「 小説 」一覧

伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」感想 世代を超えた恋愛短編作

伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」感想 世代を超えた恋愛短編作

この所伊坂幸太郎さんの作品をまとめ買いしていたので、読んでなかった作品を一気読みする読書の秋。今回は「アイネクイライネナハトムジーク」を読みました。伊坂ファンにはお馴染みで、ジェットコースターのようなワクワクする伏線たっぷりな短編小説。伊坂さんでは珍しい恋愛小説で、ドキドキと甘酸っぱい感情もあって楽しめましたよ。

初めての伊坂幸太郎おすすめ作品ベスト5!迷ったらまずこれを読もう。

初めての伊坂幸太郎おすすめ作品ベスト5!迷ったらまずこれを読もう。

会話はポップなのに物語は結構スリリング。出てくるキャラも一筋縄ではいかない伊坂幸太郎さんの作品。ハマる人は次々と読みたくなる要素がたくさんある著者なんですが、当たり外れがあるのも事実。最初に読んで欲しいハズレのない名作を5作品一挙に紹介します。

[2018年版] 伊坂幸太郎 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新) 

[2018年版] 伊坂幸太郎 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新) 

続きを読みたい期待感と完成度の高いストーリーを作る天才作家 伊坂幸太郎さん。全作品は読んでないんですが、8割以上読破しているので、改めて刊行順に作品を並べて改めて確認しました。ハズレが少なく、ファンになったら個性の強いキャラの虜になる事間違いなし。おすすめ作品の感想も。

東野圭吾「マスカレードナイト」感想 2017年新作は待望の仮面ホテル

東野圭吾「マスカレードナイト」感想 2017年新作は待望の仮面ホテル

東野圭吾さん待望の新刊が9/17に発売と言う事で早速読みました。今年の新作第2弾となるのは「マスカレード・ナイト「マスカレード・ホテル」「マスカレード・イブ」に続く3作目となります。新田・山岸の名コンビが今回も大活躍。あらすじや感想レビューをどうぞ。

池井戸潤「花咲舞が黙ってない」感想 13年ぶりの続編小説に半沢直樹登場!?

池井戸潤「花咲舞が黙ってない」感想 13年ぶりの続編小説に半沢直樹登場!?

本屋に行くと新刊コーナーに「花咲舞が黙ってない」が並んでる。ドラマの影響で「題名変わった?」と思いましたが、なんといきなり文庫で「不祥事」の続編が13年ぶりに登場。「銀翼のイカロス」と共に購入したので感想をどうぞ。サプライズでの半沢登場はファン待望の一大コラボ。

[2018年版] 朝井リョウ 全作品一覧を刊行順にご紹介(新刊随時更新)

[2018年版] 朝井リョウ 全作品一覧を刊行順にご紹介(新刊随時更新)

若き天才直木賞作家「朝井リョウ」先生の作品を年代順にまとめてみました。ゆとり世代独特の感性で描かれる物語は、今の時代を象徴する様な鋭い観点や男なのに女性目線の気持ちを上手く描いた繊細な物語があってとても多彩な表現力を持っています。感想レビューも随時更新。

[2018年版] 池井戸潤 全作品一覧を刊行順にご紹介(新刊随時更新)

[2018年版] 池井戸潤 全作品一覧を刊行順にご紹介(新刊随時更新)

ドラマ化や映画化された作品の多い池井戸さんの人気作品。備忘録の意味も含めて全作品リストを刊行順に並べて整理しましたので、読んでいない本のチェックに参考にしてみて下さい。一大ブームを起こした半沢直樹や花咲舞など認知度の高い作品も多いです。感想レビューも随時更新。