きのこ帝国のおすすめ曲とアルバム紹介 独特な浮遊感のあるサウンドが魅力

ここ数年一番聴いてる邦楽バンドって何だろう?と思い返すとiPodで恐ろしい回数聴いてる『きのこ帝国』の名が出てきた。

出逢うのも遅かったからこそ、見つけてしまってからは何度も何度も無限リピート状態に陥ってしまった思い出がありました。

唯一無二の世界観と言うか、曲の表現力や歌詞の世界観が恐ろしくあの頃の情緒にピッタリだったんだと思う。

初期の頃の気だるさや刺々しい歌詞の感じも、今のPOPなのにどこかひねくれた浮遊感のあるサウンドはなかなか他のバンドでは出会えない魅力が詰まってます

スポンサーリンク

きのこ帝国って

2007年結成の4人組ロックバンド。

・佐藤千亜妃(ボーカル/ギター)

・あーちゃん(ギター)

・谷口滋昭(ベース)

・西村“コン”(ドラム)

2012年にインディーズでデビュー。

2015年にはメジャーデビューとなる1stアルバム『猫とアレルギー』発売。

音楽性は初期の頃はシューゲイザーやポストロック的なサウンドで独自の世界観を上手く表現する作品が多かったが、メジャーデュー後は少し明るいサウンドに変わっている。

おすすめ曲

ユーリカ

めっちゃダークなシューゲイザーサウンドが襲ってくる。ヘッドホンで聴いて欲しい。

1stフルアルバムとしては、全編通して完成度の高い作品です。

こんなに暗くてディープなサウンドが日本のフェスで鳴ってる姿が革命的。

心から応援したいバンドが現れたと思いました。

海と花束

名曲「海と花束

過去の2枚と比べると歌詞や曲調に変化が現れ、良い意味で広がっていくバンドの音。もっと大衆に知って貰い易いサウンドになっているのだけど、らしさは消えてない1枚です。

東京

祝メジャーデビューとなるとこんなサウンドになるんだと思った1stよりもらしさの光った2ndアルバムのリード曲

歌詞は明らかに年齢と共に変わって行ってるのですが、音の進化は止まらない。

邦楽ロックバンドでは異端な存在ではあるのだけど、ほんとに売れて欲しい。

クロノスタシス

この曲無しでは語れないほど、アルバムの中で光る1曲。

ノスタルジーな世界観は唯一無二です。

愛のゆくえ

去年の邦楽No.1アルバムだった「愛のゆくえ

シングルカットされた曲はいまいちだったが、アルバム収録曲は抜群に良かった。

去年のライブのラストで披露されたこの曲は特に印象強い。

今年のワンマンで全曲聴ける事だけが楽しみです。

歴代アルバム

インディーズ1stアルバム「渦になる」

インディーズ2ndアルバム「eureka」

インディーズ1stE.P「ロンググッバイ」

1stアルバム「フェイクワールドワンダーランド」

2ndアルバム「猫とアレルギー」

3rdアルバム「愛のゆくえ」

セットリスト<2016/08/27 日比谷屋音>

  1. 猫とアレルギー
  2. 35℃
  3. パラノイドパレード
  4. 畦道で
  5. ハッカ
  6. 夜鷹
  7. クロノスタシス
  8. 夏の夜の街
  9. 夏の影
  10. 海と花束
  11. 足首
  12. WHIRLPOOL
  13. ミュージシャン
  14. 夜が明けたら
  15. クライベイビー
  16. 東京

<追記>ホールツアー行って来ました(ライブ感想)

きのこ帝国好きにお勧めのバンド

WOLF ALICE(ウルフアリス)のおすすめ曲と最新セットリスト 2017年来日
ウルフアリスが2015年サマソニ以来の来日決定!あの時のライブを観てめっちゃ好きになったバンド。遂に2ndアルバム「Visions Of A Life」リリースと共に戻って来ます。最新のセトリとおすすめ曲を紹介しましょう。
CHVRCHESおすすめ曲とセットリスト 癒しの歌声と天使のローレン
どこか懐かしいエレクトロポップなサウンドを鳴らすUKの人気バンドChvrches(チャーチズ)のおすすめ曲とアルバム・セットリストのご紹介。サマソニで初来日を観てからローレンの虜になって、単独ライブも楽しかったよ。
アウスゲイル2017来日ツアー大阪 BIG CAT 11/9参戦レポ&セットリスト
今夜は待ちに待ったAsgeirの大阪公演でした。仕事中からソワソワして、終わった瞬間からウキウキしながら2年ぶりくらいのBIG CATに向かいましたよ。時間にして約75分の濃厚なライブをセットリストと共に振り返りましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする