2017年版 東野圭吾 全作品一覧を順番にご紹介(新刊随時更新) 

東野圭吾さんの大ファンの私は全作品を読みました。

今回は備忘録の意味も含めて全作品を刊行順に並べてリストにしましたので、読んでいない本のチェックに参考にしてみて下さい。

並べてみるとなんと90冊オーバー。使った時間とお金以上の驚きや感動を頂きましたね。

スポンサーリンク

東野圭吾 全作品一

1.放課後(1985年)学園モノ本格ミステリー 評価7/10

2.卒業(1986年)加賀恭一郎シリーズ第1弾 評価6/10

3.白馬山荘殺人事件(1986年) 評価6/10

4.学生街の殺人(1987年)評価6/10

5.11文字の殺人(1987年)評価6/10

6.魔球(1988年)評価7/10

7.ウインクで乾杯(1988年)評価5/10

8.浪花少年探偵団(1988年)評価7/10

9.十字屋敷のピエロ(1989年)評価5/10

10.眠りの森(1989年)加賀恭一郎シリーズ第2弾 評価7/10

11.鳥人計画(1989年)評価6/10

12.殺人現場は雲の上(1989年)評価6/10

13.ブルータスの心臓(1989年)評価7/10

14.探偵倶楽部(1990年)評価6/10

15.宿命(1990年)評価9/10

16.犯人のいない殺人の夜(1990年)評価7/10

17.仮面山荘の殺人事件(1990年)評価7/10

18.変身(1991年)評価7/10

19.回廊亭殺人事件(1991年)評価6/10

20.天使の耳(1992年)評価6/10

21.ある閉ざされた雪の山荘で(1992年)評価6/10

22.美しき凶器(1992年)評価4/10

23.同級生(1993年)評価6/10

24.分身(1993年)評価7/10

25.しのぶセンセにサヨナラ(1993年)評価7/10

26.怪しい人びと(1993年)評価7/10

27.むかし僕が死んだ家(1994年)評価8/10

28.虹を操る少年(1994年)評価5/10

29.パラレルワールド・ラブストーリー(1995年)評価7/10

30.あの頃ぼくらはアホでした(1995年)評価8/10

31.怪笑小説(1995年)評価7/10

32.天空の蜂(1995年)評価7/10

33.名探偵の掟(1996年)評価8/10

34.どちらかが彼女を殺した(1996年)加賀恭一郎シリーズ第3弾 評価7/10

35.毒笑小説(1996年)評価6/10

36.悪意(1996年)加賀恭一郎シリーズ第4弾 評価9/10

37.名探偵の呪縛(1996年)評価5/10

38.探偵ガリレオ(1998年)ガリレオシリーズ第1弾 評価6/10

39.秘密(1998年)評価7/10

40.私が彼を殺した(1999年)加賀恭一郎シリーズ第5弾 評価6/10

41.白夜行(1999年)直木賞受賞作 評価10/10

42.嘘をもうひとつだけ(2000年)加賀恭一郎シリーズ第6弾 評価6/10

43.予知夢(2000年)ガリレオシリーズ第2弾 評価6/10

44.片想い(2001年)評価7/10

45.超・殺人事件―推理作家の苦悩(2001年)評価6/10

46.サンタのおばさん(2001年)評価6/10

47.レイクサイド(2002年)評価7/10

48.時生(2002年)評価8/10

49.ゲームの名は誘拐(2002年)評価7/10

50.手紙(2003年)評価9/10

51.おれは非情勤(2003年)評価7/10

52.殺人の門(2003年)評価6/10

53.幻夜(2004年)評価8/10

54.ちゃれんじ(2004年)評価6/10

55.さまよう刃(2004年)評価7/10

56.黒笑小説(2005年)評価6/10

57.容疑者Xの献身(2005年)ガリレオシリーズ第3弾 10/10

58.さいえんす(2005年)評価6/10

59.夢はトリノをかけめぐる(2006年)評価6/10

60.赤い指(2006年)加賀恭一郎シリーズ第7弾 評価9/10

61.使命と魂のリミット(2006年)評価7/10

62.たぶん最後の御挨拶(2007年)評価6/10

63.夜明けの街で(2007年)評価7/10

64.ダイイング・アイ(2007年)評価5/10

65.流星の絆(2008年)評価7/10

66.聖女の救済(2008年)ガリレオシリーズ第3弾 評価8/10

67.ガリレオの苦悩(2008年)ガリレオシリーズ第4弾 評価7/10

68.パラドックス13(2009年)評価6/10

69.新参者(2009年)加賀恭一郎シリーズ第8弾 評価8/10

70.カッコウの卵は誰のもの(2010年)評価7/10

71.プラチナデータ(2010年)評価6/10

72.白銀ジャック(2010年)評価6/10

73.あの頃の誰か(2011年)評価7/10

74.麒麟の翼(2011年)加賀恭一郎シリーズ第9弾 評価8/10

75.真夏の方程式(2011年)ガリレオシリーズ第5弾 評価8/10

76.マスカレードホテル(2011年)評価8/10

77.歪笑小説(2012年)評価6/10

78.ナミヤ雑貨の奇蹟(2012年)評価8/10

79.虚像の道化師(2012年)ガリレオシリーズ第6弾 評価6/10

80.禁断の魔術(2012年)ガリレオシリーズ第7弾 評価7/10

81.夢幻花(2013年)評価8/10

82.祈りの幕が下りる時(2013年)加賀恭一郎シリーズ第10弾 評価9/10

83.疾風ロンド(2013年)評価5/10

84.虚ろな十字架(2014年)評価8/10

85.マスカレードイブ(2014年)評価6/10

86.ラプラスの魔女(2015年)評価5/10

87.人魚の眠る家(2015年)評価7/10

88.危険なビーナス(2016年)評価5/10

89.恋のゴンドラ(2016年)評価6/10

90.雪煙チェイス(2016年)評価5/10

91.素敵な日本人(2017年)評価6/10

92.マスカレードナイト(2017年)評価8/10

2017/09/16更新

9/15 マスカレード・ナイト発売

東野圭吾 最初の1冊におすすめの作品紹介


東野圭吾 全作品ベスト10紹介


東野圭吾泣ける小説 ベスト10紹介


加賀恭一郎シリーズ ベスト5紹介


池井戸潤全作品リスト


伊坂幸太郎さんの全作品紹介


電子書籍で手軽に読書できるkindle紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク