2018年9月にAmazonプライムで観た映画6作品・感想紹介[アマゾン無料作品]

 

2018年9月に観た映画の9作品の紹介。

今月は連休も多く、通常よりも映画を観る時間が多かったです。

いつもとは違うジャンルを攻めてみたので、アニメーション多めです。

それでは感想とともに紹介します。

スポンサーリンク

2018年8月にAmazonプライムで観た映画作品

思い出のマーニー

あらすじ
幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。

<感想>

ジブリで見た一番新しい作品となります。

久しぶりに何か見たいなぁと思ってた所に印象的なジャケット写真が決め手となりました。

ジャケットに負けずとても印象深い情景ととても暖かくて、素晴らしく感動的なストーリーが待ってましたね。

後半の展開は完全に予想できてたけど、涙がボロボロと溢れ出してヤバかったです。

macco
ジブリで一番泣ける映画だなぁとまた見たい作品となりました

 

塔の上のラプンツェル

あらすじ
ディズニー長編アニメ50作目となるファンタジーアドベンチャー。外の世界を知らずに成長した少女・ラプンツェルの冒険を描く。18歳の誕生日の前日、大泥棒・フリンとの出会いきっかけに、ラプンツェルの旅が始まる。

<感想>

先月見たベイマックスが面白かったので、お勧め頂いたこちらラプンツェルをチョイス。

ディスニーらしいと言っても、そんなに見たことはないんだけど、ハッピーエンドの素敵な作品でした。

ただ素敵な王子様って感じじゃないのが、ちょっと変わってましたね。

ディズニーは悪者役が好きw

 

僕のワンダフルライフ

あらすじ
その犬は何度でも生まれ変わる 少年に会うために…

夏の暑い日、子犬が車に閉じ込められて苦しんでいるところを、8歳のイーサンが助ける。感激
した子犬はイーサンから一生離れないと心に誓う。ベイリーと名付けられた子犬は、遊ぶと
きも寝るときもいつも一緒の彼らだったが、犬の寿命は人間より短い。そしてイーサンに会う
ため何度も生き返るベイリーの、長い人生の旅は始まる

<感想>

これは観るか迷ってたんだけど、観てよかったと思う大号泣の映画です

とにかく犬好きならみんな観て欲しいと思うレベルで、感動の嵐だと思う

犬がこんな想いで居てくれたら、本当に毎日毎日大切に遊んであげますよね。

macco
今は犬飼ってないんだけど、思い出と共に大事にしてあげたい素敵な作品です

 

ダークナイト

あらすじ
ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカーと名乗り、不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった…。

<感想>

大好きな監督クリストファー・ノーランの描いたアメコミヒーロー映画は、めちゃくちゃカッコ良かった

あまりアメコミ好きじゃないんだけど、これでファンになりそうな位いい作品だと思うよね。

とりあえず、ライジングも来月観ますよ。

 

大脱出

あらすじ
シルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの豪華共演で贈るサスペンスアクション。何者かの陰謀により犯罪者にされたブレスリンは、自ら設計に関わった監獄から脱出を図るが、囚人たちのボス・ロットマイヤーが立ちはだかり…。

<感想>

W主演ってだけで気になる話だけど、内容も最高にスリリングでかなり面白い作品です。

◯にある刑務所からの脱出って、限りなく不可能な事ぽくて設定から最高じゃないですか。

ミッションインポッシブルやオーシャンズみたいなあからさまな派手さはないけど、物凄く脚本にも凝った映画であり、色んな意味で豪華ですよ。

 

ビッグフィッシュ

あらすじ
エドワードは彼が語るお伽話で有名になった人物。未来を予見する魔女のこと、一緒に旅をした巨人のこと、人を襲う森とその先にある美しい町のこと。彼が語る「人生のストーリー」に誰もが楽しく、幸せな気分になった。しかし、一人息子のウィルはそんな父の話が嫌いだった。長い間すれ違う父と子。そんなある日患っていたエドワードの容態が悪化し、実家に戻ったウィルに、残された時間があとわずかだと告げられるー。

<感想>

ティム・バートンか監督の描く壮大な人生物語

嘘か本当か分からない父の話に嫌気が差した息子に訪れた父の記憶を追う物語。

不思議すぎるんだけど、すごく心地の良い作品になってます。

親子の絆を確認させられる、最高のファンタジー作品となってます。

macco
ラストのシーンでは、本当に涙必須でまたボロボロになりました

 

アバウトタイム

あらすじ
21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。

<感想>

あらすじだけ読むと、いわゆるタイムトラベルものですね。

でも、こんなにも日常が愛おしく思う事ってなかなか無いってくらいの感動を与えてくれた、凄くカッコ良くもあり、愛のある物語です。

父との絆や自分の未来の姿を想像しながら時間を噛み締めたくなる、そんな素敵な作品でした。

macco
今月は泣ける作品多かったです

 

ティムバートンのコープスブライト

あらすじ
舞台は“死者の世界”!コープス ブライドに連れ去られた若者の運命は――?19世紀ヨーロッパのとある村。結婚を控えた気弱な若者ビクターが、ふとしたことから死体の花嫁(コープスブライド)に結婚の誓いを立ててしまい、死者の世界へと連れ去られる――。

<感想>

現在と死後の世界での恋物語を展開する魔訶不思議なアニメーション映画です。

ティムバートンの世界にもっと触れたくて観たんですが、アニメでもこんなに素晴らしいんですね。

始まりがダークすぎて、あまりに嫌な奴の話かと思ったけど、ラストはとてもハッピーエンドとなって感極まりますよ

なんて美しい物語なんだろうね。

 

チャーリーとチョコレート工場

あらすじ
「ウォンカの工場ついに公開!幸運な5人の子供たちに見学を許す」。ウォンカ製のチョコレートに入った”ゴールデン・チケット”を引き当てた5人の子供とその保護者を特別に工場に招待すると、工場主のウィリー・ウォンカ氏が異例の声明を発表!

<感想>

これも有名作品でしたが、まだ観てなかったんですよね。

人間ぽさが溢れながらも、ファンタジー的な要素で少し夢を見させてくれて、また現実を与えるって、めっちゃ大人の映画ですよw

ある意味鬼の様な怖さもあるけど、美しくも、儚い映画です。(ジャンルが表せられないから表現しにくいですね。)

ティム・バートンの作品は、来月も攻めていきたいです。

 

映画関連記事

2018年1月にアマゾンプライムビデオで観た映画10作の紹介

2018.01.31

2018年2月にAmazonで観た映画8本の紹介 ララランド/ハドソン川の奇跡…

2018.02.25

2018年3月にAmazonプライムで観た映画8本の紹介 新感線/アメリ/ゴーン・ガールなど

2018.03.31

2018年4月にAmazonプライムで観た映画7作品・感想紹介

2018.04.30

2018年5月にAmazonプライムで観た映画9作品・感想紹介

2018.05.30

2018年8月にAmazonプライムで観た映画12作品・感想紹介

2018.09.02

2018年10月にAmazonプライムで観た映画6作品・感想紹介[アマゾン無料作品]

2018.10.29

スポンサーリンク