住野よる「かくしごと」感想 人の持つ力が何なのかを考えさせられた

 

住野よるさんの最後の1冊は「かくしごと」を読みました。

キミスイ読んだ時はあまりピンとこなかった作品も、結局全部読んでみると人の気持ちを代弁する感受性豊かな才能に惚れてしまった住野よるさん。

今作は住野さんの作品の中で、圧倒的1番になった名作小説でした。

それでは感想をどうぞ。

スポンサーリンク

住野よる「かくしごと」

あらすじ
きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の著者が贈る、眩しくて時に切ない、共感度 1の青春小説!

感想 評価9/10

かくしごとというタイトルの通り、人には言えないモノを持った5人のクラスメイトが主人公となった5つの短編集。

各物語それぞれで主人公の視点が変わり、それぞれに物語の時は進んでいく。

各パート毎に他人にはない、人の気持ちを知る能力を持っているんですが、その能力が面白いんですよね。

住野さんの表現する世界って、毎度とても感受性が豊か

「なんでこの気持ちを代弁してくれるの?」って位言葉にできない様な気持ちだったり、「他の人もこんな事を想うの?」って位根暗な自分にしか思えない様な繊細な気持ちの変化を見事に描いても時にしてくれる。

読んでて毎回「すげー」の一言が何度も出てしまう。

 

人によって持ってるモノも様々だし、その人に与えられた各仕事も様々であるのがよくわかります。

最後にエルが京に宛てた手紙で描いてた、

「私が皆にしてあげられることがなんなのか、それが、自分が誰なのかという問題の答えのような気がします」

この人手紙を書かせたら天才か!と思いましたよね。

 

どの作品もラノベ感を出しながら読みやすくも、文章の味わい深さは文学的な思考があり、とても味わい深い物語を読める楽しさ。

しかも、どの作品にも小さな謎のタネを蒔いていて、毎回深読みしても驚かされる。

また、キャッチーな会話には言葉遊びがあって、その一言でどれだけ人を幸せにできるの?と言った表現力の豊かさがあります。

「人生なんてさ、やりたいことだけやっててもきっと時間足りないんだ、やりたくないことやってる時間なんてないさ」

一番印象に残ったフレーズ

(MIYATAKE)
人の心って簡単じゃないんだな。そんな所が人間らしくて繊細でいてとても印象的でした。

レビューもチェック

関連記事

住野よる 全作品を読んでのおすすめ作品ランキング5紹介

2018.04.04
おすすめをランキング形式で紹介

住野よる好きにおすすめの音楽を紹介するよ 歌詞の世界観や言葉遊びが素敵

2018.04.05
勝手に好きな音楽と住野さんの作品の感じをリンクさせてみた

住野よる「君の膵臓をたべたい」感想・ネタバレ "キミスイ”映画化決定で号泣確実

2017.05.15
キミスイは話題作だけど、内容的にはほんとにタイトル勝ちであまりお勧めしません。

住野よる「青くて痛くて脆い」感想 青春の終わりの1ページは儚かった

2018.03.04
最新作のこちらは、純文学風でとても面白かった。

住野よる「また、同じ夢を見ていた」感想・ネタバレ 幸せについて考えたくなる素敵な物語

2018.03.21
こちらも言葉遊びが大好きでした

住野よるの全作品一覧を順番に紹介[あらすじ・レビュー]新刊順次更新

2018.04.01
全作品一覧

スポンサーリンク