サーモスの水筒を5年使った感想 最高に軽くて保温性抜群[マイボトル]

 

ほぼ365日欠かせない存在のマイボトル。

その中でも一番長く愛用しているのが、サーモスの真空断熱ケータイマグ0.5L。

超軽量でありながら、驚くべき保温性を兼ね揃えた、デザイン性も優れる携帯しやすいアイテム。

使い勝手の感想と共にメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

サーモス 真空断熱ケータイマグ0.5L

サーモスのケータイマグ

 

真空構造の魔法瓶って思った時に出てくるのがやっぱり代表格的存在のサーモス

日本のメーカーでどこでも売ってる安心感と、確かな技術による素晴らしい保温力があるのが魅力ですね。

私も初めて使った時は、「まだこんなに冷たいの?」と思うくらい真夏の炎天下で使ってた水筒の中身が信じられなかったですもんね

めちゃくちゃ夏に重宝するアイテムで、これが無いと飲み物を持ち歩きたく無いって感じになりました。

そんなサーモスの魅力を紹介します。

 

種類がめちゃくちゃ豊富

サーモスのHPを見て貰うと一目瞭然なんだけど、種類がめちゃくちゃ多い。

売れてるマイボトルって人と被る事も多くなってしまうんだけど、サーモスの場合は種類が多すぎて、なかなか選べない位たくさんあります。

特に容量の大きさは350mlのコーヒーサイズから1.5Lクラスのスポーツサイズまで、とても細かく設定してあります

用途に応じてとても使い分けしやすくなってます。

飲み口の形も、ワンタッチで開くものもあれば、コップになってたり、ストロータイプになってたり様々。

日本のメーカーならではニーズに応えた形となってます。

こうしてじっくり見てみると、改めてシェアの凄さを垣間見る事が出来ます。

 

軽いのに保温性がすごい

 

マイボトルって色々使ってますが、どうしても大きくなればなる程に重くなってしまいます。

その中でも、サーモスはめちゃくちゃ軽く出来てるんですよ

特に海外メーカーの物はデザインこそ優れてるのですが、どうしても構造上の重さや保温性の機能面が日本のメーカーに勝てません

そこは色々使ったからこそ感じる部分なのですが、最後には日本の技術力って素晴らしいなぁと思いました。

同じ500mlのサイズだと海外メーカーの物は本当に重くなるので、サーモスのケータイマグの軽さはとても重宝してるんです。

特に量を飲む暑い時期は、ほぼこれを持ち歩く事が多いですね。

 

消耗品が手に入りやすい

 

サーモスのボトルは、構造上パッキンが入っています。

このパッキンは、使ってるとどうしても劣化してしまいます。

感覚的に年に1回は交換しないと中身が漏れたり、臭いが気になったり、衛生上の問題となってしまいます

この交換パーツの手に入れやすさも、日本メーカーならではのスピード。

メーカーHPはもちろん、アマゾンや楽天のショップでも気軽に注文できます。

欲しい時にすぐに手に入れられる事で、ストレスなく使い続けられるんですよね。

パーツの型番とかも簡単に分かるのもメーカーさんの安心感があるからこそ。

長く使おうと思うと、本当にいいメーカーだと思います。

 

実際に使ったメリット

とにかく保温性がいい

 

結構色んなボトルを使ってきましたが、機能面ではやっぱりサーモスが一番。

なんでこんなに軽いのに保温力があるんだろうか?と魔法の様な感じ。

まぁ短時間で飲めばそれほど影響がないのですが、容量が多くなればそうも言ってられないので、大容量を長時間置いとくと思ったらサーモスがオススメですね。

 

飲みやすい

 

ワンタッチで開いて、この様な形でかなりの適量出てくる構造になってるのでとても飲みやすいです。

スピーディーに片手で飲めるので、電話しながらとか、運転しながらとかでもストレスなく飲む動作を行えます。

口が全部空いてないので、予想外に沢山出てきて漏れたりしないのも嬉しいポイント

 

洗いやすい

 

口が大きくて、中も見えているのでとても洗いやすい構造となってます。

専用のブラシとか漂白剤も出てるので、汚れが落ちなくなったらそれを使うのも手ですね。

 

 

パッキンも外して洗う事が出来ますし、写真の様に汚れてしまったら交換するのがオススメです。

こちらの交換パーツで400円くらいです。

蓋ごと交換しても700円ほどなので、2年に1度は新品にしています。

結構バネが弱くなるので、交換するのはオススメです。

 

塗装が強い

 

5年も使って思うのが、めっちゃタフに使えてる事。

結構ぶつけたり、外で下に置いたりしてるけど、思いの外塗装が剥がれてないんですよね。

やっぱり塗装も強いし、スレても傷つきにくいなぁと言った印象。

この辺りはお子さんが外で使うにはぴったりだと思います。

 

デメリット

消耗すると言う事

 

パーツの交換は便利な反面、面倒でもあります。

これは完全に人によると思うのですが、ラフに使いたいと思う方には面倒かも?

今の時代ネットで簡単にポチれば届くので、事前に買っておくのも悪くないと思いますよ。

 

<追記>買い換えました

 

かなり内部が汚れてきたのと蓋が弱くなってきたので、最新のモデルに買い換えました。

かなり軽くなっていて、使いやすくなりました。

 

 

蓋の形状は変わりましたね。

これからまた5年くらい大事に使いたいです。

 

おすすめ品

ケータイマグ500ml ワンタッチオープン

ケータイマグ 500ml エスプレッソ

350mlタイプ

1Lのスポーツタイプ

500ml コップタイプ

熱い飲みものを持ち歩く時には、保温性が強すぎると冷めないのでコップがおすすめ。

 

まとめ

 

サーモスのマイボトルは総合的な評価では揺るぎないNo.1だと思います。

使いやすいし、携帯性に優れる軽さで持ち歩きやすいし、何よりも保温性がすごい。

どこでも手に入る割に値段もお手頃。

流石海外からのお客さんもいっぱいお土産に買って帰るはずですね。

 

関連記事

CORKCICLE(コークシクル) キャンティーンを3年使った感想[レビュー]

2018.09.07

一番お気に入りのマイボトル コークシクル

パタゴニア klean kanteenを2年使った感想[レビュー] マイボトル

2017.09.27

アウトドアに欠かせないクリーンカンティーン

スポンサーリンク