本を安く買うならブックオフの108円を漁れ!メルカリ・アマゾンも実はお得

 

毎月10−20冊ほど本を買うのですが、今回はお得に本を買える方法を紹介します。

とにかく安い古本屋を使ったり、メルカリでまとめてお安くGETしたりすれば良いのですよ。

今日も108円で沢山仕入れてこれたので読むの楽しみです。

スポンサーリンク

本を安く買う方法

ブックオフの108円コーナーを狙え

 

ブックオフみたいな古本屋っていいですよね。

毎日の様に本が売られてて、大量に入荷して来ます。

どんどん入ってくると言う事は、それだけ価値が下がりやすくなって来ます

人気の本なんかは、600円くらいの本でも3-400円代で売られてる場合も多いのですが、大量に売れたり、旬が過ぎてしまった本なんかは一気に流れてくるので在庫がダボつきます。

 

そうなると嬉しいのが、108円のコーナーに人気作品が沢山並ぶんですね

108円のコーナーって、もちろん傷や傷んだ本も多いのですがそう言った在庫の増え過ぎた場合にも結構処分価格として置かれています。

 

 

MIYATAKE
BOOK OFFに行ったら108円コーナーしか見ないw

それ位お得に買える本が多いです。

本なんて読めればいいし、1回読んだらもう読まないって場合には、そのまま誰かにあげたり、処分してしまえばいいわけですからね。

もちろん、好きな作家の場合は必ずハードカバーで新作買いますし、あくまで古い本や読んでみたくなった作家さんに限ります。

 

ちなみにお店によって全然豊富な度合いが違うので、地域を変えて色んな店舗を回るのがオススメ。

私の場合は出張が多いので、出張先などで色々と見てるとありえないくらい充実してる店舗があって驚きます。

そして、買った本は月に10冊は読んでしまうので、そのまままとめて売りに行く場合が多いです。

関連記事:BOOK OFF(ブックオフ)で文庫本を22冊売ってみたので買取価格公開

MIYATAKE
読めれば良い本はBOOK OFFで108円コーナーを狙う

メルカリのまとめて出品はお得

 

最近結構狙ってるのが、メルカリのまとめ売りの出品物ですね。

送料無料で3000円で40冊なんて、1冊100円以下になります。

読みたい本がもし詰まってるのであれば、これほどお得に買えることなんてなかなか無いですからね。

現実的には3冊で400円くらいの物を買うことが多いです

結構読んだことない作家さんとかの作品に触れるきっかけも増えてお勧めです。

MIYATAKE
メルカリは手軽なので、非常に狙い目

 

アマゾンのマーケットプレイス

アマゾンの個人出品で最安値が100円の本って沢山あるんですよ。

あるカラクリがあって、出品者も儲かるようになってるのですが、買う側にとっては1円と送料だけの話なので、これもかなり安く手に入れることができます。

ブックオフみたいに探し回らなくて良いのが、メルカリもアマゾンも時短で良いですよ。

ただマーケットプレイスのデメリットは、状態があやふやな事ですね。

読めれば良いって方ならお勧めです。

 

読んだ本はメルカリで売れば、意外と売れます

 

メルカリは事前に売値がわかるので、もしセットでも400円以上で売れる本があるならブックオフに持って行くよりもお得に売れます。

1冊300円の値段で売れてる本があれば、同じ作者や類似の作品を2−3冊セットにして500円ほどで売ってみて下さい

意外と売れるので、単品で価値のない本まで一緒に処分できます。

その際はゆうゆうメルカリ便で発送すればA4サイズで、厚さ3cmまで175円で送れます。

関連記事:メルカリで本を高く売る4つのコツ!出品~梱包や発送方法を紹介[簡単副業]

 

最後の手段はブックオフにまとめ売り

 

どうしても売れない本やボロの本に関しては、最終的にブックオフなどの古本屋がおすすめ。

本ってなかなか捨てるの可哀想なので、せめて誰かの手に渡って読んで貰いたいですからね。

関連記事:[第2回]ブックオフで文庫本を25冊売ってみたので買取価格公開

売る際は、値札は綺麗に剥がしましょう

関連記事:ブックオフで買った中古本に付いた値札のきれいな剥がし方

 

まとめ:本を売るのも買うのも一工夫が必要

 

本って知らず知らずのうちにお金が掛かっていて、意外と持っていても読まないんですよね。

ここ数年本棚を整理してからは、読んだら売ってどんどん回して行くようにしています。

たとえ1年後に読みたくなるなら、また安くなった時に買えば良いと思ってます。

 

関連記事

スポンサーリンク