2018年6月に読んだ本16作品の紹介

 

2018年の6月に読んだ本の紹介です。

今月は時間がそこそこあったので、少し多めの読書が出来ました。

スポンサーリンク

2018年6月に読んだ本16作品の紹介

未来の年表2

1を読んで衝撃だったので、2も発売してるのに気づいてすぐに購入。

1は日本や世界で起こる大まかな年表であったのに対して、2は身の回りで起こり得る情報が詰まってます。

あらかじめどんな未来が起こる可能性があるのかと言うことを知っていると、リスク回避にもなるのでこういった本を読むのは非常にオススメです。

ダーク上下

久しぶりの桐野さんの作品は、上巻はかなり良い感じだったのに下巻で一気に微妙な展開。

後で知ったのが続きものの物語だった事。

人物を深く知って読むのかどうかで、感情移入の度合いも変わるんだろうなと思ってちょっとミスった感じです。

また読み直そうかな。

 

窓の魚

西さんの軽く読める作品が多い中、ちょっと純文学的であり表現の仕方がいつもと違う作品。

期待してた方向性とは違っていたけども、これは非常に驚かされた。

 

最高の食事

ベストセラーとなり、アマゾンのレビューも凄かった割にめちゃくちゃ読みにくい本。

ダイエット的な人に人気だけど、実際どうなのかな?

 

出版禁止

これはかなり面白かったトリックのある物語。

なかなか伏線の張り方が優秀であり、ラストまで目が離せない展開。

ドキドキ、ハラハラの楽しみがあります。

億男

世界から猫が消えたなら」の川村元気さんの著書。

お金の格言を沢山知れて、お金の本質を物語で知れるなかなか面白いストーリでした。

犯人に告ぐ上下

初めての雫井さんの小説にチャレンジ。

ちょっと特殊な展開で魅せる警察の小説でしたが、エンタメ感が強くかなり突っ走って楽しめます。

没頭できる感じが強くて、あっという間に読破できるのでお勧め。

エンドゲーム

3部作となる常野物語のラストは結構微妙でした。

恩田さんもこんなチャレンジするんだなと、表裏のめまぐるしく変わる展開が 凄い。

序盤は良かったのに終盤ちょっと方向性が残念でした。

 

レバレッジ時間術

サラサラと30分くらいあれば要点を濃く知れるのでなかなかお勧め。

さすが時間術の本だけに要領よく読める様に書かれてますw

時間=お金に直結する部分なので、実はかなり大事なんですがそれが分かるのは20歳過ぎてからの時期。

そこから本気で仕事したいなら、時間に追われるな。

 

カラスの親指

道尾さんは最近ハマってるのですが、これが一番長編でした。

なかなか交わらない部分を交わらせて、一気に物語を面白くする展開はさすが。

ラストへの伏線の展開はやっぱり見事でしたね。

 

未来の働き方を考えよう

ちきりんさんの本は何冊か読んでますが、どれも本気で勉強になります。

これは2012年位の出版なんだけど、内容的に今の時代にバッチリな話で、働き方や生き方を模索したい方には凄くお勧めです。

 

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

医者が教える食事術」読んだ時にお勧めされた本で、読んでみると30分くらいで軽く読めて、要点しっかりと分かりやすいのでまとまりが良いです。

数字的な話も裏付けはあるし、ある程度参考にしたいなと思う発見がたくさん。

テレビとか新聞とか、どれが正解か分からない様な話は沢山ありますが、情報は色々と知った方がいいので沢山ある中なら自分で拾っていきましょう。

 

サピエンス全史 上

去年のベストセラーと言えば「君たちはどう生きるか」とコレですね。

なんで今更歴史?って思うけども、人類の歴史を辿ると人間の本質がはっきり浮かんできて非常に面白かった。

思想や宗教の話やお金的な話、なぜ我々が地球上で発展できたのかと言うど真ん中の話までとても勉強になります。

 

四隅大輔

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」 に続く久しぶりの四隅大輔さんの本。

音楽プロデューサー時代のことを中心に本書では語られているのですが、生き方や考え方に深く感銘を受けてしまう作品です。

こんな先輩がいたら良いなと思いながら読んだり、時折出てくる素晴らしい言葉をメモしてじっくり考えながら読んで欲しい作品。

How To本というよりは体験記を書かれた本当に伝わる内容です。

 

リバース

最近なぜか気に入ってる湊かなえさんの小説をまた読みました。

今回のは、本気でミステリーを描いてる感じなんだと思って読んでましたが、最後の最後で大どんでん返しがあり、なかなかやられた感満載

この作家さんを再評価してるので、どんどん読み込んでいきたいです。

勝ち続ける意志力

前からちょっと気になってたプロゲーマーの方の本。

何かの際におすすめで出てきたのだけど、異常にレビューがすごい。

これは読まなきゃと思って買ったら、この人の人生観と前に進む力が凄く勇気を与えてくれました。

ありきたりの言葉が多いのだけど、ここまで説得力を出しれくれる圧倒的な努力の数々が素晴らしい

関連記事

2018年1月に読んだ13作品の本の紹介[読書記録]

2018.01.29

2018年2月に読んだ11作品の本紹介[読書記録]

2018.02.27

2018年3月に読んだ本19作品紹介[読書記録]

2018.03.30

2018年4月に読んだ本20冊作品の紹介・感想

2018.04.30

2018年5月に読んだ本10作品の紹介・感想

2018.05.31

2018年上半期に読んだ本からおすすめ10作品を紹介[読書記録]

2018.07.04

2018年8月に読んだ本15作品の紹介[読書おすすめ作品]

2018.09.07

2018年9月に読んだ本14作品の紹介[読書おすすめ作品]

2018.09.26

スポンサーリンク