BOOK OFF(ブックオフ)で文庫本を22冊売ってみたので買取価格公開

連休という事で少しお部屋の整理をしようと読まない本を分別。

旬が過ぎた本達はBOOK OFFへ売りに行きました。

いつもの通り驚愕の買取価格だったので、全部公開します。

スポンサーリンク

ブックオフの文庫本買取価格

買取価格

上の4冊が新書で、他の18冊が文庫

ほぼ5円〜10円が目立ちますね。

内容的にはほとんどBOOK OFFで購入した古本。

中には300円代もありますが、108円物も多かったと思います。

中でも面白かったのは有川浩さんの「図書館戦争1」と五十嵐さんの「リバース」は100円で買って、60円と40円で売れました。

需要と在庫のバランスでこんな事もあるんですね。

22冊売って、370円の価格となりました

元々2度と読まないであろう本だったので、捨ててもいい位でしたが、本は捨てるのに抵抗あるんですよね。

ぜひ眠ってる本は古本屋さんへ持って行って、次の誰かに読んで貰いましょう。

BOOK OFFの買取に必要なもの

・売りたいもの(本・CD・DVDなど)

・身分証明書(免許書・保険証・パスポート等)

詳しくはBOOK OFFのHPへ

1点からでも気軽に買い取って貰えて、査定も早いので本当に要らないもの・処分しようと思う物に関してはとても便利です。

その分個人売買のヤフオクやメルカリで値段が付く様な物でも、かなり安価な買取価格になります。

私の場合は新しいものなどは、旬のうちにヤフオクで売ることが多いですね

発売1ヶ月も過ぎれば一気に値段が変わるので、出来るだけ早く買って、早く読んで、売ってしまえば本やCDは比較的販売価格に近い金額で売ることも可能です。

特に本屋大賞・直木賞・芥川賞などの話題作は、その瞬間に高騰するので特にオススメです。

[第2回]ブックオフで文庫本を25冊売ってみたので価格公開

メルカリでの本の送り方を紹介してます

メルカリで本を送るおすすめはスマートレター!梱包から発送方法を紹介
私は月に平均して10冊以上本を買ってます。年間にすると100冊以上になりかなり保管が大変な状況になります。 そこで最近...

今回売った本の中でのおすすめ

伊坂幸太郎さんの作品らしいユーモア溢れる物語

叙述系の代表作の一つで、最後の最後まで騙されてしまいます。人によっては気づかないかも?読んでなかったらおすすめ作品。

叙述ミステリーの金字塔。これも見事に騙されてしまいます。館シリーズは全部持ってますが、なぜかこれ2冊ありました。

宮部さんのSFモノですが、かなり面白いです。

東野さんの不倫モノですが、最後にどんでん返しがあります

本を増やさないならKindleおすすめ

電子書籍なら本が増えないので困りません。

積読しない為の読書法

積読しない為の読書法!読まない本の断捨離と読む為コツを紹介
本好きにありがちな収集癖。いわゆる積読(つんどく)本。読みたいから。気になるから。安いからと思い手を出してしまい、どんどん本棚や机に積まれて行く現象です。私も一時は50冊を超える未読の本が溜まっておりましたが、全部綺麗に整理したおかげで常に紙の本とKindleで各5冊までをキープ。今回は、積読をやめるコツを紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする