メルカリで本を高く売る4つのコツ!出品~梱包や安い発送方法を紹介[簡単副業]

 

私は月に平均して10冊以上本を買ってます。年間にすると100冊以上になりかなり保管が大変な状況になります。

そこで最近活用してるのが、スマホで簡単に売り買い出来るフリマアプリ「メルカリ

出品も超楽々で、すぐに売れる率も高く、結構お得な売買方法となってます。

今回は、出品から購入された後の流れを解説しながら、お勧めの発送方法まで紹介します。

スポンサーリンク

メルカリで本を売る

 

比較的新しい本なら定価の6割位の値段の儲けの出るメルカリ

比較的新しい物なら1500円の本でも、送料手数料込み1200円位なら売れる事が珍しくありません

なぜアマゾンで買わないのか不思議に思いますが、それでも買い手がいるので売れてしまうメルカリの凄さです。

一つは売上金が貯蓄されてるので、それがポイントみたいに手軽に使える感覚になるんでしょうね

私も3~500円位の本はよく買うのですが、ほぼ利益ないのに良くこの値段で手間と時間を使うなぁと思います。

 

メルカリで売る時の4つのポイント

  1. 過去の価格をチェック
  2. 写真と情報は丁寧に
  3. 発送方法は安く各自なモノを選ぶ
  4. 安い本はまとめて売って、経費削減

・まずは過去の売値をチェック

 

まずは検索ページで、売りたい本の過去の値段を調べます

上に行くほど最新価格なので、値段を比較して自分の売りたい価格と比べて高いのか低いのかをチェック。

注意してもらいたいのが手数料と送料がこの価格に含まれると言う事

 

商品代金-送料-手数料(10%)=利益となります

900円で売れるのなら、

900円-180円-90=630円

macco
つまり900円で売っても、630円しか手元に残らないので要注意

 

これがもし300円で売れた商品なら、90円の利益となります。

たった90円の利益の為に出品の手間と発送の手間を惜しむなら、捨てた方が時間が有意義に使えるので要注意です

私の場合は手間を考えて、500円以上の物しか販売しないようにしています

特に10%の手数料は高いので要注意です。

 

高く売りたいなら、写真は綺麗。説明は丁寧に。

値段が安ければ比較的なんでも売れてるメルカリですが、高く売るコツがあります。

まず写真は綺麗に撮りましょう

コツは、太陽光や蛍光灯の光を上手く使って、なるべく明るく写真を撮ります。

 

そして、商品情報はなるべく丁寧に書く。

  • 傷があるならどれだけあるか。
  • 禁煙者の方は臭いがついてないか。
  • 日焼けなどの有無。
  • ページの折れや中の汚れなど。

 

細かい事ですが、自分が買った時にあったら嫌な事を思いながら、必要情報は必ず記載しましょう。

個人間なので、色んな人が居ます。後でトラブルの元になり兼ねないので要注意。

 

商品説明の例文(コピペOK)

東野圭吾「白夜行」

新品購入後1度読みました。

カバーをつけて読んだので日焼けや傷などなく、とても綺麗です。

タバコやペットなどの匂いもありません。

発送は翌日行います。

中古品につきノンクレームでお願いします。

・著書名「題名」

・購入状態と商品の現状

・匂いなども気になるポイントです。

・いつ発送できるかも記載すると高ポイント

・商品が中古と言う事と、ノンクレームでお願いしますは大事なお断りポイント。

macco
特にタバコの臭いは気になります

 

送料はできるだけ安い方法で経費削減する

そして、一番重要なのが送料の問題

本は薄いけど、結構重さがあるんですよね。

文庫クラスでも200g前後となり、定形外でも250円になります。

少し安くなるゆうメールでも215円と意外と高いです。

 

そこでお勧めするのが次の3つの発送方法。

  • スマートレター(180円)
  • ゆうゆうメルカリ便(175円)
  • クリックポスト(165円)

こちらを一つ一つ紹介します。

 

スマートレター(180円)

 

個人的に一番使いやすいのがこのスマートレターです。

郵便局や郵便局の物を扱ってるコンビニ(ローソンなど)で購入可能な封筒。

料金は一律180円。

サイズはA5サイズまでの大きさで、厚さが2cm。重さが1kgまでの物が発送可能。

一般的な文庫やソフトカバーの単行本も大体送れるサイズ。

注意するのが厚さが2cmと言う所。

これ以上厚いなら下の2つを使いましょう。

 

メリットとしては、家→ポストで全てが完結。

住所を書いて、中身を入れて、ポストに投函で終わるのでめっちゃ取引が楽。

デメリットは、追跡ができないのと住所を書くのが面倒な点。

特に追跡ができない場合は、万が一不着の際にトラブルになるかも。(100回以上やって0ですが)

 

ゆうゆうメルカリ便(175円)

一番安全で、楽に送ろうと思うとメルカリのサービスを使うのが便利。

 

