瀬尾まいこ「君が夏を走らせる」感想 レビュー 心に残った名言紹介

 

瀬尾まいこさんの名作「あと少し、もう少し」のスピンオフ小説「君が夏を走らせる」を読みました。

不良少年 太田君と先輩の小さな子供 京香とのひと夏の甘酸っぱい思い出。

子供に振り回されながらも、打ち解けて、感情移入していく様子が微笑ましくて感動の物語でした。

感想や心に残ったフレーズをどうぞ。

スポンサーリンク

瀬尾まいこ「君が夏を走らせる」感想 レビュー 心に残った名言

瀬尾まいこ「君が夏を走らせる」あらすじ

金髪ピアスでろくに高校も行かずふらふらしている俺が、先輩の小さな子どもの面倒をみる羽目になった。

泣きわめかれたり、ご飯を食べなかったり、最初は振り回されっぱなしだったけど、いつしか今まで知らなかった感覚が俺の心を揺り動かしていた――。

16歳の思いがけない奮闘を描いた、感涙必至の新しい青春小説。

感想評価 8/10

瀬尾まいこさんの名作「あと少し、もう少し」が帰ってきた〜!

あの駅伝で2区を走った不良少年 大田君が主人公の物語です。

あらすじに何も書いてなかったので、読み始めて「まさか?」からの「やっぱり大田や」でした。

こういった事前情報なしのドッキリは嬉しいです。

 

相変わらずの不器用そうな少年が、任されてしまった1歳10ヶ月の子どものお守り。

はじめは泣かれてばかりだったのに、どんどん愛情がこもって、仲良くなって、愛おしくなっていく姿にほっこり。

私も高校生の夏休みに姪のお守りしてたんですよ。

気づけば月日も経ってもう高校生。

本当にこっちを向いてくれてる時間は一瞬で過ぎたよね。

あと少し、もう少し。

ここにいられるなら、どんなにいいだろう。でも、引き延ばしちゃいけない。

終わりを告げた時間にとどまっていてはだめだ。

京香と過ごした時間は大田君にとっても、自分の居場所を見つけるための大切な時間でしたね。

 

本当に学べる所って学校とか、会社とか、年上の人の存在だけでもなく、後輩だったり、こんな赤ちゃんでさえも大切なことを教えてくれるんですね。

「あと少し、もう少し」を読んだ人はもちろんですが、未読の人も楽しめるひと夏のとても淡くて楽しい作品です。

「太田君が走るのは、今まで通ってきた場所じゃなくて、これから先にあるってこと。

まだ十六歳なんだもん。わざわざ振り返らなくたって、たくさんのフィールドが太田君をま待ってるよ」

相変わらず元顧問の上原先生良いこと言いますよ。

 

記憶のどこにも残っちゃいないけど、俺にも京香とおなじように、すべてが光り輝いて見えてたときがあったのだ。

もちろん、今だって全てが光を失っているわけじゃない。

こんなふうに俺に「がんばって」と言葉を送ってくれるやつがいるのだから。

俺はまだ十六歳だ。「もう十分」なんて、言ってる場合じゃない。

ラストシーンで太田君の想いが詰まった別れの時。

もっと涙があってもいい思ったけど、まだ16歳。これからだね。

 

青春小説のスピンオフは、めっちゃ青春してましたね。

短編でもいいから、駅伝メンバー全員分ぜひ描いてくれたら胸熱です。

 

レビューもチェック

お得に本を読むならこれがお勧め

ブック放題

Kindleで月額980円払ってるUnlimited並みに作品多いので、結構コスパがいいですね。

今ならお試しで1ヶ月無料でお試しができます

Kindleunlimited

Amazonの月額制の読み放題Kindleunlimitedも使ってます。

こちらは、小説だったり、実用書も多いので、1~2冊お気に入りが読めたら月額980円が安く感じられます。

立ち読み感覚で雑誌の斜め読みしたり、好きじゃなかったら適当に止める事にも罪悪感ありません。

こちらも最初の30日は無料で読めますので、ぜひ登録して下さい

 

関連記事

スポンサーリンク