「 本 」一覧

前田祐二「人生の勝算」を読んだ感想 人生とビジネスの本質とは何かがよく分かる

前田祐二「人生の勝算」を読んだ感想 人生とビジネスの本質とは何かがよく分かる

先日読んだキングコング西野さんの「魔法のコンパス」の中で紹介されていた前田祐二さんという方の「人生の勝算」という本を読みました。「勝ちに行ってる強気なタイトルだな」と思ってましたが、内容はかなり柔らかくて、分かりやすい文書と確かな経験とそれに裏付く実績を形にしているのでかなり面白い本でした。それでは感想をどうぞ。

西野亮廣「魔法のコンパス 道なき道の歩き方 」読んだ感想 革命の起こし方

西野亮廣「魔法のコンパス 道なき道の歩き方 」読んだ感想 革命の起こし方

キングコング西野さんの著書「魔法のコンパス」を読みました。最近のクリエイティブな活動をしてる西野さんは知ってたのですが、本まで出してるとは思わなかったです。ホリエモンも推薦する位面白い発想力と実行力を持った方なので、とても参考になります。

堀江貴文「本音で生きる」を読んだ感想 みんな悩むより行動しよう

堀江貴文「本音で生きる」を読んだ感想 みんな悩むより行動しよう

ホリエモンの著書3作目は「本音で生きる 1秒も後悔しない強い生き方」を読みました。帯に書かれてる「他人に振り回されないホリエモン的人生の使い方」と言うのが本当によく分かる内容だったと思います。今の環境が生きづらいとか、もっと自由に行きたい・やりたい事をやりたいと思う方はぜひ読んで実践していてください。

藤村正宏「新版 安売りするな価値を売れ」感想 エクスマ思考で価値を見出せ

藤村正宏「新版 安売りするな価値を売れ」感想 エクスマ思考で価値を見出せ

SNSを使ったマーケティングで圧倒的な支持を持つマーケティングコンサルタント藤村正宏さんの新刊「安売りするな価値を売れ」が発売となりました。早速買って読んだので感想レビューをどうぞ。これからの時代のSNSでお客さんと繋がって売り上げを伸ばしたいなら、どんな業種でも必見の内容です。

山本ゆり[スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件]を読んだ感想 笑えて泣ける

山本ゆり[スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件]を読んだ感想 笑えて泣ける

本屋で探してた本の近くにあった表紙が気になった1冊。「スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件」タイトルが無性に気になって、どんなビジネス書籍なのか?とめくってみるとエッセイ本でした。読み始めると笑いが止まらない。「これはここで読み続けると人の目が怖い」と言う事で購入したのですが、超面白いので感想をどうぞ。

恩田陸「夜のピクニック」感想 青春の一時を思い出そう

恩田陸「夜のピクニック」感想 青春の一時を思い出そう

恩田陸さんの2005年本屋大賞受賞作品「夜のピクニック」を読みました。恩田さんの作品は、直木賞&2016年本屋大賞受賞作の「蜜蜂と遠雷」に続いて2作目。どちらも素晴らしい作品でしたが、本作は青春の1ページに刻むに相応しいとても温かくて素敵な物語です。それでは感想をどうぞ。

「誰がアパレルを殺すのか 」を読んだ感想 もう業界の常識は通用しない時代

「誰がアパレルを殺すのか 」を読んだ感想 もう業界の常識は通用しない時代

SNSで芸能人より芸能人の短パン社長の投稿でも話題となってた本「誰がアパレルを殺すのか」を読みました。アパレル業界とは全くの異世界で仕事をしていますが、これは日本の企業全体に言える危機感が漂っている話が現在進行形で起こってます。ぜひこれを読んで同じ過ちを犯さない為にも行動を起こしましょう。それでは感想をどうぞ。

原田マハ「本日は、お日柄もよく」小説を読んだ感想 言葉の力は世界を変える

原田マハ「本日は、お日柄もよく」小説を読んだ感想 言葉の力は世界を変える

タイトルと表紙が色んな所で印象に残ってた作品。原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」を読みました。著書の作品は初めて読むし、全く本書に対する知識も無いまま読みましたが、結果オーライの大感動の1冊でした。これはぜひ沢山の方に読んで欲しいと思う言葉が沢山の本なので感想をどうぞ。

堀江貴文「好きなことだけで生きていく」感想レビュー 本当にその仕事楽しいの?

堀江貴文「好きなことだけで生きていく」感想レビュー 本当にその仕事楽しいの?

先日の「多動力」(レビューはこちら)にに続き感銘を受けたホリエモンの新刊を読みました。人間生きていくうえで一生共にしないといけないのが仕事。悩みもストレスも尽きない一番の事だと思います。好きな事だけやって生きていく堀江さん流の後悔しない働き方の決定版と書かれた本書もとても素晴らしかったので感想をどうぞ。

堀江貴文「多動力」感想レビュー 悩める人必見!これを知ると楽になるよ

堀江貴文「多動力」感想レビュー 悩める人必見!これを知ると楽になるよ

SNSで話題になってたホリエモンの最新本「多動力」を読みました。ITの話題と共に一時代を気づいた天才カリスマ経営者であり、今や色んな分野に進出し肩書きだらけの著者の考えと言うものが晒された本書。1400円でこんなに得した気分になったのが久しぶりなので感想を書いておすすめします。

池井戸潤「アキラとあきら」感想 今までの集大成な感動の長編物語 ドラマ化決定!

池井戸潤「アキラとあきら」感想 今までの集大成な感動の長編物語 ドラマ化決定!

池井戸潤さんの待望の新作「アキラとあきら」はなんといきなり文庫で登場。しかも、700ページの長編小説でタイトルも興味深いような平仮名と片仮名。WOWOWでドラマ化も決定しているようなので、いつもの様に感動させてくれるのでしょうか?と期待して読み始めましたよ。感想と評価をどうぞ。

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」青春小説を読んだ感想レビュー・ネタバレ

朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」青春小説を読んだ感想レビュー・ネタバレ

朝井リョウさんの「桐島、部活やめるってよ」を読了しました。朝井さんの作品は「何者」「スペードの3」「もういちど生まれる」「少女は卒業しない」に次いで5作目。今回もものの見事なストーリーに思春期の学生たちの見事な表現力に脱帽しました。