先ほどのスマートレターは2cmまででしたが、こちらは3cmまで送れます

ちょっと分厚めの単行本も対応できるの、普通に読む本ならほぼ大丈夫。

しかも、3辺の合計が60cmなので本を3冊並べてとかの梱包も可能

複数冊送る事も考えるとかなり便利です。

メリットは、

  • 匿名発送
  • ローソン・郵便局で送れる
  • 宛名要らず
  • 万が一の保証付き(何度か使いましたが100%保証でまかなえました)

もちろん追跡もできるので、商品の受け渡しまで安心して取引できます。

もしもの時も安心保証があるので、輸送中のトラブルなどでの破損にも対応してもらえます。

 

こんな素晴らしいシステムも一つだけデメリットに思うのは、わざわざ郵便局やコンビニに行く一手間。

スピーディーに送れる他2つとは違い、取次店を介さないといけないのが面倒です。

 

クリックポスト(164円)

 

クリックポストも郵便局がやってる郵送方法。

こちらも3cmまで送れるので、最安値の割にとても良いサービスです。

 

ただ面倒なのが登録が必要なのと、プリンターが自宅にいるんですね

私はプリンター持ってないので使ってませんが、結構これで郵送する人が多くかなり使われているサービスです。

 

紹介したもの全て郵便局のサービスなので、同じくらいの日数で到着します。

  • 私の場合は、2cm以下はスマートレター。
  • 3cmを超えるものはゆうゆうメルカリ便として使い分けてます。
macco
この発送方法はDVDやCDなどにも使えるので、参考にしてください。

 

梱包のコツを紹介

 

本を送る時に注意して欲しいのは、濡れない様にしておく事

濡らすのは郵便局のせいだとも言えないけど、細心の注意を払って送りましょう。

 

 

オススメはビニール袋や専用のサイズを100円ショップなどで買ってきて梱包する方法

これをやってるだけで、受け取る側も安心して評価してくれます

機械ものではないので経験上、プチプチでの梱包は必要ないと思います。

 

 

こんな感じで専用の封筒や茶封筒に入れて発送してください。

最初は面倒だと思いますが、慣れたら出品に2−3分。

売れてからの梱包に3分ほどで終わります。

ある意味ブックオフに売りに行く手間よりも、とても楽になるのでぜひメルカリ利用してみてください。

 

安い本はまとめて出品する

どうしても古くなるとブックオフで100円で売られてるので、300円でも売りづらくなります。

300円だと正直利益も90円。

そんなのに時間割きたくないですよね。

そんな時は、ジャンルの似た本をまとめて出品しましょう。

ゆうゆうメルカリ便なら文庫程度なら2-4冊まとめて発送可能。

1冊売っても、3冊売っても送料は変わらないので、経費を上手く削減する事で売る側も買う側もお得にすることが出来ます。

1冊なら300円で売っても90円しか利益が出なくても、3冊なら700円で売っても465円の利益が出ます。

ポイントは、

  • 作者をまとめる
  • ジャンルをまとめる
  • 巻数を揃える
  • 直木賞物などの人気作をまとめる

特に私の場合は作者や上下巻をまとめて売る場合が多いですね。

安く買えるなら、ついでに付いてきてお得だねって本も沢山あるので、ぜひやってみてください。

 

中古で100円で買った本も100円以上で売れる?テクを紹介

 

ブックオフの100円本も年間100冊近く買うのですが、これも読んだら全部売ります。

でも、売る時は上に書いたまとめ売りの方法が有効。

意外と綺麗な本に関しては、値札を綺麗に剥がしてしまい、ジャンルや作者をまとめて売るのがポイントです。

100円本も3冊で500円とかで売れば、利益が275円になって、ほぼペイできます。

招待コードを入れるとお得

新規登録時に招待コードGKXCUCを入れて頂くとくじ引きでポイントを貰えるチャンスがあります。

量が多いなら宅配買取もお勧め




忙しい方向けには、BOOK OFFの宅配買取サービスがお勧め。

ご自宅まで集荷、送料・手数料は0円なので、量が多い人にはかなりお得です。

捨てる前に一度査定だけでもやって見て下さい。

新刊買う→読んだらすぐに売る

 

最近の読書の仕方は、とにかく気になる本は買って、読んだら速攻売る。

どうしてもまた読みたくなる様な本は置いとけば良いし、売った本もまたメルカリなどで値段下がった時に買えば良い。

本当に読みたい本は、また買いましょう。

大体ビジネス書とかならAmazonのKindleセールがありますから。

まとめ:不用品の処分もお得に利用しましょう

 

せっかく売るなら少しでも高く買い取って貰える方を利用するだけで、また次の購入資金になります。

ブックオフも手軽ですが、メルカリも意外と簡単に売買できるので、売り方のコツを知ってしっかりを元を取って下さいね。

ブックオフに売りに行った話

BOOK OFF(ブックオフ)で文庫本を22冊売ってみたので買取価格公開

2017.07.17

[第2回]ブックオフで文庫本を25冊売ってみたので買取価格公開

2017.11.04

スポンサーリンク