洋楽ROCK好きレコード初心者が、1年で集めたレコード14枚紹介

 

去年の冬に人生初のレコードを買ってからもう1年が経ち、毎月1枚買ってるお気に入りのレコードも14枚と増えてきました。

せっかくなので、この1年で購入した14枚のレコードを紹介しましょう。

スポンサーリンク

1年で集めたレコード特集

Weezer 「Make Believe」

 

記念すべき1枚目は洋楽を好きになるキッカケとなったアメリカのバンド ウィーザーの1枚。

 

 

このアルバムに収録のこの曲が大好きで、何度も何度でも聴きたい1枚です。

 

The Drums「Encyclopedia」

 

ドラムスの1枚が特価であったので、聴いた覚えもないしジャケ買い。

昔のCDを買ってる時の気分に戻った出会いの大事さを感じる1枚。

ドラムスの音楽は1st、2ndが一番好きだねw

 

Ed Sheeran「Divide」

 

エドシーランの新作は、せっかくなのでアナログで買ってみた。

レコードって聴くまでが長いし、じっくりと楽しむ事が出来るので、エドの音楽性にはぴったりだなと思った。

 

 

この1枚はやっぱりこれが名曲です。

 

YUKI「まばたき」

 

邦楽はどっちでも良かったんだけど、YUKIはCDも買ったけど、レコードも手に入れた。

 

 

この曲もいいのだけど、このアルバムには「聞き間違い」と言う名曲がある。

YUKIもじっくり聴きたいんだけど、このアルバムは本気で最高なんですよ。

 

The Libertines「Anthems For Doomed Youth」

 

やっぱりリバティーンズは外せないので、出逢った時に衝動買い。

出来れば1stから全部欲しいのだけど、最新のこの1枚ももちろん好きですよ。

 

 

本気でイギリスに行ってライブ観たい数少ないバンドです。

 

Two Door Cinema Club「GAMESHOW Live At KCRW」(レコードストアデイ限定)

 

レコードストアデイに出逢えた1枚。

ジャケットが3rdとまるっきり同じだったので、シール貼ってるのが疑問でしょうがなくて、下見たらライブ盤でした。

世界何枚限定か忘れたけど、結構貴重です。

 

CHVCHES「Ever Open Eyes」

 

大好きなチャーチズの2ndは見つけた瞬間即買いでした。

 

 

1stも何処かにあったら買いたいです。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソルファ」

 

アジカンのソルファは思い出深い1枚だったので、限定生産と言うお知らせと共に予約して買ったのだ。

 

 

このアルバムは本当に名曲しかありません。

 

RADIOHEAD「OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017」

 

RADIOHEADの大好きな1枚が20th記念という事で限定仕様が登場。

2ヶ月くらい待ってアマゾンでキャンセルになったので、タワレコで見つけて手に入れた1枚。

 

 

この曲をアナログの音で聴きたかったんですよね。最高です。

しかも、未発表音源などもあって、内容濃厚な1枚。

 

Linkin Park「Hybrid Theory」

 

チェスターの死を受けて、追悼の意味を込めて買った1枚。

こんな形でまた1stを聴きたくなるとは思いもしなかったです。

 

 

RIP

The Libertines「FOR PET’S SAKE」

 

ディスクユニオンで出逢った見た事ないリバティーンズの1枚。

貴重なライブアルバムで、もう廃盤となってるらしくてまさに運命の出逢いでした。

 

 

この曲も入ってて、もう最高に大事にしたいレコード。

 

James Bay「Chaos And The Calm」

 

2016年のレコードストア限定で売られていた物が、普通にディスクユニオンに中古であったので買っちゃいました。

 

 

ほんとにカッコいい男ですよ。

 

The Offspring「Smash」

 

今年の1枚目に買ったのは、オフスプの名盤。

ほんまに今更ですが、大好きなバンドなので攻めて飾りたいので買ったよ。

 

 

Americana」が再販されたら即買いしたいです。

 

LORDE「PURE HEROIN」

 

先日買ったロードの1st。

 

 

これも中古で入荷してたのを見つけて購入したのだけど、ロードの世界観はレコードに合ってますね。

良い買い物でした。

 

レコードはじっくり作品に向き合える

 

普段は忙しくてレコード再生することもなく、スマホとBluetoothスピーカーで音楽聴いてます。

でも、休日の時間のある時にはレコードを選んで、針を落としてじっくりと作品の世界観を感じたい。

そんな至福の時間を感じられるのが、レコードの楽しみだと思います。

 

A面終わったらB面に裏返さないといけないし、とにかく聴くのが面倒なレコード。

スマホなら簡単に曲飛ばせるけど、レコードではそれもできない。

それ故音とじっくり向き合ってアーティストが表現したかったアルバム1枚の世界に浸れます。

これがレコードと出逢って良かったなと思う所。

A面、B面で別れることによって、ちゃんと区切りが生まれて、今までとは違ったアルバムになるんですよね。

 

レコード関連記事

初心者がレコードプレイヤーを購入してみたら音楽がより楽しくなった

2017.02.04

AT-PL300を初めてのレコードプレイヤーに購入した5つの理由

2017.02.04

洋楽ROCK好きレコード初心者が、1年で集めたレコード14枚紹介

2018.02.27

レコードを100円でお部屋の壁掛けインテリアに大変身[インスタ映え]

2018.01.21

スポンサーリンク