サマソニの服装と持ち物を紹介 これだけは忘れないで!

サマソニまであと4日。そろそろ本格的に準備を開始。

夏フェスにおすすめの男の服装と持ち物リストを紹介します。

都市型フェスですが、舞洲に都市はないので忘れ物注意です。

スポンサーリンク

服装

Tシャツ

2日とも歴代のサマソニTシャツを着て行きます。

フェスは通常のライブとは違い数万人も居るので、どんな格好をしていても目立ちません

何のTシャツ着てても、ほぼ誰も気にしないので大丈夫です。

ただユニクロのUTのアーティストの柄はかなり着用率高いので要注意(笑)

Tシャツはその場で買うことも可能ですが、新品は汗の吸収がとても悪いので夏場は特におすすめしません。

日焼けが嫌な方はラッシュガードや長袖の着用がおすすめです

日出てる時間帯は、室内ステージに篭る事で体力温存と日焼け防止も可能。

楽しみ方は自分次第なので、一番見たい所に照準を当てましょう。

あと雨予報の場合はカッパを持って行きます。

降る可能性が低い時は、100均のポンチョを念の為バッグに忍ばせておきます。

都市型ですが、雨に長時間濡れると体温が下がって辛いので、必ず対策しましょう。

パンツ

下はグラミチの短パンを履いていきます。

これも動きやすくて、暑くない素材の物がいいと思います。

ジーンズ系のものは履いてるの見てて、かなり暑そうに思いますね。

雨でも降らない限りはキーンのニューポートH2を履いて行きます。

これはつま先が守られて居るので、人が多くて踏まれても大丈夫なやつです。

しかも、フットベットが分厚いので、長時間立ったり、歩いたりしても疲れません。

フェスは立ってる時間が長いので、疲れない靴を選んで下さいね

普通にビーチサンダルの方がいますが、モッシュなどの危険なエリアでは爪が剥がれたりする危険性もあるので絶対止めましょう

雨が降ったらゴアテックスのトレッキングシューズの出番です。

タオル

真夏に忘れてはいけないのがタオル

これは複数枚持っておくのがおすすめです

汗拭く用と日焼け防止用のフード付きをいつも持っています

これもその場でも購入可能ですが、新品のタオルは汗を吸わないので要注意。

当日買ったのはお土産用にして下さい。

バッグ

自転車で使ってるベルーフのメッセンジャーバッグを持って行きます。

これは防水生地で、雨が降っても大丈夫な上に結構な量が入ります。

ライブ中はお腹側にスライドできるので、邪魔にならないし、盗難の危険性も減ります。

物販購入のものはクロークに預けるので、実質入れるのはペットボトル2本とその他の持ち物程度。

あまり大きいリュックとかを持ってると人の密集するところで、かなり邪魔になるので注意して下さい

持ち物(重要)

・チケット

・お金(出来たら小さなお財布に入れましょう)

・スマホバッテリー

・日焼け止め

・飲み物

・保険証(もしもの時の為)

・100均のカッパ

あったら便利な物

・ペットボトルホルダー

・レジャーシート

・ウエットティッシュ

・汗拭きシート

・ハンカチ・ティッシュ

・絆創膏

・塩飴

・冷えピタなどの冷却シート

・スマホの防水ケース・ジップロック

・着替え

・腕時計

・サングラス

・カッパ(雨予報なら)

・長靴(雨予報なら)

雨対策は前後の天気を見ながら考えましょう。

ステージ前方では暑さ対策の水撒きとかもあるので、出来ればスマホは防水の状態にしておくのが無難です。

待ち時間などで食べられる飴類は結構重宝しますので、持っておくのがおすすめです。

フジロックみたいに山奥でも無いので、正直何かあってもどうにでもなりますが、人が多いので万が一の事を想定して無理をせず動いて下さいね

ライブやフェスの物販で買うべきグッズの勧め(体験談)

大阪会場マップとステージ別の写真付き

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする