2018年今読みたい小説・本のまとめ

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

 

毎日読みたい本が尽きないので、読みたい本リストを備忘録の意味も含めて作ってみました。

インスタで紹介頂いたり、本屋で出会ったり、アマゾンで安かったりともう多すぎて訳分かりません…。

とりあえず片っ端から読みたいです。

スポンサーリンク

2018年今読みたい本のまとめ

原りょう「私が殺した少女」

直木賞作品。

ハードボイルドなサスペンス小説は興味津々です。

 

角田光代「私の中の少女」

インスタでお勧め頂いた。

女性作家の描く女性の葛藤が読んで見たい。

 

小川糸「にじいろガーデン」

インスタでお勧め頂いた本。

あらすじ見てから物語にとても興味を持って、読みたくなった。

 

森絵都「出会いなおし」

インスタでお勧め頂いた本。

人との出会いを物語にした、あらすじ読んだだけで読みたくなる1冊。

 

米澤穂信「追想五断章」

インスタでお勧め頂いた本。

米澤さんは「ボトルネック」以来読んでないので、久しぶりに読みたい。

 

清水あやこ「女子の心は、なぜ、しんどい?」

インスタで表紙見て読んで見たくなりました。

なんかドロドロとしてる中を突き抜けて、素敵な世界がありそう。

 

星新一「ねらわれた星」

先日読んだ本の中でも紹介されてた本。

軽く読んで見たい短編集。

 

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

これも先日読んだ本で紹介されてた1冊。

ノーベル文学賞してからまだ読んでないんで、これをきっかけに読んでみたいです。

 

赤川次郎「マリオネットの罠」

叙述系トリックの有名作品でまだ未読な1冊。

いつも忘れていてなかなか読めてません。

 

早瀬耕「未必のマクベス」

これは書店で出会ったのですが、分厚かったので一旦却下。

Kindle版で読みたいと思います。

 

蓮見圭一「水曜の朝、午前三時」

これも書店で見て気になった1冊。

あらすじ読んだだけで感動しそうなお話です。

 

関連記事

スポンサーリンク