足にハイブリッドフットウェアの真髄を。

※KEEN HPより

タフなサンダルですがハードに使っていると段々と縫い目がぼろぼろになってきたり、ソールが磨り減ってきたりします

そもそも2年も履いてるニューポートH2とは、サンダルを越えた履き心地を持ったハイブリッドなサンダルです

感覚的にはブーツみたいにソールが分厚く、長時間歩いても疲れないし、水陸両用なので夏に超使い勝手がいいんですよ

詳しくはここに書いています。

早い話使い勝手良すぎて、ローテーションで長持ちさせようと2足目買ったんですよね。

靴は毎日同じの履くとすぐに駄目になります。

2-3足のローテーションで休ませながら履くと長持ちする度合いがぜんぜん違いますからね。

購入はKEEN直営店で試着する所から

それでローテーション用にニューポートH2か最近人気のユニークを買おうと直営店に行きました。

いつも行くのが梅田の大阪駅直結で行けるALBIにあるKEEN直営店

直営店のメリットは在庫の豊富さで比べられるのと限定モデルが買える事。

店員さんは専属なので知識もあるので悩んでる時は的確に教えてくれます

ユニークと悩みまくった

買いに行くまでは8割ユニークを買うつもりでした。

とりあえず試着させて貰って気づいたのが凄く自由度の高い靴

2本のコードで編んであるのでサンダルに近い感覚で包み込んでくれるのに履いてる感覚は靴なんですよ

フワフワしてなんか凄い気持ちがいいです。

しかも、ニューポートH2よりも軽いんですよね

ただ靴の感覚ゆえにつま先を誤ってぶつけた時や踏まれた時にどうしようもなく痛い事に気づいてしまったんです

しかも、ソールがニューポートH2と違ってアウトドアを意識してないので、水の中や岩の所でかなり危険度が高く滑りやすいみたいです

あくまでも街履きの新しい感覚のサンダルみたい。

上記の2点で一気に購買欲が消えてしまい、ニューポートH2の購入に踏み切りました。

今回購入したもの

今回購入したのは2017年のニューカラー

GRAVITYFREE(グラビティフリー)とのコラボモデル

GRAVITYFREEとは↓

djow(デジョー)と8g(エイジ)によるpainting unit。≪Fuji Rock Festival≫をはじめとする、日本の野外フェスティバルシーンや音楽イベントでは欠かせない存在となり、現在もBandの様なフットワークで国内外ライブペイントツアーを行う。

※KEEN HPより

裏のバンドまで細かい仕上げになっています。

カラーの説明

“和を以て貴しとなす” 聖徳太子が残したとされる言葉。道理を正しく見出すために党派、派閥的なこだわりを捨て、人々が互いに和らぎ睦まじく話し合いができれば、そこで得た合意は、おのづから道理にかない、何でも成しとげられるのではないだろうか。これは本来、一個人の身の回りの人間関係から始まり、国同士の国際関係にまで当てはまる。隣りの国に行ってみれば、あなたと同じ人間がそこに居る。おおらかで大きなイメージを持って生きていくことで大きな輪でアジアが結ばれる。アジアの道徳心を象徴するように咲く”蓮の花”をモチーフにFREE ASIAを表現しました。 Gravityfree

※KEEN HPより

ソールもこんな感じでペイントしています。

迷彩ぽさがありますが、蓮の花をイメージしているとの事。

通常ラインナップはこんな感じなので、かなりお洒落に仕上がってます。

このカラーを購入したのは一目惚れってのもありますが、新色に黒系が多くて、今持ってるのと被るのが嫌だったんです。

2017年の新色

DEAD DYE×KEEN

MOTOMICHI Q SEKIMURA × KEEN

この2色とも結構黒がメインに赤や紫が入ってるんですよ。

仮に黒を持ってなかったら確実に欲しくなります。

ELNEST CREATIVE ACTIVITY × KEEN

これは迷彩感が強かったので、他に迷彩のサンダル持ってたので却下。

この辺りの新色はその年だけの生産なので、毎年買っても他の人と被り難いのがポイントです。

無難で合わせやすい色

やっぱり定番のは1足あると便利ですよね。

使い勝手の幅が広がります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする