キンドル paperwhiteは紙より読みやすい!読書が快適なメリットを紹介

キンドル買ったよ!

興味はあったんだけなかなか踏み出せなかった電子書籍への道。

Amazonのプライム会員になったのをきっかけになんと7000円引きと言う超お得な機会を経て、遂に購入してしまったんですよ。

一生本は買い続けると思ってたのにKindle使ってみると便利すぎたので、私と同じ想いの方にも後悔しないようにお勧めポイントを紹介します。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite

購入したのはPaperwhite

今回購入したのは2番目に「paperwhite」と言うモデルです。

通常で16800円(キャンペーン情報なし)と結構な値段です

後でも書きますが、プライム会員(年間3980円)に加入すればなんと4000円OFFのクーポンが貰え常に4000円安く買えます

特徴としては読書に特化したタブレット端末という事。

iPad2も仕事で使ってるんですが、結構明るすぎたり、重かったりと常に使ってるとしんどいんですよね。

Kindle使って見ると良く分かるんですが、軽いし、びっくりする位紙みたいな質感の文字が読めるんですよ。

文字は紙と変わらないくらいの読みやすさ

買うまで一番不安だったんですが、実物を見てみると微妙な紙のアナログ感を出せてるんですよね

タブレット端末見てる感じの違和感が全く無いんです。

目が疲れないので長時間の読書にピッタリ。

文字の大きさが変えられる

さすが電子書籍という点がやっぱりこれ。

文字の大きさが簡単に変える事が可能なので、年齢と共に読書を諦めてた方にも凄いお勧め。

普通の文字サイズ

拡大するとこんな感じになって読みやすいです。

これ目が悪くなくても凄い便利なんですね。距離感変えられるので、疲れないんです。

文字の大きさだけじゃなく、画面の向きや行間の狭さ、余白まで選択できます。

結構気になってたのが終わりが見えないんじゃないかという点でしたが、これも右下に現在何%の所なのか表示できるんです

本と違って急がなくて良いのが個人的に気に入りました。

最大のメリットは軽さと明るさ

これ1個で小説1冊より余裕で軽いです。

軽すぎて「単行本読むのがめんどくさい」「ハードカバー読みにくい」なんてレベルになっちゃいます。

左端をタップするだけでスイスイページがめくれるので、片手で読みながら色んな姿勢で読書できます。

寝ながら読みたい時に上向いても手が楽なんですよね。

しかも、バックライトが付いていて明るさも調整できるので夜や暗い場所の読書も可能です

この2つのメリットを思うと、重い単行本を読む気が失せてしまいます。

片手じゃ到底持てないし、上向いて読むことなんて不可能ですもんね。

片手でスイスイ本が読めるを経験すると、めっちゃ読書捗りますから最初ビビりますよ。

気になった瞬間にポチッとするだけで本が買える

よくブログで紹介されたり、テレビとかで紹介されてる本を見ると読みたくなりますよね。

でも、本屋は空いてないし、今の世の中本屋自体が無い事が多い。

そして、本屋に行っても人気書籍しか置いてません。つまり行っても出会えない事が多いんです。

本ってもうアマゾンでしか買う事が出来ないって人も多いと思うけど、kindleなら更に便利に買えます。

何と言ってもボタン一つで、端末にダウンロード。

次の瞬間にもう読めます。

届くの待つ事もなく、すぐに読めるんです。

このレスポンスが超便利すぎて、今すぐ読みたくなった本は速攻で買います。

Kindle限定セールがお得

普段本のセールってないんですが、Kindleは常に限定セールがあります

しかも、半端な価格ではなくて1000円引きとか100円とか有りえない価格で買えるんです。

まだ文庫になってない「マチネの終わりに」とか756円ですよ。

先日読んだ「本日は、お日柄もよく」も350円で買えました。

文庫になった本はもちろん、今話題の本まで安くなるから驚きです。

あらすじは立ち読みできる

本を買う時って序章の部分は結構読みたいですよね。

kindleでもサンプルをダウンロードする事が可能なんです。

大体まえがきと目次までなのですが、文章の書き方や伝え方はこの部分で分かるので、購入するきっかけは十分に分かります。

またレビューが高ければ大体面白いので、その辺りもしっかり見て見てください。

Kindleを買うならプライムセールを逃すな

プライム会員なら通常でもクーポンがあるので4000円OFFという事だったのですが、年に数回の大チャンスでなんと7000円OFFのタイミングに当たってしまいました

見た瞬間にポチると言う大胆な行動でしたが大正解でした。

まずお得すぎるプライム会員になる事をお勧めします。

プライム会員なら月1冊タダで読めます

なんとプライム会員になると月に1冊プレゼント

これ3ヶ月で元取れますよ。

ただ実際に買ってから分かりましたが、この無料の本がなかなか趣味が合うのを探すのが難しい。

ほぼ小説がないので、自己啓発系か自主出版みたいなのか、漫画が多いです。

それでも1冊タダで読めるのは読書の幅が広がり嬉しいです。

<追記>2017年10月「 Prime Reading」スタート

プライム会員限定で、数百冊の書籍がタダで読めるプライムリーディングサービスが始まりました。

上記のオーナーライブラリーの延長でしょうが、かなり嬉しいですね。

これだけの為に会員になっても元が取れますよ。

超お勧めです。

お勧め書籍まとめました

アマゾンプライム会員の「Prime Reading」でタダで読めるお勧め本を紹介
10月からスタートしたAmazonのプライム会員向けサービス「プライムリーディング」ご存知ですか?プライム会員ならなんと月額980円の有料サービス「Kindle Unlimited」の中から数百冊が読み放題という神企画1ヶ月使ってみた中でお勧めだったので、おすすめの作品など紹介したいと思います。

紙派なら好きな作家以外は電子書籍にしよう

正直私も紙派です

でも、月に10冊程度買っていると年間で常に100冊は増えるんですよ。

これの半分以上はハズレで、2度と読まないであろう本が多数。

売るにもめんどくさかったりしますし、捨てるのはなんだか気が引けます。

そう思うと好きな作家さん以外は電子書籍でいいんじゃないかと思いました

これなら増えるのはデータだけなので、別に問題ないですよね。

買うならpaper whiteのキャンペーン情報なし

内臓のライトがあるかないかで値段が最安値のKindleからちょっと高くなりますが、絶対ライトあると便利です

あとキャンペーン情報を付けるか付けないかで2000円変わりますが、無駄な広告が毎回表示されるみたいなの絶対ストレスの塊を買うようなもんです。

2000円払って快適に使いましょう。

<追記>漫画少しでも読むなら32Gを買おう

ボリュームの増えていく漫画は、電子書籍のメリットを生かすのが良いと気づきました。

でも、どんどんDLしてみると通常モデルので4Gだと、100冊入れないうちにいっぱいになります。

普通の書籍とは比べものにならない位漫画の容量がある事に気づきませんでした。

普通の本なら数千冊入れられても、漫画は100冊も入りません。

この点は買うときに注意して、少しでも漫画読むなら32Gを選びましょう。

差額2000円なので、かなりお得です。

アマゾンでレビューもチェック

書籍だけならこちら

漫画も読むなら容量が一体になるので、32Gがおすすめ

kindleをお風呂で使ってスキマ時間で読書

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする