ソニマニ&サマソニ東京に持って行く持ち物を紹介[夏フェス遠征の荷物]

 

いよいよ初めてのソニックマニア、サマーソニック東京遠征が始まる。

ずっと近所の大阪会場に参加してたので、フェスでの遠征は初めての体験。

今回は、フェス遠征に持っていく荷物を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ソニマニ&サマソニ東京に持って行く持ち物を紹介

チケット

 

最重要なモノがこれ。

チケットだけは忘れないようにしましょう。

関連記事:サマソニ2018の服装と持ち物を紹介 男女これだけは忘れないで![ファッション]

 

バッグ

 

バッグは前日のフジロック用に購入した、グレゴリーのデイパック(26L)

新幹線+徒歩での移動なので、邪魔になるスーツケースよりは、身軽で両手自由なバックパックが動きやすいと思います。

向こうでの電車移動の際も、それほど苦にならないでしょう。

関連記事:[レビュー]グレゴリーのデイパックを購入!

Tシャツ(3枚)

 

Tシャツは迷ったけど3枚チョイス。

ライブ終わりに着替える事を考慮すると、最低でもホテルで寝る際の事や移動時なんかも含めて2日目に洗濯する前提です。

関連記事:ライブやフェスの物販で買うべきおすすめグッズと買わない方が良いモノ(体験談)

 

ショーツ(2枚)

 

パンツは、暑いので長いのは持って行かずにショーツだけにしました。

履いていくのも含めて、3枚ですね。

これは正直2枚で良いのですが、洗濯しに行く際の事を考えたら3枚あった方が動きやすいって思いました。

下着(2枚)・靴下(2枚)

下着と靴下は2日分。

とりあえず洗濯するので、十分かと思います。

下着はモンベルの吸水速乾素材ジオラインなので、ホテルの部屋で洗っても直ぐに乾きます。

遠征時のミニマルな装いには、速乾性のアウトドアブランドが強いです。

関連記事:モンベル ジオラインで夏の汗を快適に過ごす[レビュー]

タオル(2枚)

 

タオルも日数分用意せずに、2日分だけです。

正直汗かくなら、タオルもTシャツも、毎日洗った方が良いかもしれませんから

ライブは汗かくのでその場しのぎよりも、吸水性に優れたものがおすすめ。

洗濯ネット・洗剤

 

洗濯用のネットは必需品。

ホテルだと、他の人の目もあるので、オープンにあまり下着とか出せないですからね。

コインランドリーが詰まってる際には、強制的に中身出されてる時もあるので、必須アイテムです。

そして、洗剤は小分けの物を持っていきます。

シャンプー・スキンケア類

 

アメニティは、正直ホテルにもあるのですが、私は持って行く派。

どうしても、中身の成分の相性があるので、シャンプーやコンディショナーは普段使ってるのを小分けにして持って行くのがオススメです

髭剃りやクシ、歯ブラシなどもホテルにありますが、自分のを持っていきます。

 

Mac Book

 

5日間も行くので、前半結構暇だし、その際にブログ更新したり、調べ物したり、仕事したりと邪魔にならないので持っていきます。

基本荷物は、チェックイン後に部屋に置い動きます

ガジェット類・充電器

 

あとはスマホの充電器や新幹線移動の際のカナル型イヤホンと在来線用のワイヤレスイヤホン等

あとライブ用の耳栓も忘れずに持っていきます。

関連記事:ライブ・フェス用の耳栓を使ってみたら耳鳴りがなくなった[レビュー]

Kindle Paperwhite

 

Kindleは、移動時や朝夜の暇な時間に読書に明け暮れますw

日常で数百冊持って歩ける電子書籍位便利なアイテムは無いと思いますよ。

関連記事:Kindle paperwhiteは紙より読みやすい!読書が快適なメリットを紹介

洗顔ペーパー

 

ライブ終わりの異臭はかなり辛いので、これは必須アイテム。

帰りの電車で嫌な顔されたくなかったら、これとかスプレーは持っておきましょう。

ライブに持って行くなら10枚入りくらいの薄いのがおすすめです。

 

持ち物詳細

詳しくはこちらで持って行くものや服装の詳細を書いています。

都市型フェスで、特に気にする事なく楽しめるのがサマソニなので、そんなに色々考えることは少ないと思いますが、最低限の忘れ物がない様にして行きましょうね。

サマソニ2018関連記事

スポンサーリンク