おづまりこ「おひとりさまのゆたかな年収200万生活 」感想 ゆるくて楽しい一人暮らし

 

本屋で表紙の気になったコニックエッセイを読んでみました。

おづまりこさんという方の「おひとりさまのゆたかな年収200万生活」という本。

ゆるく、とてもゆったりとした自分のペースで出来る楽しさそうな生活の詰まった1冊。

感想をどうぞ。

スポンサーリンク

おづまりこ「おひとりさまのゆたかな年収200万生活 」

あらすじ

今ある年収で、私らしく。

愛されて7万部・おづまりこの「おひとりさま」コミックエッセイ最新刊!
「レタスクラブ」「コミックエッセイ劇場」での大人気連載に80ページ以上の描きおろしを加えてオールカラーで刊行♪

上京して10年、年収約200万円の派遣OLとして暮らしてきたおづさん。
お金があればあるだけ使ってしまう女子でしたが、「月の予算を12万円に決めた」ことで
身のたけに合ったやりくりができるようになりました。

お気に入りの花瓶に花を活けたり、コーヒー豆を挽いてゆったり朝時間をすごしたり、くつしたでおしゃれを楽しんだり。
そんな自分らしく満たされた「ゆる節約生活」のヒントを描くコミックエッセイです!

感想

アラサー漫画家の方の書いてるコミックエッセイ。

本屋で見つけた表紙に惹かれて手に取ってみたら、中身のゆるさがとてもほんわかして癒してくれそうだったので購入w

大事ですよねこんな感じの直感的な出会い。

 

作者の方は、月の食費2万円。

その他にも、固定費だったり、趣味費用など完全に月の予算を決めた月12万円と言う生活費で暮らしてるらしいんですね。

 

年間で言うと予算は160万円。

なんと年収200万円でも、40万も貯金されてる?位生活に余裕があります。

世の中には、年収700万でも貯金0とかの人も居るので、これは凄い生活です。

 

ゆる節約は効果的

 

私も20代前半の時に経験がありますが、毎月5万円貯めようと思いなんかとっても貧しい生活をしていました。

スーパーの安い食材を求めたり、中古でばっかり服を買ったり、とにかく節約するのに必死で値段ばかり考えていきて来た。

でも、そんな生活してるとお金は溜まっても豊かさや満足感0なんですよね。

数年後に「なんでこんな事しないといけないんだ?将来よりも今楽しもうよ〜」と思った瞬間に変わったんですよね。

 

 

めっちゃこのページに共感できたのですが、

タイトル
生活費をもっと削ればお金がもっと貯まるかもしれないけど…

買いたいものは買って、会いたい人には会える生活を大切にしたい

そもそもの生きる目的意識がなくなってしまうので、お金の本質を見失ってはいけませんよ。

その為にはやっぱり、お金の本を読んで勉強するのはとても大事でしたね。

 

どんな本にも書いてるけど、自分の支出を把握してみて

・消費…生活必需品(食べ物・日用品)

・浪費…生活に必要ないもの。その値段以上に価値のないもの。(外食・飲み代・無駄な趣味)

・投資…将来的に役立つもの。(本・勉強・仕事道具・体験)

この3つのバランスを考えるのがとても良いと思います。

特に無駄でしかない浪費を抑えて、自己投資にどれだけ回せるかがポイント

まずは、家計簿アプリを1ヶ月つけて自分が何にお金を使っているのか把握しましょう。

そうすれば、自分の支出が見える化して、何を辞めたらいいのかわかりますよ。

 

私の節約ポイント

外食費を抑える

筆者と同じで、極力一人の外食を抑えて出来る限り自炊しています

ただ働いてるので、時間のない日はコンビニとかスーパーの惣菜を使って時間の節約になるものは積極的に取り入れています。

極力1ヶ月の費用25,000~30,000円以内の食生活をしています。

昔は20,000円でも生きてけましたが、別にお金余っても仕方ないので無理なく食べたいものを買ってますね。

家ではお酒も週末だけしか飲まないって決めてるので、お酒代も1,000円程度。

 

固定費を抑える

スマホは、格安SIMで月1,800円。

電気代は、2,000円以下。

ガス代は、2-3,000円。

特にスマホ代は、キャリアを使わないのが大きいですね。

ブロガーなので、他にインターネット回線は使ってますが、そちらは投資費用。

 

服などは無駄に買わない

一時期無駄に服があるのに着るものがない状態に陥りました…。

そこで出会ったのがこんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法

あれ読んでから世界が変わり、お気に入り以外のもをばっさり断捨離。

そして、買う時に必要かどうかしっかり考えて買い物する様になりました。

お気に入りの物だけの生活って、毎日がわくわくします。

趣味にはお金を使う

 

音楽が大好きなので、ライブには毎月の様にお金を使います

これは生きていく上で一番大事な楽しみ。

仕事して、お金稼いでも、自分の好きな事出来ないなら生きる価値がないと思うので、これは無理なく、ストレスのない様にやってますね。

 

あと本も月1万円位は買って読んでますね

今はメルカリとかですぐに手放しても半分以上戻ってくるし、上手に使えば知識のシェアリングはどんどんできます。

Kindle使えば場所も取らずに持っておけるので、お気に入りの本は再度Kindle本で購入したいしています。

 

まとめ

オールカラー1,100円とめっちゃ良心的な本でした。

内容も面白く為になるし、共感する部分も多く、とても楽しく読めます。

特にこれから一人暮らし始める方やお金がないのが辛いって思う方には、これ読んで少しでも勇気を持って欲しいね。

料理の節約の部分も結構為になると思います。

月1回のプチ贅沢や旅行など真似したい事もあったし、この人の感性がとても好きでした。

ブログもあるみたいなので、読者になりましょう。

 

レビューもチェック

お金の勉強はこんな本がオススメ

お金の勉強におすすめの本 20冊紹介[資産運用(投資)・節約・初心者]

2018.04.15

スポンサーリンク