[解散発表]チャットモンチーのおすすめ人気曲とセトリ 平成最強のガールズバンド

 

今回は僕ら世代の中で一番輝いてたガールズバンド「チャットモンチー」のおすすめのアルバムや人気曲・最新セットリストもご紹介。

メンバー脱退をくぐり抜けて、ついに解散の発表となったバンドを最後まで応援したいです。

チャットモンチーとは

2000年に結成された徳島出身のロックバンド。(現在は2人で活動中)

橋本絵里子(ボーカル/ギター)、福岡晃子(ベース/ドラム/コーラス)による2ピースで現在は活動中。(2017年1月)

2004年まではドラムのメンバーが入れ替わりながら活動していたが、同年に高橋久美子が加入。

2005年に1stミニアルバム『chatmonchy has come』にてメジャーデビュー。プロデューサーはスーパーカーのいしわたり淳二。

2006年に発売した3rdシングル『シャングリラ』で初のオリコン週間8位を獲得。

2007年には2ndアルバム『生命力』を発表しオリコン週間2位を獲得。

2008年には武道館2daysを開催。両日ともソールドアウトとなる。

2011年9月29日のライヴをもって高橋が脱退。(作家・作詞家として活動中)

2012年は2ピースバンドとして活動。

曲毎に楽器の演奏が変わる変幻自在なスタイルでしたが、流石に少し無理がありましたね。

2013年には橋本絵里子が結婚・妊娠を発表。相手はロックバンドtacicaのVo.猪狩って事で驚きました。

2014年からは4人体制・6人体制とサポートを向かえ活動再開。

2016年に「チャットモンチー・メカ」として再び2人体制の活動を始める。

2018年7月を持って解散を発表

 

お勧め曲

ハナノユメ

 

デビュー曲であり、ライブでの人気曲。

やっぱりライブハウス最高ですね。

 

恋の煙

 

1stアルバム「耳鳴り」収録の1stシングル。

デビュー当時から勢い出まくりでカッコ良かったなぁと思わせる1曲。

 

 

恋の煙

 

イントロ鳴った瞬間から一気にテンション上がる名曲。

歌詞もチャットらしくて、甘苦くていいです。

 

シャングリラ

 

2ndアルバム「生命力」収録のチャットモンチー最大のヒット曲。

チャットと言えばこの曲と言う位に広まりました。

ライブでも鉄板の盛り上がりで、とにかくノリノリです。

個人的にはこのアルバム1曲目の「親知らず」は泣ける位良い歌詞です。

 

バスロマン

 

遠距離恋愛のウキウキな気分を上手く表現した名曲。

アコースティック版もほんとに良いですよ。

 

染まるよ

 

3rdアルバム「告白」収録の9thシングル。

心地の良いベースとえっちゃんの声がベストマッチしてめっちゃ凄く心に響く1曲。

夜に聴くと歌詞を考え込んで寝れなくなるので要注意。

特にこの3曲が入った初期3部作は本当に名作です

東京ハチミツオーケストラ」は一人暮らしを初めた時を思い出す名曲。

 

風吹けば恋

 

CMにも起用されたので知ってる方も多いはず。

サビの疾走感に尖った歌詞が最高です。

 

Last Love Letter

 

涙は他人(ひと)に見られて初めてカタチになる

この頃のバンドは無敵だったなぁ。

 

湯気

 

ライブで大人気のカップリング集に収録の1曲。

ノリも良くて、リズムが最高です。

 

こころとあたま

 

サポート入れて4人体制となった6thアルバム「共鳴」に収録の1曲。

前作がイマイチだったので、かなりカッコ良い曲が生まれました。

ドラムはなんとHi-STANDARDの恒岡章です。(実はえっちゃんがハイスタのファンでライブでカバーとかもしています。)

 

majority blues

 

そして、最新シングルからの1曲。

ここ数年は、あまり良い作品無かったと思ってたらこれはめっちゃハマった。

エモ過ぎる位に歌詞が突き刺さって、切なさが凄いです。

 

サラバ青春

 

最後のライブでこれを聴きたすぎる青春の歌。

卒業シーズンに超オススメの泣ける1曲。

 

たったさっきから3000年までの話

チャットの終わりを告げるラストアルバム誕生に収録されたリードトラック。

いきなり歌詞にびっくりしましたが、変速のビートで一気に展開していく曲調がとてもカッコいいと思いました。

かなり変身していくバンドだけにラストはどんな進化を遂げてくれるのか楽しみです。

 

セットリスト<2015/11/11 日本武道館>

  1. CHATMONCHY MECHA
  2. たったさっきから3000年までの話
  3. the key
  4. 裸足の街のスター
  5. 砂鉄
  6. クッキング・ララ.feat. DJみそしるとMCごはん
  7. 惚たる蛍
  8. 染まるよ
  9. majority blues with チャットモンチーアンサンブル
  10. ウィークエンドのまぼろし with チャットモンチーアンサンブル
  11. 例えば、with チャットモンチーアンサンブル
  12. 東京ハチミツオーケストラ,with チャットモンチーアンサンブル
  13. さよならGood bye
  14. どなる、でんわ、どしゃぶり
  15. Last Love Letter
  16. 真夜中遊園地
  17. ハナノユメ with チャットモンチーアンサンブル
  18. シャングリラ
  19. 風吹けば恋
  20. サラバ青春 Pianoあっこびん Voえっちゃん Chorus武道館にいたチャッ友

歴代アルバム

インディーズ

 

1st 耳鳴り

 

2nd 生命力

 

3rd 告白

 

4th YOU MORE

 

5th 変身

 

6th 共鳴

7th「誕生」

 

ベスト盤

カップリング集

 

魅力溢れるガールズバンド

 

チャットモンチーは時代と共に変わっていく変幻自在なある意味自由なバンドとなってしまいましたが、初期からの楽曲のクオリティーはとても高くて、演奏能力も十分過ぎるほどあります。

えっちゃんの歌唱力と心に響く素敵な歌詞はまだまだ健在なのでこれからも是非是非頑張って続けて行って欲しいです。

 

<追記>2018年7月に解散発表

遂にこのタイミングが来たかと思う悲しいお知らせ。

Dr.のクミコン脱退後は、バンドは色んな変化をして来たのだけど、全く上手くいってる感じもなく、曲のクオリティもどんどん下がって行くばかり。

3部作以降は本当にピンとくる曲も少なく、どうなるんだと思ってましたが、結婚とか出産とかを経て再びバンドは活動をして行く。

近年のシングル曲は結構好きだったんだけど、ソロとかでの活動も目立って来て気になってたタイミングで遂に解散の発表となりました。

本人達がやりきったと思うタイミングでの潔い解散は良いんじゃないかと思いますね。

最後に1回懐かしい曲を沢山やるライブを見たいね。

できればクミコン参加して欲しいよ。

スポンサーリンク