[2018年版] 池井戸潤 全作品一覧を刊行順にご紹介(新作随時更新)

ドラマ化や映画化された作品の多い池井戸さんの作品。

一大ブームを起こした半沢直樹や花咲舞など認知度の高い作品も多いです。

そんな著書の作品を刊行順にご紹介します。

スポンサーリンク

池井戸潤 作品一覧

1.果つる底なき (1998年)

2.M1(架空通貨) (2000年)

3.銀行狐 (2001年)

4.銀行総務特命 (2002年) 評価6/10

<感想>

花咲舞とはまた違う女性が活躍するお話です。

この頃から池井戸さんのストーリーの必勝パターンは健在ですが、もう少しラストが魅力的だったら良かったのにと残念に思います。

5.MIST (2002年)

6.仇敵 (2003年) 評価8/10

<感想>

仇敵は池井戸さんの中でも大好きなお話で記憶に残る物語。

これはドラマ化されてないのが不思議なくらいですが、影に隠れた水戸黄門さんって感じで本性を現した時が面白い。

7.BT ’63 (2003年)

8.最終退行 (2004年)

9.株価暴落 (2004年)

10.金融探偵 (2004年)

11.不祥事 (2004年) 評価7/10

<感想>

ドラマでは「花咲舞が…」とタイトルの変わったお話の原作です。

この頃からキャラクター性とストーリーの展開が飛び抜けて面白くて、その中に銀行という闇の世界が結構シリアスに描かれて面白かったんですよ。

今読んでもオススメの作品。

12.オレたちバブル入行組 (2004年) 評価7/10

<感想>

池井戸さんの代表作となった半沢シリーズの1作目。

ここから読まないと勿体ない位面白い作品。

13.銀行仕置人 2005年

14.シャイロックの子供たち (2006年)

15.空飛ぶタイヤ (2006年) 評価9/10

<感想>

池井戸さんの作品に出会った次に読んだのがこれ。

三菱自動車の不祥事を元に作られた劇的な物語なんですが、大エンタメ作品となってます。

ドラマ化されたけど、やっぱり原作が一番です。

16.オレたち花のバブル組 (2008年) 評価8/10

<感想>

半沢シリーズ第2弾。

正義は勝つが定着していく感じが堪らなく気持ちいい作品。

闇に葬りたい憎きキャラが多過ぎますw

17.鉄の骨 (2009年) 評価8/10

<感想>

この人の生きるサラリーマンの魂を書かせたら最高の作品ってのがこれだろうね。

読んだ時の葛藤とか思いが込み上げ過ぎて衝撃でした。

18.民王 (2010年)

19.下町ロケット (2010年) 評価9/10

<感想>

池井戸さんの作品で、1冊選ぶなら間違いなくこれです

出会った作品でもあり、一番心に残る力を貰った夢見る物語。

20.かばん屋の相続 (2011年)

21.ルーズヴェルト・ゲーム (2012年) 評価7/10

<感想>

この頃から強いものと弱いものを書くのが必勝パターンになってるんだけど、それを期待してでも読みたいなと思う作品。

やっぱり頑張る姿を応援したくなるんですよ。

22.ロスジェネの逆襲 (2012年) 評価6/10

<感想>

半沢シリーズの第3弾はこれ。

だんだん規模が大きくなってきてるけど、期待度も高いので楽しめます。

23.七つの会議 (2013年) 評価6/10

<感想>

企業の闇を描くの本当に上手いなあと思う作品で、色んな角度から見せていくので一筋縄ではない面白さがあります。

描けば書くほどに期待を裏切りません。

24.ようこそ、わが家へ (2013年) 評価5/10

<感想>

池井戸さんのホラー小説。ホラーといってもやっぱり人間の怖さ。

でも、貴志祐介さんの「黒い家」は超えられないよ。

25.銀翼のイカロス (2014年) 評価9/10

<感想>

半沢シリーズ第4弾。

更にデッカくなった敵と対峙する規模が面白過ぎて、次がまた気になる作品です。

26.下町ロケット2 ガウディ計画 (2015年) 評価7/10

<感想>

下町ロケットを成功させた、佃製作所の次なる1手。

今回も感動させられましたよ。

27.陸王 (2016年) 評価8/10

<感想>

これもドラマになったみたいですが、苦悩で泣かせるのが上手いよね。

人の悩みや迷いにつけ込む悪と正義のバランスが素晴らしく面白い。

28.アキラとあきら (2017年) 評価8/10

<感想>

いきなり文庫で登場の長編小説。

今までの集大成とも言える様な展開で、読んでて見事に人と人が繋がっていく姿が楽しめます。

29.花咲舞が黙ってない (2017年) 評価7/10

<感想>

花咲舞の続編。

なんとあのキャラが登場するサプライズもあり!

やっぱり面白いです。

2017/09/17更新

関連記事

2017年に読んだ本96作品全て紹介 冬休み・お正月休みにおすすめ
2017年もたくさん本を読みました。 今回は今年読んだ本を全てまとめて紹介したいと思います。 本はいつ読んでも出...
2017年に100冊以上読んだ本からおすすめ10冊紹介
2017年ももう少しで終わり。皆さんは本を何冊読みましたか?私はここ数年は毎年100冊を超える数を読み続けていますが、今年も100冊以上読みました。そんな中から本気でお勧めする10冊を感想と共に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする