2017年版 辻村深月 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新)

直木賞作家の辻村深月さんの作品を刊行順にご紹介。

作品ごとに共通するキャラも居るので読む順番にも注意して見てください。

感想を交えて、全作品をご紹介します。

スポンサーリンク

  1. 冷たい校舎の時は止まる(2004年)評価6/10
  2. 子どもたちは夜と遊ぶ(2005年)評価6/10
  3. 凍りのくじら(2005年)評価8/10
  4. ぼくのメジャースプーン(2006年)
  5. ドラことば 心に響くドラえもん名言集(2006年)エッセイ
  6. スロウハイツの神様(2007年)評価7/10
  7. 名前探しの放課後(2007年)
  8. ロードムービー(2008年)短編
  9. 太陽の坐る場所(2008年)
  10. ふちなしのかがみ(2009年)短編
  11. ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。(2009年)
  12. V.T.R.(2010年)
  13. 光待つ場所へ(2010年)短編
  14. ツナグ(2010年)短編
  15. 本日は大安なり(2011年)
  16. オーダーメイド殺人クラブ(2011年)
  17. 水底フェスタ(2011年)
  18. ネオカル日和(2011年)エッセイ
  19. サクラ咲く(2012年)
  20. 鍵のない夢を見る(2012年)評価5/10 短編
  21. 島はぼくらと(2013年)
  22. 盲目的な恋と友情(2014年)
  23. ハケンアニメ!(2014年)
  24. 家族シアター(2014年)短編
  25. 朝が来る(2015年)
  26. きのうの影踏み(2015年)短編
  27. 図書室で暮らしたい(2015年)エッセイ
  28. 東京會舘とわたし(2016年)
  29. クローバーナイト(2016年)
  30. かがみの孤城(2017年)

読む順番

辻村ワールドは作品の中でリンクしてるキャラが現れます。

そんな楽しみを逃さない為にもお勧めの読書順です。

ただ初期の頃の作品はとても暗くて、取っつきにくさもあるのであるので、最近の作品から読まれて面白かったらこの順番に巡るのも良いと思います。

東野圭吾さんの全作品紹介

池井戸潤さんの全作品紹介

伊坂幸太郎さんの全作品紹介

朝井リョウさんの全作品紹介

読書するならKindleがおすすめ

読書するならKindleお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク